TOP > レース > スピード自慢の3歳馬が集結!!【第32回ファルコンステークス】
レース

スピード自慢の3歳馬が集結!!【第32回ファルコンステークス】

2018年3月17日(土)に中京競馬場で行われる芝1400mのGIIIレース【第32回中日スポーツ賞ファルコンステークス】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【ファルコンステークス】歴史

inyofu 1987年に創設された4歳(現3歳)限定・別定重量の重賞競走「中日スポーツ賞4歳ステークス」が本競走の前身で、創設当初は6~7月に中京競馬場・芝1800メートルで行われていた。その後、1996年に4歳(現3歳)短距離路線の充実を図るため、距離が芝1200メートルに短縮されたが、2012年に芝1400メートルに変更された。
inyofu また、2006年に重賞競走体系の見直しにより、開催時期が3月に繰り上げられている。なお、レース名は2001年に現在の「中日スポーツ賞ファルコンステークス」に改称された。 競走名の「ファルコン(Falcon)」とは、鳥の「隼(はやぶさ)」のこと。

コースの特徴

inyofu 中京・芝1400メートル

スタート後に緩い坂を上った後、向正面半ばから直線の入り口まで緩やかな下り。3コーナーまでの距離は約500メートル。直線は412.5メートルで十分な距離があり、急な上り坂(高低差2.0メートル)もある。前半はある程度速いペースで進みやすいので、最後の坂で上がりがかかることが多い。JRAの芝1400メートルの中でもタフなコース構造と言える。スプリント寄りの流れに対応できるスピードと、タフなコースを乗り切れるだけの馬力が要求されるコースだ。

2017年【第31回ファルコンステークス】

動画を見る
昨年の同レースでは、惜しくも昨年亡くなった3番人気のコウソクストレート(戸崎圭太騎乗)が1分21秒1で重賞初勝利を挙げた。

【ファルコンステークス】レース傾向

inyofu 芝1400メートル以上での勝利数は要チェック

過去6年の出走馬について、芝1400メートル以上のレースにおける勝利数を調べてみると、優勝馬6頭は勝利数が「2勝」もしくは「3勝」で、これらの2組は好走率で「1勝」・「0勝」組を大きく上回っている。その一方で、3着馬は全て「0勝」か「1勝」の馬となっている。フォーメーションを組む際には、参考にできるかもしれない。
inyofu 過去の出走レースと単勝人気に注目

過去6年の出走馬について、500万下またはオープンクラスで行われた芝1400メートル以上のレースにおける最高単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬6頭は全て最高単勝人気が「1番人気」か「2番人気」となっていた。また、3着内率では4番人気以内の各組が25%以上の数値をマークして、5番人気以下の各組の数値を大きく上回っている。「該当レース不出走」から連対馬が出ていないことからも、500万下またはオープンクラスの芝1400メートル以上のレースに出走経験があり、その中で上位人気に支持された経験を持つ馬を高く評価すべきだろう。
inyofu 前走GⅢ組が活躍

過去6年の出走馬について前走の条件別に成績をまとめると、勝率・連対率でトップとなっているのは「GⅢ」組。「芝のオープン特別」組が2勝を挙げているものの2着と3着がない点と、「芝の500万下」組が3着内率で「芝のオープン特別」組を上回っている点は、覚えておいても損はないだろう。
過去のレース傾向では、【1400mで2勝以上】【500万下またはOPクラスの1400m以上で最高単勝2番人気以内】【前走GIII組】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第32回ファルコンステークス】登録馬

inyofu タイセイプライド
アサクサゲンキ
フロンティア
テンクウ
ダノンスマッシュ

アンブロジオ
カイザーメランジェ
タイセイアベニール
ダークリパルサー
ヒシコスマー

ミスターメロディ
ムスコローソ
モズスーパーフレア
アシャカデッシュ
エールショー

クリノイダテン
ドラグーンシチー
トロワゼトワル
ヤマニンルネッタ
フルゲート18頭に対して今年は19頭が登録されている。現時点では1頭除外対象だが他レースに回る馬もいるとの情報。

【第32回ファルコンステークス】予想オッズ

inyofu 1 ダノンスマッシュ 2.4
2 テンクウ 4.7
3 フロンティア 5.2
4 アサクサゲンキ 5.6
5 アンブロジオ 7.4
6 タイセイプライド 17.0
7 ムスコローソ 23.5
8 ミスターメロディ 27.8
9 モズスーパーフレア 37.1
10 トロワゼトワル 43.5
11 ヒシコスマー 95.1
12 タイセイアベニール 148.3
13 カイザーメランジェ 168.7
14 ドラグーンシチー 250.0
15 ダークリパルサー 313.9
16 エールショー 500.0
17 アシャカデッシュ 500.0
18 ヤマニンルネッタ 519.2
19 クリノイダテン 562.4
現時点(水曜)での予想オッズでは、ダノンスマッシュが人気を集めている。

【第32回ファルコンステークス】有力馬は!?

【1400mで2勝以上】【500万下またはOPクラスの1400m以上で最高単勝2番人気以内】
ダノンスマッシュ
inyofu ダノンスマッシュ(牡3、栗東・安田隆行厩舎)は昨年末の朝日杯FSで5着。スタートで躓いて後方からのレースになってしまったが、良い追い上げを見せた。今回は未勝利・もみじSと完勝している1400m。スムーズに競馬ができれば重賞初制覇のチャンスは大だろう。鞍上は新馬戦以来の戸崎圭太騎手。

【1400mで2勝以上】【500万下またはOPクラスの1400m以上で最高単勝2番人気以内】
テンクウ
inyofu デビュー4戦はすべて1600メートル戦で、新潟2歳S3着、サウジアラビアロイヤルC4着、ジュニアC1着と大崩れがない。父は前出のタイセイプライドと同じスピードタイプのヨハネスブルグだけに、1400メートルへの距離短縮もむしろ歓迎だろう。

【1400mで2勝以上】【500万下またはOPクラスの1400m以上で最高単勝2番人気以内】

アンブロジオ
inyofu アンブロジオ(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)は未勝利-ベゴニア賞とマイル戦を連勝した後、前走のクロッカスSでクビ差2着。距離短縮にもそつなく対応した。新種牡馬ローズキングダム産駒としては唯一のオープン馬で、産駒として初の重賞Vもかかる一戦。新たにコンビを組む横山典弘騎手の手綱に期待がかかる。


今週は土日合わせて4重賞が組まれており、その第1戦目がファルコンステークス
今年は3歳馬の短距離路線が整備され、NHKマイルカップを頂点にした上で、
アーリントンカップがその前哨戦に位置付けられた。新設重賞の葵ステークスも実施される為、
本レースはNHKマイルカップを目指す馬だけでなく、そうしたスプリント路線の馬も参戦する。
マイラーとスプリンターが混在して激戦となりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line