TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【2018年2月4日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【2018年2月4日版】

抱きしめて!ミスターP
東京新聞杯はキングカメハメハ産駒のミスターPクルーガーに注目する。

長期休養明けから復帰して、富士Sは1着から0.4秒差、マイルCSは1着から0.3秒差、京都金杯は1着から0.1秒差。

着順は上下しているものの、着差は確実に詰めている。

また、休養前に重賞を勝っており、休養明けも重賞で好走しているように能力は確か。

さらに、乗り役は引き続き浜名騎手と前回に続いて同じ乗り役なのも強調材料。

しかも、今回は斤量が1.5キロ減。

全体的に、かなりの追い風が吹いている。

では、東京11Rは、07クルーガーを軸に3連複1頭軸流し。
相手は、10ダノンプラチナ、16グレーターロンドン、03サトノアレス、15ダイワキャグニー。

【3連複/軸1頭】7-10,16,3,15(6点)

各5千。


抱きしめて!ミスターP~京都編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line