TOP > コラム > オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2018年2月10日版】
コラム

オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2018年2月10日版】

オタク
O氏「今週からまたムーア様がいらっしゃる」

2号「いらっしゃるなぁ。というかお前、いつまでムーア騎手に様付けするんだ?」

O氏「去年いらっしゃった時に散々お世話になったからなぁ。なんとなくデスタムーア様的なラスボス臭漂わせてるし、とりあえずPATのムーア様の回収率が100%を割るまでは様付けするつもりだ。」

2号「ちなみに去年のムーア騎手絡みの回収率は?」

O氏「280%ぐらい。」

2号「確かにそれは、様付けしたくなるな・・・・・。」

O氏「ところで他にも2人来るみたいなんだが、こっちはあんまり知らないんだよ、特にミナリク。みんなでザオリクしそうな雰囲気漂ってるが、デスタムーア様とドラクエセットか?」

2号「それは知らんが、とりあえずミナリク騎手は、JRAでは去年のジャパンカップの日みたいな1日単位のスポット参戦のみ。短期免許は初めてだから、俺にもよくわからん。少なくとも今のところは日本未勝利だが、ドイツではトップ騎手らしい。」

O氏「ドイツのトップって、どのぐらいなのか全くイメージが沸かないなぁ。イギリスやフランスならある程度知ってるんだが・・・・・思い返してみたら、今まで『現実のドイツ競馬』について調べたことがほとんど無かったわ。」

2号「まぁ日本馬の遠征がほとんど無いし、馬券発売されたことも無いからなぁ。」

O氏「ウイポの海外レースに入ってるから、レース名だけならかなり分かるが、正直『勝ちやすいGI』というイメージしかない・・・・・」

2号「宝塚記念⇒3週ぐらい放牧⇒バーデン大賞(ドイツ)⇒凱旋門賞、とかな」

O氏「やったやった。・・・・・うわ、今ネットでドイツ競馬を調べてみたが、単勝が『ジーク』、複勝が『プラッツ』、ワイドが『プラッツツヴィリンク』で馬単が『ツヴァイアーヴェッテ』と言うんだと。ちくしょう、なんでドイツ語はいちいち格好良いんだ!」

2号「全力で同意する。」

O氏「・・・・・待てよ、単勝がジークということは、『ジークジオン!』はジオンの単勝!ってことになるのか?」

2号「競馬のシーンならそうなるだろうが、『ジーク(Sieg)』自体は勝利って意味だから、『勝て!』とか『勝利を!』みたいなニュアンスになるんじゃないか。」

O氏「まぁあの場面で単勝狙い宣言は無いわな、そもそも馬じゃないし。でもどうしよう、次から『ジークジオン!』を聞くたびに、頭の中で『ジオン単勝!』に置き換わってしまいそうだ」

2号「知らん。」


================


というわけで、こんばんは。
ドイツ競馬についてはある程度知っていましたが、単勝=ジーク、というのは初耳だった2号です。
今度から単勝を買う時は『ジーク・○○○!』と言おうと思います。どんな馬の名前を○○○に入れても、だいたい格好良い感じになりそうですね。
ジークディープインパクト、ジークオルフェーヴル、ジークビックリシタナモー、ジークナニスンネン・・・・・?

================


2号「で、バルジュー騎手の方はしょっちゅう日本に来てるが、前に来た時はまだお前、競馬始めたばっかりだったからなぁ。知らなくても仕方ないか。」

O氏「『名前がカタカナの騎手がたくさんいる』ぐらいの認識はあったが、通年も短期も区別がついてなかったし、ちょうど札幌でWASJがあったからなぁ。多分その頃に見かけてはいると思うんだが、あんまり覚えてないんだな、これが。」

2号「バルジュー騎手は日本にしょっちゅう来てるし、通算100勝以上してる上にコスモサンビームで朝日杯FSも勝ってるから、ちゃんと覚えておいたほうがいいぞ。もしかすると将来的に、通年免許3人目になるかもしれんからな。」

O氏「え、来るのか?」

2号「以前試験受けて落ちてるが、その後も合格目指して勉強してるとすれば、そのうち受かる可能性はあるだろう。とりあえず小倉で見かけたら買っておけ、10回に3回ぐらいは馬券圏内に来るぞ」

O氏「小倉限定なのか。でも京都記念のレイデオロを任されてるぐらいなんだ、他場でもそれなりに強い騎手なんだろ?」

2号「さっき言ったとおり中山開催されてた頃の朝日杯は勝ってるが、最近はもっぱら『この時期の小倉』と『真夏の小倉』開催に合わせて短期免許取ってる感があるからなぁ。どうしても小倉での実績が目立つ、Targetあるなら調べてみろ。」

O氏「・・・・・あれ、『京都芝外回り0勝・京都芝内回り0勝』って出たんだが・・・・・?」

2号「・・・・・レイデオロで初勝利かもな!」


================


・・・・・というわけでO氏の土曜の狙いは、京都11R!

【京都11R 洛陽S】
◎3サトノアーサー(ムーア騎手)
○1シュウジ(デムーロ騎手)
▲11ツィンクルソード(ミナリク騎手)
☆9ムーンクエイク(バルジュー騎手)
△8カワキタエンカ
△6キョウヘイ
△10グァンチャーレ

【馬連/流し】3-1,11,9,8,6,10(6点)
【3連複/フォーメ】3-1,11,9-1,11,9,8,6,10(12点)

O氏「前買おうと思った時に除外になったヒシマサル(京都10R)とか、話の流れでかっこいいドイツ語馬名のエントシャイデン(京都9R)も本命候補だったんだが、せっかく終始外国人騎手の話題だったんだ。ワンツースリーも十分ありそうなここにすべきだろう。」

2号「見事なまでに外国人ジョッキーで固めてきたな。ところでバルジュー騎手は?」
(※このコラムは◎○▲を先にO氏が選び、残った中から2号が☆以下を決める方式です。したがってこの電話の時点では、☆以下はまだ決まっていませんでした)

O氏「オレが選ばなければ、お前が☆にするだろうと思って。」

2号「・・・・・まぁ、成績や条件を見ると買いたくなるからなぁ。ルメール騎手で連勝してる馬だから、騎乗停止じゃなければ『ルメール騎手で2番人気!』とかだったかもしれん。そう考えると美味しい」

O氏「『京都芝未勝利』のバルジュー騎手、というのがちょっと気になるが、2着3着はあるだろう。」

2号「それにしても『外国人騎手だから』で▲ツィンクルソード(ミナリク騎手)は、流石に狙いすぎじゃないか?」

O氏「いや、結構普通にアリだと思うぞ。調教はちょっと悪いが休み明けでも走れるタイプだし、7歳まで走ってマイル挑戦は過去に2度のみ。うち1回が3歳の時のNHKマイルC、もう1回は6歳1月の定量戦で、勝った馬から僅かコンマ3秒差だ。歳を取ってズブくなった馬に距離延長は合うと言うから、今なら実はマイル!なんてこともあるかもしれん」

2号「・・・・・まぁ、今の時点でならそうとも言えるなぁ。」

O氏「あと、ミナリク騎手がとんでもなく『乗れる騎手』である可能性もある。ドイツの騎乗力は世界一ィィィィーーーーッ!!」

2号「(ミナリク騎手は確か『ドイツを拠点にしているチェコ人』だったと思ったが、ツッコミを入れたらまたうるさそうだからやめておこう・・・・・)」



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line