TOP > レース > 春季牝馬重賞路線の一角を担うレース!!【第53回京都牝馬ステークス】
レース

春季牝馬重賞路線の一角を担うレース!!【第53回京都牝馬ステークス】

2018年2月17日(土)に京都競馬場で行われる芝1400mのGIIIレース【第53回京都牝馬ステークス】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【京都牝馬ステークス】歴史

inyofu 1966年に4歳(現3歳)以上の牝馬限定・別定重量の重賞競走「京都牝馬特別」として創設され、創設当初は秋の京都開催において芝2000メートルで行われていたが、1968年に距離が芝1600メートル(外回り)に短縮された。1983年には開催時期が1月に繰り上げられ、出走資格も5歳(現4歳)以上に変更された。
inyofu レース名は2001年に現在の名称「京都牝馬ステークス」に変更された。その後、牝馬重賞競走のローテーション整備の観点から、2016年に開催時期が4週繰り下げられ、距離も1400メートルに変更された。

コースの特徴

inyofu 京都・芝1400メートル(外回り)

スタート地点から3コーナーまで十分な距離があり、また向正面に上り坂があるため、前半のペースはゆったりと流れやすい。前半に楽をする分、3コーナー進入後の急な下りからペースアップし、平坦な直線にかけて、長く脚を使うことが要求される。京都の芝は内回りと外回りがあり、移動柵もA~Dコースまでとれるため、終始インコースの良い状態が続く。スプリントレースにも対応できるくらいのスピードの持続力が要求されやすい。

2017年【第52回京都牝馬ステークス】

動画を見る
昨年の同レースでは、岩田騎手騎乗の1番人気レッツゴードンキ(梅田厩舎、父キングカメハメハ)が桜花賞以来の重賞制覇。

【京都牝馬ステークス】レース傾向

inyofu 近走の芝重賞での実績が重要

過去10年の出走馬について、過去4走以内の芝の重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭は全て最高着順が5着以内だった。好走率でも5着以内の各組が上位の数値を記録している。近走の重賞で上位に入っていた馬は、高く評価したほうがいいだろう。
inyofu 前走の距離に注目

過去10年の出走馬について、前走の距離別成績を調べると、優勝馬10頭は全て前走で芝1600メートル以上のレースに出走していた。連対馬20頭中17頭を「芝1600メートル」組と「芝1800メートル以上」組が占め、連対率でも他のグループを大きく上回っている。芝1400メートルで行われた過去2年でも、2016年の優勝馬クイーンズリング(前走芝2200メートル)、2017年の優勝馬レッツゴードンキ(前走芝1600メートル)は、共に前走で芝1600メートル以上のレースに出走していた。
inyofu 外寄りの馬番が高勝率

2008年から2017年の間に、京都・芝1400メートルで行われた2・3歳限定を除くオープンクラスの計21レースについて、馬番別成績を調べると、「1~4番」と「5~8番」が計6勝なのに対して、「9~12番」「13~18番」は計15勝を挙げている。勝率でも、「9~12番」と「13~18番」が上位となっている。ただし、2・3着の数は「1~4番」「5~8番」の方が多くなっている。フォーメーションで予想を組み立てる場合には、参考にしてみるのも面白そうなデータだ。
過去のレース傾向では、【過去4走以内の重賞で5着以内】【前走で1600m以上】【馬番9~18番】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第53回京都牝馬ステークス】登録馬

inyofu ミスパンテール
ソルヴェイグ
ワンスインナムーン
タマモブリリアン
デアレガーロ

アットザシーサイド
アリンナ
エンジェルフェイス
サザナミ
ヴゼットジョリー

ミスエルテ
エスティタート
オーヴィレール
フルゲート18頭に対して今年は13頭が登録されている。もちろん全頭出走可能だ。

【第53回京都牝馬ステークス】予想オッズ

inyofu 1 ミスパンテール 3.0
2 ソルヴェイグ 3.1
3 ワンスインナムーン 4.1
4 ミスエルテ 6.7
5 エスティタート 14.3
6 ヴゼットジョリー 15.1
7 アットザシーサイド 18.0
8 エンジェルフェイス 27.0
9 デアレガーロ 30.3
10 サザナミ 55.4
11 タマモブリリアン 82.7
12 アリンナ 88.7
13 オーヴィレール 232.3
現時点(水曜)での予想オッズでは、ミスパンテールとソルヴェイグが人気を集めている。

【第53回京都牝馬ステークス】有力馬は!?

【過去4走以内の重賞で5着以内】【前走で1600m以上】
ミスパンテール
inyofu ミスパンテール(牝4、栗東・昆貢厩舎)は昨秋初戦のローズSで10着に敗れたあと、清水S(1600万下)、ターコイズSと2連勝。51、53キロといずれも軽ハンデだったとはいえ、マイルへの距離短縮で本来の切れ味が発揮できたと見ていいだろう。今回は斤量55キロで初の1400m戦だが、連勝を伸ばすことができるか。

【過去4走以内の重賞で5着以内】
ソルヴェイグ
inyofu 重賞2勝に加えて16年スプリンターズSでタイム差なしの3着、17年ヴィクトリアマイルで0秒3差5着とメンバー上位の実績を持つ。1番人気に支持された前走(京阪杯9着)の敗因は陣営もつかみきれていないが、ここに向けて調整は順調。「具合はすごくいい」と松浦良幸調教助手も仕上がりの良さを伝える。

【過去4走以内の重賞で5着以内】
ワンスインナムーン
inyofu ワンスインナムーン(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)は昨年の2着馬で、同秋のスプリンターズSでも3着と好走。続く香港スプリントでは12着と海外の壁に阻まれてしまったが、今回のメンバーなら力上位は明らか。重賞初制覇を期待したい。


本競走はヴィクトリアマイルを頂点とする春季牝馬重賞路線の一角を担う重要な一戦となった。
更に今現在は距離が1400mという事もありスプリントで活躍している馬や、
マイルで活躍している馬が混在してる為、距離適性を踏まえても難解なレースとなりそうだ。
上記有力馬以外で注目はヴゼットジョリー
秋華賞では出遅れてしまって何もしていないので、まだ見限れない。
デビュー戦以来の1400mに戻るのは好条件だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line