TOP > コラム > 昭和オヤジの枠連☆酒場【2018年2月18日版】
コラム

昭和オヤジの枠連☆酒場【2018年2月18日版】

枠連酒場
影武「今週はフェブラリーSです」

塩爺「もう2月半ばか、早いなぁ」

影武「塩爺さんって、どんな年間スケジュールで動いているんですか?」

塩爺「俺か?やっぱり馬中心になるよな。牧場巡りもしなきゃいけないし、頭の片隅には常にセリのことも考えている。競馬場にも足を運ぶし、そんな1年を過ごしていると暑い寒いって間隔を忘れちまうんだわ」

影武「塩爺さんお忙しいですからねぇ」

塩爺「でも毎週の競馬は絶対欠かせないぞ!お、今年は地方馬が出走するじゃん」

影武「ララベルですね」

塩爺「地方馬だけど、社台ファーム生産の馬なんだな」

影武「馬主は吉田照哉さん」

塩爺「地方馬でフェブラリーSっていうと、やっぱメイセイオペラだな。あれは強かった」

影武「まだ中学生ぐらいなので僕の記憶はあいまいですが、そんなに強かったんですか?」

塩爺「当時はよ、アブクマポーロっていう地方最強馬がいたんだよ。いや、中央を含めても最強馬だったと俺は思うぞ。スノボで例えるならショーン・ホワイトだな。で、その最強馬に何度も挑戦するのが平野歩夢くんことメイセイオペラだったってわけだ」

影武「トレンドを取り入れたわかりやすい説明、ありがとうございます」

塩爺「そんなメイセイオペラが中央GIに挑戦し、見事に勝った。東京競馬場のスタンドにはメイセイオペラの応援団が駆けつけていて、中央のエリートをおらがまちの馬がやっつけた!と喜びを爆発させた・・・そんな勝利だったんだ」

影武「おお・・・ちょっとウルッときました」

塩爺「そんであの馬、現地の競馬場の水道水をほとんど飲まなかったらしいんだわ。俺にはその気持ちがわかるぞ、銀座の〇〇ちゃんが作ってくれたお酒じゃないと飲む気がしないからな」

影武「あれ?ちょっと話が急カーブ・・・」

塩爺「いや、守んとこの洋子ちゃんでも恵子ちゃんでも飲むわ。北欧系のねーちゃんでも飲めるし、なーんだ、俺どこでも飲めんじゃん!よし、今度予定合わせて飲みいくぞ。もっとも俺に合う現地の酒を見つけるんだ」


===========================

どうも7号影武者です!

うーーーーん、あとちょっとで泣きそうになったんだけどなぁ(笑)
しかし、ショーン・ホワイトってのはなんなんですかね。ノーミスかつ難易度を上げなきゃ勝てない状況であのパフォーマンス・・・あれがカリスマたるゆえんでしょうか。見ていて鳥肌が立っちゃいました。

では日曜日の塩爺の買い目を

京都7R!4歳以上500万下!

5-6
5-7
6-7

ということで、7号影武者がおおくりしました!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line