TOP > 競走馬 > 「マジェスティハーツ」昨年2着の舞台で復活期す!【関屋記念】
競走馬

「マジェスティハーツ」昨年2着の舞台で復活期す!【関屋記念】

切れ味鋭い末脚が武器のマジェスティハーツが関屋記念に3年連続で出走する。マイル戦から中長距離戦まで強豪相手に好走を見せており、昨年の関屋記念ではメンバー最速の末脚を繰り出し2着と好走。そのレース以降は本来の走りを見せられずにいるが、経験豊富なこの舞台で復活を目指す。そんなマジェスティハーツについてまとめてみた。
マジェスティハーツ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年鳴尾記念】強豪相手に2着と好走! 

スタートが切られると後方に下げ、内ラチ沿いを追走する。中盤は後方でじっと待機し、最後の直線で外に持ち出されると、鞍上が右にもたれるのを矯正しながらもしっかりとした伸び脚を発揮し、2着に好走した。
動画を見る
inyofu マジェスティハーツ(武幸四郎騎手) 「モタれる面があるので、最初からラチにつけて走らせました。直線で外に出すとモタれる面は出しましたが、今日は反応もよかったですし、よく走っています」

【2015年関屋記念】重賞では4回目の2着!

8番人気で挑んだ前走の鳴尾記念で2着に食い込んだものの、ここでも6番人気に甘んじた。道中は馬群の後方でインコースで末脚を溜める。直線に入り、上がり3ハロン32秒4のメンバー最速の末脚で馬群の合間を突いて追い上げたが、逃げたレッドアリオンを捕らえることはできず3/4馬身差の2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 マジェスティハーツ(森一馬騎手) 「勝ちたかっただけにすごく悔しいです。冬あたりから調子のよくない時期が続いていましたが、今日はこの馬がいい馬だと証明できました。展開をシミュレーションしてはいましたが、馬自身のリズムをいちばんに考えていました。終いはよく伸びてくれました。いい馬なので、これからもっとよくなっていくと思います。また乗せてもらいたいです」

【鳴尾記念】復活の兆しを見せる5着

関屋記念2着後は不振が続き、ダート初挑戦となった平安Sも惨敗に終わった。この日も例によって後方からレースを進める。直線では終始内にもたれていたが、森一馬騎手が懸命に制御して、外からじりじりと追い上げ5着。関屋記念以来の掲示板確保となった。
動画を見る
inyofu 5着 マジェスティハーツ(森一馬騎手) 「阪神は合っています。モタれてはいましたが、よく伸びていました。芝の方が合っています」

【種牡馬】新潟外回りで好成績!ハーツクライ産駒

マジェスティハーツの父はハーツクライ。ハーツクライ産駒の2013年以降の新潟芝1600mの成績は(6・9・4・58)、複勝率24.7%。さらに特別戦に限ると(4・6・2・15)、複勝率44.4%と上級条件になるほど好成績を収めていることも分かる。関屋記念に登録しているハーツクライ産駒では、マジックタイムやカレンケカリーナがこのコースで勝ち星を挙げている。
動画を見る

前走の七夕賞は4コーナーの地点で物理的に届かない位置におり、直線でももたれて全く追えていなかったので参考外にしていいだろう。主戦の森一馬騎手が負傷療養中のためピンチヒッターに抜擢された北村友一騎手とのコンビにも注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line