TOP > 予想/馬券 > 【フェブラリーS】今年最初のGⅠで穴狙い!高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【フェブラリーS】今年最初のGⅠで穴狙い!高配当の使者はこの馬だ!

近年は比較的平穏な決着が続いているが、過去10年で6番人気以下の馬が7頭馬券に絡んでいるフェブラリーS。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

若い馬を狙え!

過去5年の3着以内馬15頭中12頭は、5歳以下の馬だった。ダート路線はベテランの活躍が目立つことが多いが、このレースでは若い馬を積極的に狙っていきたい。
5歳のロンドンタウン。マイル戦の出走は初になるが昨年のエルムSをJRAレコードで勝利したように、スピードには自信のあるタイプ。人気はなさそうだが、押さえておきたい1頭だ。

距離短縮の馬が活躍!

過去5年の3着以内馬15頭中12頭は、前走から距離短縮の馬だった。該当馬は複勝回収率147%と馬券的にも狙い目。今年もしっかりマークしておきたい。
川崎記念からの参戦となるサウンドトゥルー。脚質的にどうしても後ろからの競馬となってしまいそうだが、末脚の威力は現役でも屈指。新コンビのミナリク騎手の手綱さばきにも注目だ。

前年の武蔵野S好走馬に注目!

過去5年、前年の武蔵野Sで1~3着だった馬は(2,1,2,5)で複勝率50%と好成績。コーナー2つや芝スタート、JRA唯一のダート1600mなど特殊な舞台設定のため、コース実績のある馬には要注意だ。
昨年の武蔵野Sを制したインカンテーション。3年前のフェブラリーSでも2着に好走しており、コース相性は抜群。ベストの舞台で激走を期待したい。

好メンバーが揃い、馬券的には面白そうなフェブラリーS。今年最初のGⅠを的中させ、好スタートを切りたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line