TOP > 競走馬 > 「グローリーヴェイズ」自信アリの関西遠征でダービーの切符を勝ち取る!【京都新聞杯】
競走馬

「グローリーヴェイズ」自信アリの関西遠征でダービーの切符を勝ち取る!【京都新聞杯】

きさらぎ賞2着のディープインパクト産駒グローリーヴェイズが京都新聞杯に出走する。新馬戦では勢いそのままに先頭に立つと、直線でも後続を寄せ付けない強い競馬で快勝。続くこうやまき賞ではスローペースの中、後方から追い込んでの2着と能力の高さは示した。前走のきさらぎ賞ではうまく立ち回って2着に入り、重賞でもやれることを証明した。そんなグローリーヴェイズについてまとめてみた。
グローリーヴェイズ

【2歳新馬】逃げて後続を寄せ付けずに快勝!

勢い良くゲートを出ると、鞍上も大きく抑えることをせずにそのまま先頭へ。道中は行きたがる素振りを見せたが、抑えて馬群を引き付けながら逃げて直線へ入った。そして、中山の急な上り坂をものともせずに駆け上がると、後続を1馬身3分の4差突き放して1着でゴール。直線に入ってからは、他馬を寄せ付けることはなかった。
動画を見る
inyofu 1着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手) 「強かったですね。子供っぽいところはまだありますが、能力があります。先頭に立って物見しながら走っていましたが、すごくいい反応をしてくれました」

【こうやまき賞】スローペースの中追い込んで2着と善戦

新馬戦とは異なる競馬で能力の高さを示した。スタート良くゲートを出た新馬戦とは打って変わって、今回はスタートで後手を踏み後方からの競馬に。少頭数の中スローペースで進み、最後の直線は中団の位置で迎えた。しかし、徐々に加速をしていくと、前残りを図る先行馬たちを一気に差し切り、先頭のカフジバンガードにまで迫った。惜しくもアタマ差の2着に敗れたが、能力の高さは十分に示した。
動画を見る
inyofu 2着 グローリーヴェイズ(浜中俊騎手) 「新馬戦とは違う競馬でも上手に走ってくれました。ヨーイドンの競馬で負けてしまいましたが、非常にポテンシャルを感じるいい馬です」

【きさらぎ賞】うまく立ち回って重賞制覇まであと一歩!

揃ったスタートから後方へ下げていくが、向正面の3コーナー手前に入っていくところで2番手まで押し上げる。逃げるサトノフェイバーを目標として直線コースに向かうと、2頭の叩き合いとなりゴール前で急追して並んだが、惜しくもハナ差で敗れてしまった。
動画を見る
inyofu 2着 グローリーヴェイズ(尾関知人調教師) 「ジョッキーの好判断でうまく立ち回ってくれました。勝てなかったのが残念だったこと以外は良いレースでした。馬場が悪いのを気にしていましたが、良い馬場だったらもっとやれたと思います」

【京都新聞杯】最終追い切り!シャープな伸びで好仕上がり!

inyofu グローリーヴェイズ(写真左)は南ウッド4ハロンから2頭併せ。2馬身先行するトルークマクト(古馬オープン)の内に潜り、直線強めに追われて1馬身先着。シャープな伸びで好仕上がりを約束した(53・3―38・5―12・4秒)。陣営はダービー出走に期待を寄せた。
inyofu 尾関調教師「輸送があるので無理してないが、反応良くいい感じ。疲労回復に時間を要したが、馬も成長してくれた。(今回は久々に加えて距離克服がカギとなるが)コントロールが利くし、走りも柔らかい。流れ次第だが、基本的にはしまいを生かす競馬で賞金加算できれば」

京都新聞杯の傾向!人気馬が好成績!

inyofu 過去10年の単勝人気別成績を調べると、優勝馬は全て5番人気以内だった。2着馬は10頭のうち6頭が3番人気以内だが、残る4頭が8、9番人気となっているのが特徴的だ。また、2番人気と3番人気は3着がゼロとなっている点が興味深い。

3代母に牝馬3冠を達成したメジロラモーヌがいる血統で、メジロ牧場の血筋を受け継いでいる。これまでの戦績からも能力はかなりのものを持っており、陣営も自信のある関西遠征であるように考えられる。今年絶好調のシルクレーシングがダービーにさらなる刺客を送りこむことが出来るのか、大いに注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line