TOP > 地方競馬 > 臨場感満載の水沢競馬場に行ってみた!
地方競馬

臨場感満載の水沢競馬場に行ってみた!

かつて地方競馬から中央へ挑んだ雄としてメイセイオペラを輩出したのが、ここ岩手競馬である。
競馬場

水沢競馬場の行き方

inyofu 水沢駅よりバスで15分、東北新幹線水沢江刺駅よりタクシーで5分。
同じ岩手競馬主催の盛岡競馬場も近くにあるので、盛岡の裏として水沢は運営されている。

入場料は200円?

inyofu 入場料は200円(無料開放日もあり)で、場外のときは無料です。
また、途中退場するときは、各入場口で再入場券を貰えます。
地方競馬場は基本的に入場料は100円だが、水沢は200円に設定されている。
水沢競馬場1

昔ながらの地方競馬場!

水沢競馬場2
辺り一帯何もなく、そして今の競馬場には当たり前の場内ビジョンがない。ひたすら馬を肉眼で追っていくので、生の走りを堪能できる。ちなみに視覚的情報が少ないため、実況を頼りにしようとするが、実況もタイムラグがあり遅れて聞こえてくるの注意が必要だ。

こんな少頭数のときも・・・

水沢競馬場3
新馬戦ではこんなに少頭数でのレースも。取り消しが出て、たった4頭立てでの開催となった。

パドックもどこか懐かしい雰囲気

水沢競馬場4
中央競馬場とは違い、独特の雰囲気のパドック。

スタンドは大井競馬場に似ている?!

水沢競馬場5
スタンド席は長いベンチ式となっており、都内の大井競馬場を彷彿させる。

臨場感満載!

水沢競馬場6
スタートを目の前で見れるレースがほとんどなので、スタートからその迫力を楽しむことができる。
水沢競馬場7

あのGI3着馬も!

水沢競馬場8
安田記念3着のコスモセンサーは岩手競馬に移籍し、ダートで活躍している。
水沢競馬場9

あの女性騎手の姿も!

水沢競馬場10
期待の女性騎手として活躍する鈴木麻優騎手。
水沢競馬場11

水沢は中央競馬と地方競馬の両方を楽しめる!

水沢競馬場12

現在はWINS水沢としても営業されており、土日であれば中央競馬のメインレースも購入することができる。地方の負けは中央で取り返す?!


岩手競馬と言えば、地方競馬で唯一芝コースがある盛岡競馬場が注目されるが、そのもう一方で開催されているのがここ水沢競馬場である。今では東京競馬場とも業務提携を結び、東京競馬場内でも岩手競馬の馬券を購入することができる。ますます近代化されていく現代の競馬場だが、昔ながらの競馬場を楽しむのであれば、水沢を抜きには語れない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line