TOP > コラム > オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2018年2月18日版】
コラム

オタクに競馬をやらせてみたら意外と凄かった件について【2018年2月18日版】

オタク
O氏「ぬわー!また負けた!!!」

2号 「のっけからどうした、そんなに馬券で負けたのか?」

O氏「まぁ土曜は馬券でも負けたが、将棋だよ将棋。」

2号 「昨日のフィギュアの話に続いて、今日は将棋か。お前が2日続けてアニメやゲーム以外の話をするとは、熱でもあるのか?それとも明日は雪か?2週続けて開催順延は勘弁してくれよせっかくのGI週だし。」

O氏「本当はアニメやゲームの話をしたいんだが、いくら語ってもお前が勝手にほとんどカットしやがるから、少しは一般的な話題にしようと頑張ってるんだよこっちも。で、昨日はフィギュアというか羽生の話が世間的にも盛り上がってたし、今日も羽生つながりで将棋の羽生、というか対戦相手の藤井の昇段が話題になってたし、流石にお前も知ってるかなぁと思って。」

2号 「気を使わせてすまんな。」

O氏「いや、構わんよ。フィギュアは『ユーリ!!! on ICE』繋がりで興味が無いわけでもないし、将棋もちょうど先週のポプテピピックが将棋?というか一部囲碁?の話だった影響で、久しぶりに興味沸いたとこだったし。まぁお前がアニメやゲームの話についてきてくれるのが一番いいんだけどな。それにしても羽生と羽生が同じ日にここまで話題になるとは・・・・・。『羽生が負けた!』『羽生金メダル』みたいな話題が平行してて、かなり紛らわしかったぜ。羽生は二次元を超える三次元!という感じだし、羽生は今日は負けたけど、いくつ王位持ってるの?って状況が何年も続いてるし、どっちもカリスマ!って感じだ。」

2号 「ああうん、聞いてる分にはいいんだが、そろそろ羽生くんと羽生さんを、敬称をつけるなり何なりして区別してくれ。文字にした時のことを考えると頭が痛い。」

O氏「じゃあ『天才の羽生』と『絶対王者の羽生』にしよう。」

2号 「紛らわしい!」


================

というわけで、こんばんは。2号です。
読みは違えど同じ漢字の苗字を持つ二人が、それぞれのジャンルで王者というのも、なんだか物凄い話ですね。

================


2号 「それにしても、『また負けた!』はいったい何だったんだ。」

O氏「あぁ、それな。なんでも今回の対局の協賛がローソンだったらしくて、その繋がりでローソン公式のLINE@アカウントにある将棋機能に『プロにも勝った最強クラスの将棋ソフト・ponanza』が搭載されたそうな。」

2号 「ということは、そのソフトと対局できるのか。」

O氏「そのとおり。昔『月下の棋士』に影響されて、将棋を研究してた時期があるから、勝てるかも!と思って挑戦してみたんだが全く勝てん。そこそこ互角か?と思って打ってると、必ずどこかで『その手があったか!』というような隙を突かれてあっさり負ける。待った無しだし、なかなかハードだぜ。」

2号 「面白そうだな、俺もやってみたい。」

O氏「お前、将棋できたっけ?」

2号 「そこまで詳しいわけじゃないが、将棋や麻雀は覚えておくと役立つ場面がいろいろあるのさ。大体6割は勝ててるし、案外いけるかもな。」

O氏「じゃあ方法教えるからやってみろ。」


================
(この間、約3分)
================


2号 「・・・・・あっという間にやられた。」

O氏「ずいぶん早いな。どんな感じで負けたんだ?最後の画面のスクリーンショット撮って送ってくれ。」

2号 「こんな感じだ。」

O氏「・・・・・あれ、なんか飛車角計4枚、全部相手のところに行ってるみたいだが」

2号 「10手もいかないうちに両方取られた。」

O氏「金銀もほぼ壊滅してるな。というか、お前の持ち駒がほとんど無くなってるじゃないか。どうすればたった3分でここまで負けられるんだ・・・・・?」

2号 「まず、互いに飛車の前の歩を動かす。で、次の手で互いにもう一歩前にやる。」

O氏「そこまではまぁ、よくあることだな。」

2号 「更に同じ歩をもう一歩・・・・・」

O氏「銀や金は動かさないのか。というか歩単騎でどこまで行くつもりだ?」

2号 「相手が金を角の横に動かしてきたから、こっちの角の右上を一歩前に」

O氏「そのタイミングで・・・・・?」

2号 「で、あれこれしているうちに飛車が取られそうになったから、守ってたら角の方を取られた挙句に成られて、飛車まで突っ込んできやがって、左端から全部持ってかれて、金とか銀とかどんどん置かれて、あっという間に王手食らった。さすがプロに勝てる将棋ソフトだな、強すぎる!」

O氏「自分で角の突入ルートを開けてるっぽいし、飛車に突っ込まれる前にどこかで止めるだろ普通・・・・・ひとつ聞いていいか。本当にそれで6割勝ててたのか?」

2号 「おう、いつもなら同じ戦法でこっちが突っ込んでいけるんだがなぁ。守るのは性に合わん」

O氏「なんというか、お前の対局相手って、良いヤツばっかりだったんだな・・・・・」

================


・・・・・というわけでO氏の土曜の狙いは、東京12R!

【東京12R 大島特別】
◎13アーバンイェーガー
○9ワンダープラヤアン
▲12シゲルベンガルトラ
☆10キタサンガンバ
△4エメラルエナジー
△8ロードプレミアム
△14ターゲリート

【馬連/流し】13-9,12,10,4,8,14(6点)
【3連複/フォーメ】13-9,12,10-9,12,10,4,8,14(12点)

O氏「免許の期間がまだ残ってるのに、今週で帰国するらしいなムーア様。」

2号 「渡航届け出してたなぁ。まぁ多分、契約してるオブライエン厩舎の馬が、どこかのレースに出るんだろう。」

O氏「でもしっかりGIは勝っていきそうだ」

2号 「ということは、お前の本命はゴールドドリームか。俺とは意見が違うな。」

O氏「後でお前の軸馬も教えてくれよ?」

2号 「【競馬のカリスマ】で見ておいてくれ。で、東京12Rの本命もムーア騎手。徹底してるなぁ」

O氏「土曜は未勝利だったが、最終日は流石に本気出すだろ、GIもあるし。◎アーバンイェーガーは昨秋の来日時にもムーア様を起用して、休みを挟んで3連続ムーア様。いつもいるわけじゃない大人気騎手を、コレだけ確保できているという時点で、実力の高さは折り紙付きだ。次にいつ来るかも正確には分からないし、当然1戦1戦が勝負!」

2号 「まぁ、的外れな推測ではないな。」

O氏「あと名前がかっこいい。英語+ドイツ語というちぐはぐなチョイスは気に食わないが、『都会の狩人』とかメッチャかっこよくね?というかやっぱ、ドイツ語のかっこよさは反則だろコレ。」

2号 「まぁ同意する」

O氏「そしてオレも、秋葉原という都会で様々な獲物を狙う狩人。どことなく親近感を覚えるぜ・・・・・!」

2号 「モノは言いようだが、流石にそれは格好良く表現しすぎだろ・・・・・」

O氏「というわけで今日中にponanzaから一勝奪いたい。後は任せた!」



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line