TOP > 競走馬 > 「デルニエオール」夢の詰まった血統!偉大なる兄たちの背中を追う!【桜花賞】
競走馬

「デルニエオール」夢の詰まった血統!偉大なる兄たちの背中を追う!【桜花賞】

オルフェーヴルやドリームジャーニーの全妹にあたる良血馬デルニエオールが桜花賞に出走する。新馬戦では兄を彷彿とさせる瞬発力を見せて勝利。2月の500万以下を制し挑んだ前走のフィリーズレビューではハイペースを前目から追走し、粘りに粘って3着に入りクラシック出走に見事こぎつけた。ここから新たな伝説が始めるのか。そんなデルニエオールについてまとめてみた。
デルニエオール

【白菊賞】伸びが今ひとつとなり4着

スタートは今ひとつだったが、外に出して中団からレースを進める。道中は何とか折り合いがつき、直線では外から脚を伸ばしたが、内の各馬の方が脚色がよく4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 デルニエオール(松山弘平騎手) 「中団から運びましたが、勝負どころで脚を取られる所もあって、伸び切れませんでした。能力は凄く高いので、これから良くなってくると思います」

【500万下】しぶとく伸びて2勝目!

この日もゆっくりとスタートを切り、位置を上げて中団からレースを進める。4コーナーを抜群の手応えで通過すると、残り300mでゴーサインが出てからはしぶとい末脚でリバティハイツらの追い上げを振り切り2勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 デルニエオール(池添騎手) 「レース振りは、後ろで我慢してくれましたし、並びかける脚は速かったです。相手が来たら抜かせず、また伸びてくれました。求めるものも高くなりますから、まだまだ成長してほしいと思いますが、2勝目をしっかり挙げてくれたのは素質の証です。乗せていただいてありがたいです」

【フィリーズレビュー】ハイペースを先行し3着に粘る!

スタートを決めて内目の5,6番手を追走し、前半の600mは33秒7と早い流れでレースは流れていく。3・4コーナーからやや外目に出して、直線では馬群の間から抜け出し残り50mで先頭に立つが、差し馬の勢いには敵わず3着にとどまった。
動画を見る
inyofu 3着 デルニエオール(岩田騎手) 「スムースにレースが出来ました。直線では伸びるかと思いましたが...。(前に)行ったからでしょうか。自然とあの位置ではあったのですが...」

【桜花賞】追い切り 馬なりでも切れ味を発揮!

inyofu フィリーズRで3着に入った3冠馬オルフェーヴルの全妹は、栗東CWコースで馬なり。それでもラスト1Fは11秒6の切れ味だった。
inyofu 池江調教師「先週やったので直前は微調整。変わらずテンションは高めだけど、疲れもなく、体の張りも戻ってきた。マイルも悪くはないと思うが、現状では1400メートルのほうがいいか」

桜花賞の傾向!キャリアの浅い馬が優勢!

inyofu 過去10年の出走馬の通算出走数別成績を調べると、キャリア「4戦以下」の馬が3着内率30.9%と優秀な成績を収めている。一方、「7戦以上」の馬は優勝例がなく、「5、6戦」の馬も3着内率が14.1%にとどまっている。少ないレース数で出走にこぎ着けた馬を高く評価したいところだ。

フィリーズレビュー3着でクラシック出走まできたが、この先のオークスを考えると賞金は足りず、現状としては4着以内に入るしか選択肢はない。調教師コメントからも短い距離の方が良いとあり、兄同様のクラシックディスタンスでの活躍を期待するのは少々酷ではあるが、母オリエンタルアートの最後の子供と夢を見ないわけにはいかない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line