TOP > 予想/馬券 > 【第35回フェブラリーステークス】全16頭最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第35回フェブラリーステークス】全16頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2018年2月18日(日)東京競馬場で行われるGI【第35回フェブラリーステークス】今回は全16頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
Time Is Money

最終追い切り情報 1枠1番 ニシケンモノノフ

inyofu 坂路で一杯に追われて、4ハロン52秒4-12秒5を計時。力強い脚さばきで駆け上がった。  「しまいだけしっかりやって、スムーズに動けていた」と庄野調教師は合格点を与えた。久々の芝だった前走のシルクロードS(15着)を除けば、ダート戦では抜群の安定感を誇っている。「昨年(5着)も最後までよく辛抱していたし、枠や展開や馬場状態などがかみ合えば」

1枠2番 ケイティブレイブ

inyofu 福永騎手を背に坂路で活気ある動き。馬場の荒れ始めた時間帯に4ハロン51秒6-12秒5の自己最速タイをマークした。福永騎手は「そんなにやるつもりはなかったけど、時計が出ていて状態はよさそう」と好感触を伝えた。  この日、70歳のバースデーを迎えた目野調教師は「一戦ごとに力をつけていて元気がある。僕なりに自信を持って送り出します」

2枠3番 ノボバカラ

inyofu ノボバカラ(牡6、天間)は美浦ウッドで単走で追い切られた。しまい少し気合をつけられた。  天間師は「いつも通りの追い切り。状態はこの馬なりに順調。距離は少し長い気がするが、芝スタートの方がスピードに乗りやすいので前につけたい」と語っていた。

2枠4番 アウォーディー

inyofu アウォーディー(牡8、松永幹)は中1週の間隔も考慮し、Cウッド単走で追い切られた。外ラチ沿いを回り6ハロン80秒5-11秒7。活気ある動きだった。  「しまいをやる予定で、テンも結構速かったですね。集中して走れるんじゃないかと思う」と松永幹師。

3枠5番 サウンドトゥルー

inyofu 新コンビのミナリク騎手が騎乗して坂路へ。先行するディアシューター(500万下)の内に併せ、馬なりで4ハロン54秒7-12秒5で併入した。「落ち着いていたね。個人的にこの馬に合いそうだし、GIで流れが速くなるから無理についていかず、最後に脚を使いたい」と、ミナリク騎手は好感触。高木調教師も「間隔が詰まっているのであまり強くやりたくなかった。ちょうどいい」と状態面に不安はない様子だ。

3枠6番 インカンテーション

inyofu インカンテーションは羽月師を背にCWコースへ。直線、軽く仕掛ける程度で6F83秒1〜1F12秒8で駆け抜けた。  羽月師は「今朝は単走で持ったままラスト100メートルだけ伸ばす感じ。先週が最終追い切りのイメージで、その時点で仕上がったので」と報告。

4枠7番 ララベル

inyofu 初挑戦でこれがラストランのララベルは、大井競馬の小林分場でオメガヴェンデッタ(7歳A1)と併せ馬。直線で強めに追われ、5F66秒1、最後の1Fは11秒4(併入)と好時計をマークした。騎乗した青柳厩務員は「最後はまだ手応えに余裕があったし、今までで一番素軽いフットワークで良かった」と好感触を口にした。

4枠8番 メイショウスミトモ

inyofu メイショウスミトモは古川(レースは田辺)を背に角馬場で乗り込んでからポリトラック1周。その後、坂路に移動して単走で4F54秒0〜1F12秒3とスムーズに加速してきた。  南井師は「良かった。もう少し遅いかなと思ったけど見た目より時計が出ている」と納得の表情。

5枠9番 キングズガード

inyofu Cウッドで最終リハ。ウインルーカス(3歳未勝利)と併せて6ハロン85秒1-12秒1を計時し、半馬身先着した。  乗った寺島師は「状態はすごく良さそう。冬の割に硬くなっていないし、しっかりしまいまで集中していた」と好調をアピール。  モタれる面もここにきて解消してきた。「ためれば切れるので」とここも末脚勝負でチャンスをうかがう。

5枠10番 テイエムジンソク

inyofu 栗東Cウッドで追い切りを行った。古川騎手を背にタイムは6ハロン82秒3-12秒3。首を使ってダイナミックなフォームを披露した。  G1初制覇を狙う木原師は「東海Sを使ったことでガス抜きができて、落ち着いている。思った通りの追い切りができた。良く伸びていた。動きはまずまず」と笑顔。またがった古川騎手は「内容は良かった。1度使って、さらに動きは良くなっている」と上昇を感じており「あのスピードをとあの持続力はすごい」と、あらためて能力の高さを口にしていた。

6枠11番 ロンドンタウン

inyofu Cウッドで併走馬ラハトケレブ(古馬500万)を約20馬身追走。3~4角は外ラチ沿いを通りながら最後は併入した。6ハロン80秒5-12秒1とタイムも抜群。  牧田師は「しっかりやりました。良かったですね」と満足の表情で「エルムSや韓国(コリアC)がそうだったように、軽いダートがいい」と東京ダートでの時計勝負を望んでいた。

6枠12番 ノンコノユメ

inyofu ノンコノユメは、美浦ウッドで単走で追われた。併走する2頭を前に見たままでゴール。時計は6ハロン84秒4-13秒7。  内田騎手は「前走時同様にいい感じ。前走時と比べると、追走する気迫があったかな」と好感触。加藤征師は「前走ではこの馬らしい競馬を見せた。今回も同様の競馬を」と末脚爆発に期待する。

7枠13番 レッツゴードンキ

inyofu 幸とのコンビでの参戦が正式に決定したレッツゴードンキは馬場のド真ん中を疾走して、坂路4ハロン50・9―12・4秒をマーク。先週の49・7―12・0秒もド迫力だったが、今週も牝馬とは思えない、パワフルなフットワークでウッドチップを蹴散らした。  手綱を取った前原助手「休み明けなのもあって、ある程度テンから行かせようと思ってました。ラストは気合をつけましたけど、この馬らしい動き。いいですね」

7枠14番 ゴールドドリーム

inyofu ゴールドドリーム(牡5、平田)は坂路で4ハロン49秒8-12秒1の自己ベスト。  「藤懸が乗れば時計が出るのは分かっていたけど、そんなに速いようには見えなかった。能力があると再認識した」と平田師。トビが大きいから、広くて直線の長い東京コースもベスト。連覇へ視界良好だ

8枠15番 ベストウォーリア

inyofu ベストウォーリアは坂路で単走。4ハロン52・9―12・6秒をマークしたが、しまいの反応はやや鈍かった。  井上助手「年齢的(8歳)にズブくもなっているので動きはこれで十分。取り消し(根岸S)明けだけど、競馬の日にはすでに大丈夫だったぐらいで、影響はありません」

8枠16番 サンライズノヴァ

inyofu 朝一番の追い切りで、ノヴァが映し出された坂路モニターに目をこらした。抑えの利いた走りで直線に向くと、僚馬アードラー(1000万下)と馬体を併せてラスト1ハロンでペースアップ。鞍上の仕掛けに鋭く反応して、12秒2(4ハロン52秒2)でクビ差先着した。上々の内容に見えたが、音無調教師のジャッジはどうなのか。  「順調だよ。アードラーも走るから、併せたら時計は出るわな。追いかける形だったし(動きも)悪くない」

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu アウォーディー 牡8 57 武豊 15日栗C良:80.5-65.1-51.1-37.9-11.7:一杯

インカンテーション 牡8 57 三浦皇成 14日栗C稍:83.1-67.3-53.3-39.7-12.8強め

キングズガード 牡7 57 藤岡佑介 14日栗C稍:85.1-69.6-54.1-40.0-12.1:強め

ケイティブレイブ 牡5 57 福永祐一 14日栗坂良:51.6-37.4-12.5:一杯

ゴールドドリーム 牡5 57 ムーア 14日栗坂良:49.8-36.6-12.1:強め

サウンドトゥルー セ8 57 *ミナリク 15日美坂良:54.7-39.7-12.5:馬也

サンライズノヴァ 牡4 57 戸崎圭太 14日栗坂良:52.2-38.0-12.2:一杯

テイエムジンソク 牡6 57 古川吉洋 14日栗C稍:82.3-66.0-51.1-37.9-12.3:強め

ニシケンモノノフ 牡7 57 横山典弘 14日栗坂良:52.4-38.2-12.5:一杯

ノボバカラ 牡6 57 *石橋脩 14日南w良:51.6-38.2-13.2:馬也

ノンコノユメ セ6 57 内田博幸 14日南w良:84.4-68.3-53.5-38.9-13.7:馬也

ベストウォーリア 牡8 57 ルメール 14日栗坂良:52.9-38.3-12.6:一杯

メイショウスミトモ 牡7 57 *田辺裕信 15日栗坂良:54.0-39.1-12.3:一杯

ララベル 牝6 55 真島大輔 14日小林良:66.1-50.4-37.1-11.4:一杯

レッツゴードンキ 牝6 55 *幸英明 14日栗坂良:61.2-44.3-14.0:馬也

ロンドンタウン 牡5 57 岩田康誠 14日栗C稍:80.5-65.0-51.0-37.8-12.1:一杯

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎ゴールドドリーム
 ケイティブレイブ
 サンライズノヴァ
 ノンコノユメ
 ロンドンタウン

さすがGI。過半数以上の馬が良く見えて5頭に絞るのに一苦労。その中でも特にゴールドドリームは、坂路で49秒8~12秒1の自己ベスト。
スプリンター並のラップで、これだけ動ければ休養明けでも状態の良さは疑う余地はないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line