TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【2018年2月3日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【2018年2月3日版】

抱きしめて!ミスターP
東京は9Rの春菜賞に出走するロードカナロア産駒のアルモニカに注目する。

初戦は危なげなく勝つと前走はファンタジーSへ。
結果は7着に敗れたものの、わざわざ関東の田辺騎手に遠征してもらって出走したという馬。
それだけ陣営サイドも期待を寄せているのは間違いない。

その前走はスタートで出遅れたことで、馬を出していくとやや掛かり気味に先頭集団へ。その影響もあって最後は後ろの馬に捕まる格好だったが、それでいて0.5秒差。実はかなり粘り強く頑張っていた。7着という成績だけでは評価したくないタイプだ。

そして、今回は3ヶ月の休養明けだが、もともと気が勝ったタイプ。久々は問題ないはず。さらに日頃の攻め馬の動きを見ても重い馬場でも問題なく走っており、当日の馬場状態が悪くなっても力を発揮してくれそうなタイプでもある。

では、東京9Rは、03アルモニカを軸に3連複1頭軸流し。
相手は、14サウンドキアラ、11ファストライフ、02ラソワドール、12ミュージアムヒル。

【3連複/軸1頭】3-14,11,2,12(6点)

各5千。


抱きしめて!ミスターP~京都編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line