TOP > エンタメ・雑学 > 2018年3月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年3月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年3月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
金鯱賞を制したのがスワーヴリチャード、フィリーズレビューを制したのがリバティハイツだった今週の競馬界。
和田竜二騎手1万6000勝、サウスヴィグラス死亡など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

スワーヴリチャード期待に応えて勝利!【金鯱賞】

inyofu 3月11日、中京競馬場で開催された第11R・金鯱賞(GII、芝2000m)は、道中早めにポジションを押し上げ2番手で直線に向いた1番人気スワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野)が、逃げ粘る8番人気サトノノブレスをゴール寸前、半馬身差競り落とし1着でゴールイン。3つ目の重賞タイトルを掴み取った。勝ちタイムは2分1秒6(稍重)で、鞍上はM.デムーロ騎手。なお、2番人気サトノダイヤモンドは中団外めから懸命に差を詰めたが、2着に遅れること1馬身差の3着までとなっている。

▽配当
単勝9 160円
馬連4-9 5860円
馬単9-4 7380円
3連複4-5-9 4000円
3連単9-4-5 2万4410円
(9.スワーヴリチャード、4.サトノノブレス、5.サトノダイヤモンド)
動画を見る
1番人気に推されたスワーヴリチャードが2着サトノノブレスを直線で差し切って勝利した。3着にはサトノダイヤモンドが入っている。

8番人気リバティハイツ勝利!【フィリーズレビュー】

inyofu 3月11日、阪神競馬場で開催された第11R・フィリーズR(GII、芝1400m)は、直線で各馬入り乱れての激しい追い比べとなったが、馬場の真ん中から鋭く伸びた8番人気リバティハイツ(牝3、栗東・高野)が混戦を断ち1着でゴールイン。重賞初挑戦初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分21秒5(良)で、鞍上は北村友騎手。半馬身差の2着は後方から豪快に追い込んできた2番人気アンコールプリュ、2着にクビ差の3着は中団追走より脚を伸ばした5番人気デルニエオールが入っている。

結果、この上位3頭が桜花賞(4月8日)への優先出走権を獲得。なお、1番人気モルトアレグロは2番手で運ぶも直線失速し10着、4番人気アマルフィコーストはスタート直後に落馬し競走中止となった。

▽配当
単勝10 2230円
馬連9-10 4080円
馬単10-9 9680円
3連複2-9-10 9140円
3連単10-9-2 5万6610円
(10.リバティハイツ、9.アンコールプリュ、2.デルニエオール)
動画を見る
8番人気リバティハイツが混戦を制して重賞初制覇を果たした。2着は2番人気アンコールプリュ、3着は5番人気デルニエオールであった。

サウスヴィグラス死亡

inyofu 2003年のJBCスプリント(GI、ダ1190m)覇者サウスヴィグラス(牡22)につき、けい養先である北海道新ひだか町のアロースタッドにて死亡したことがJRAの発表で明らかとなった。

本年1月下旬に発症したせん痛の影響によるものと見られ、開腹手術を行ったものの、高齢による体力の衰えからか術後の経過が思わしくなかったよう。今月4日に倒れた際、そのまま息を引き取ったという。
根岸S連覇やJBCスプリントを制し、種牡馬としてもラブミーチャン、コーリンベリー、ヒガシウィルウィンらを輩出したサウスヴィグラスが死亡したと発表された。素晴らしい実績を残してくれた彼に感謝したい。

和田竜二騎手1万6000回騎乗達成

inyofu ~和田竜二騎手のコメント~
「お世話になっている松本会長の馬で勝って達成出来たので、会長ならびに厩舎関係者の皆さんに感謝しています。この記録も、昨年も1000回以上騎乗させていただくなど多くの騎乗依頼をいただけているおかげですので、関係者の皆さんに感謝しています。これからも騎乗数に見合った勝利数、勝率を挙げられるよう精進してまいりたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」
11日、和田竜二騎手は阪神2Rでメイショウミライに騎乗してJRA史上10人目、現役8人目となるJRA通算1万6000回騎乗を達成した。これからもどんどん記録を更新してくれることであろう。

坂井瑠星騎手オーストラリアで初勝利

inyofu 坂井は「初勝利の時は、日本で騎手になって、初めて勝った時と同じくらいうれしかったです。これをきっかけに、引き続きオーストラリアで勝負したいと思います」と喜びを語った。
オーストラリアに遠征中の坂井瑠星騎手がペノン競馬場で行われた1Rで海外初勝利を挙げた。さらに同日中に4Rで2勝目もあげ、さらに5Rでは2着になるというまさに絶好調な一日であった。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週7勝)【35.22.20.11.11.40】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週4勝)【25.20.14.13.7.35】 (↑)先週4位
3位 田辺裕信騎手 (今週3勝)【25.14.19.22.15.92】(→)
4位 武豊騎手   (今週2勝)【25.11.12.10.8.53】 (↓)先週2位
5位 北村友一騎手 (今週4勝)【22.26.12.18.4.87】 (↑)先週9位
6位 川田将雅騎手 (今週3勝)【22.25.17.15.15.49】(↑)先週7位
7位 藤岡佑介騎手 (今週2勝)【22.11.12.9.16.55】 (↓)先週5位
8位 福永祐一騎手 (今週1勝)【20.17.20.14.12.68】(→)
9位 松山弘平騎手 (今週0勝)【19.30.19.9.20.90】 (↓)先週6位
10位 戸崎圭太騎手 (今週1勝)【19.26.26.19.16.78】(→)

M.デムーロ騎手が、日曜中京メイン・金鯱賞など今週最多の7勝を量産し、6週連続首位の座をキープ。2位との差を10に広げています。一方ライバルであるC.ルメール騎手も手堅く4勝を上乗せし、本年初のトップ3入り。ただ、田辺騎手、武豊騎手も勝ち星を着実に積み重ね直後にビタリとつける展開に。また、ここ2週勝利のなかった戸崎騎手も久々の美酒に酔い20勝到達にリーチをかけています。
今週はデムーロ騎手が7勝と勝ちを量産してトップを独走状態に。2位には4勝を挙げたルメール騎手がついに上がってきた。田辺騎手、武豊騎手も勝ち数では並んでおり、2位争いはまだまだデッドヒートが続きそうである。


2018年3月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングトップデムーロ騎手は2位以下を10勝差に引き離す今週7勝を挙げた。金鯱賞を制したのは人気だったスワーヴリチャード。フィリーズレビューを制したのは8番人気リバティハイツであった。サウスヴィグラスの死亡という残念なニュースも話題となっている。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line