TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/29(月)~2018年2/4(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/29(月)~2018年2/4(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年1/29(月)~2018年2/4(日)版。
先週はこちらの6ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、川崎(月〜金)、名古屋(月〜金)、園田(火〜木)、高知(火水、日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2018年1/29(月)~2/4(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は1月29日(月)川崎競馬場の10R「カトレア特別B3三」での2,182,840円であった。

サムライドライブ無傷の7連勝!【梅桜賞】

inyofu 30日、名古屋競馬場で行われた第5回梅桜賞(3歳・牝・ダ1800m・1着賞金200万円)は、先手を取った丸野勝虎騎手騎乗の1番人気サムライドライブ(牝3、愛知・角田輝也厩舎)が、4コーナーで後続を突き放すと、あとはゴールまで独走。最終的に2着の4番人気レコパンハロウィー(牝3、兵庫・尾原強厩舎)に9馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒9(稍重)。
動画を見る
デビューから無傷の連勝を続けているサムライドライブが梅桜賞でも圧倒的な大差で優勝した。もはや地元では敵なしといった状態である。

【佐々木竹見カップ】総合優勝は矢野貴之騎手

inyofu  30日、中央・地方のリーディングジョッキーが腕を競う「第16回佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ」が川崎競馬場の第9R(マイスターチャレンジ・1500m)と第11R(ヴィクトリーチャレンジ・1600m)で行われた。大井の矢野貴之騎手が第1戦を1着、第2戦を4着し、総合優勝となった。
inyofu 1.矢野貴之(大井) 1着、4着=77点
2.桑村真明(北海道) 4着、2着=65点
3.戸崎圭太(美浦) 12着、1着=54点
4.下原理(兵庫) 2着、7着=51点
5.山崎誠士(川崎) 6着、3着=49点
5.吉原寛人(金沢) 3着、6着=49点
7.山本聡哉(岩手) 9着、5着=30点
8.赤岡修次(高知) 5着、10着=28点
9.山口勲(佐賀) 7着、8着=23点
10.繁田健一(浦和) 8着、14着=12点
11.岡部誠(愛知) 13着、9着=11点
12.森泰斗(船橋) 10着、12着=10点
13.C.ルメール(栗東) 11着、13着=8点
14.佐藤友則(笠松) 14着、11着=7点
リーディングジョッキーが集う佐々木竹見カップが開催され、1着、4着の好成績を出した矢野貴之騎手が総合優勝した。今年のさらなる活躍も期待したい。

加藤誠一調教師100勝

inyofu 当競馬場所属の加藤誠一調教師が、本日、平成29年度第12回川崎競馬第2日目第3レースにおいて、管理するフェスティヴオオジ号(12頭立て、単勝4番人気、増田充宏騎手騎乗)で優勝し、通算100勝を達成されましたのでお知らせ致します。
30日、フェスティヴオオジが勝利して加藤誠一調教師が記念すべき100勝を達成。これからの活躍にも期待である。

ケイティブレイブ勝利!【川崎記念】

inyofu 今年最初のGI級(JpnI)の競走農林水産大臣賞典第67回川崎記念(ダート2100メートル)は川崎競馬場、晴れ、やや重のコンディションで行われ、好ダッシュから先手を取った1番人気のケイティブレイブ(JRA栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎乗)が直線に入って後続各馬を突き放し逃げ切り勝ち。
inyofu 1着 ケイティブレイブ
(福永祐一騎手)
素直に嬉しいです。今年最初のJpnIでいいスタートを切れて、最高の気持ちです。連戦で疲れを見せた時もありましたが、今日は前走より良い状態でした。良い緊張感を持っていて、動ける状態にあると思いました。 できれば逃げたいと思っていました。それが楽にかなって楽なペースで運ぶことができました。

向正面あたりでいけるかなという手応えがありました。 以前は逃げる形だと周りを気にしていましたが、今日は集中していました。 色々なレースを経験したその成果が出た気がします。人気を背負っていたので勝てて嬉しいです。
動画を見る
今年最初のG1級レース川崎記念を制したのは1番人気ケイティブレイブ。いいスタートを決めてそのまま先頭を譲らずに逃げ切っての完璧な勝利であった。

セトノプロミス快勝!【黒潮スプリンターズC】

inyofu 4日、高知競馬場で行われた第15回黒潮スプリンターズC(4歳上・ダ1300m・1着賞金200万円)は、先団の後ろでレースを進めた三村展久騎手騎乗の4番人気セトノプロミス(牡8、高知・松木啓助厩舎)が、3~4コーナーで2番手に上がって、先に抜け出していた1番人気サクラインザスカイ(牡9、高知・田中守厩舎)を直線で捕らえ、これに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分23秒9(重)。
動画を見る
4番人気セトノプロミスが直線で前にいたサクラインザスカイを捕え、2馬身半差をつけて快勝した。3着は3番人気ナンヨーマークであった。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻では川崎競馬場での2,182,840円が最高額であった。サムライドライブが無傷の7連勝というすばらしい結果を出して大いに盛り上がった今週の地方競馬。ケイティブレイブが川崎記念をセトノプロミスが黒潮スプリンターズCを制した。また佐々木竹見カップで総合優勝を果たしたのは矢野貴之騎手であった。今年の活躍も期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line