TOP > コラム > タンタン単勝メン!【2018年3月4日版】
コラム

タンタン単勝メン!【2018年3月4日版】

タンタン単勝メン
1号「先日、亡くなられた西部邁さんの言葉を読み返していたんだけど、保守とか伝統ってどういうものか?って問いに対する答えが、素晴らしかったんだよね。」

オヤジ「ああ、西部さん、朝生とかに一時出てたよね。私もあの人好きだよ。この間ニュース見てびっくりしたよ。で、伝統とか保守ってなんなんだい?」

1号「西部さんいわく、伝統とか保守っていうのは、綱渡りをするときの、棒のようなモノだっていうんだよ。分かりやすく言うとね、人生も 時代も矛盾に満ちていて、誇張して言うと、1本の綱を渡るような危険なもの。そこでバランスをとらなければいけない。過去を振り返れば、いろいろな教訓があり、できればそういうところからヒントを得るべき。僕にとっての伝統は、綱渡りの棒のようなもの。しかし棒がないと綱を渡りきることはできない。って事なんだよね。確かにそうだよね。」

オヤジ「なるほど。歴史や風土といった時間が積み重なったものに頼りたくなるよ。その通りだと思うね。」

1号「やっぱさ、何かを深く深く考えていくことって大事だよね。今ってさ、デジタルだの、AIだの、何でも時短で合理性みたいな風潮だけど、そんな中で立ち止まって考えるって重要だと改めて思ってるんだ。」

オヤジ「あんたなんか、合理性の塊みたいな人だけどね。」

1号「まあ、そうなんだけど。だからこそって感じなんだよ。あ、オヤジさん、今日当たったね。単勝!」

続きは【競馬のカリスマ】で公開!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line