TOP > レース > 3枚の切符をかけた最後の戦い!!【第67回スプリングステークス】
レース

3枚の切符をかけた最後の戦い!!【第67回スプリングステークス】

2018年3月18日(日)に中山競馬場で行われる芝1800mのGIIレース【第67回フジテレビ賞スプリングステークス】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【スプリングステークス】歴史

inyofu 本競走は、1952年に創設された4歳(現3歳)馬による重賞競走で、創設当初は東京競馬場・芝1800メートルの別定重量で行われていた。その後、1958年に負担重量が定量に変更されたが、2003年より馬齢重量で行われている。また、距離・開催場は幾度かの変更を経たのち、1960年以降は中山競馬場・芝1800メートルで行われている。1958年より「皐月賞トライアル」のサブタイトルが付けられ、現在は1~3着馬に皐月賞への優先出走権が与えられている。

コースの特徴

inyofu 中山・芝1800メートル(内回り)

ホームストレッチの上り坂からスタート。1コーナーまでの距離は約200メートルと短い。加えて、決勝線から1コーナーの途中までも上り。1コーナー過ぎから向正面半ばまで緩く下り、3~4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310メートル。直線の半ばには急勾配(高低差2.2メートル)の上りがある。2014年の路盤改修後、従来より上がりが出やすく(速く)なった感はあるものの、前半から負荷がかかるため、JRAの芝1800メートルの中ではタフなコースと言える。ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいコースだ。

2017年【第66回スプリングステークス】

動画を見る
昨年の同レースでは、松岡騎手騎乗の5番人気ウインブライト(畠山厩舎、父ステイゴールド)が優勝。

【スプリングステークス】レース傾向

inyofu 前年10月以降の実績がポイント

過去10年の3着以内馬30頭は、いずれも「前年10月以降の500万下から上のクラスの芝1600~2000メートルのレース」において連対経験のある馬だった。この条件で連対経験のない馬は、評価を下げるべきだろう。
inyofu 前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走の着順が「4着以内」だった。一方、「5着以下」だった馬は3着内率が4.5%にとどまっているうえ、2011年以降は〔0・0・0・29〕と上位争いに食い込めていない。たとえ実績上位であっても、前走で5着以下に敗れていた馬は過信禁物と見ておきたいところだ。
inyofu 前走との間隔が詰まっている馬は不振

過去10年の出走馬の前走との間隔別成績を調べると、「中2週以内」で出走してきた馬は優勝例がなく、3着内率も7.1%にとどまっている。ちなみに、2012年以降の該当馬は〔0・0・0・12〕と全て4着以下に敗れている。前走との間隔に余裕がない馬は苦戦必至と見るべきだろう。
inyofu 近年は馬体重の軽い馬がいまひとつ

過去6年の3着以内馬18頭中16頭は、前走の馬体重が「470キログラム以上」だった。一方、「470キログラム未満」だった馬は優勝例がなく、3着内率は9.5%にとどまっている。2011年以前は前走の馬体重が「470キログラム未満」だった馬も好走していたが、近年の傾向を重視するならば、前走での馬体重が470キログラム未満だった馬は評価を下げたい。
inyofu 前走の4コーナーの通過順にも注目したい

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前走の4コーナーの通過順が7番手以内だった。後方からレースを進めるタイプの馬は過信禁物だ。また、この6頭は「前年10月以降の500万下から上のクラスの芝1600~2000メートルのレース」で優勝経験があった点、前走の着順が3着以内だった点、前走との間隔が中3週以上だった点、前走の馬体重が470キログラム以上だった点も共通している。
過去のレース傾向では、【前年10月以降の500万下から上のクラスの1600~2000mで連対】【前走4着以内】【中3週以上】【前走470kg以上】【前走の4コーナーの通過順が7番手以内】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第67回スプリングステークス】登録馬

inyofu ステルヴィオ
コスモイグナーツ
サトノソルタス
ルーカス
エポカドーロ

カフジバンガード
ゴーフォザサミット
ビッグスモーキー
レノヴァール
エトナ

バールドバイ
フォルツァエフ
マイネルファンロン
ライトカラカゼ

【地方馬:1頭】
ハッピーグリン
フルゲート16頭に対して今年は15頭が登録されている。もちろん全頭出走可能だ。

【第67回スプリングステークス】予想オッズ

inyofu 1 ステルヴィオ 2.1
2 ルーカス 4.4
3 サトノソルタス 5.2
4 ゴーフォザサミット 7.4
5 エポカドーロ 7.6
6 ハッピーグリン 21.1
7 カフジバンガード 25.7
8 マイネルファンロン 29.8
9 レノヴァール 34.4
10 ビッグスモーキー 65.8
11 バールドバイ 116.2
12 コスモイグナーツ 123.4
13 ライトカラカゼ 136.7
14 エトナ 1481.2
15 フォルツァエフ 1975.0
現時点(水曜)での予想オッズでは、ステルヴィオが1番人気となっている。

【第67回スプリングステークス】有力馬は!?

【前年10月以降の500万下から上のクラスの1600~2000mで連対】【前走4着以内】【中3週以上】
ステルヴィオ
inyofu ステルヴィオ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)は昨年の朝日杯FSで2着。勝ったダノンプレミアムには3馬身半差をつけられたものの、直線で狭いところを割って良く追い上げた。ロードカナロア産駒ながら陣営はもっと距離が延びた方がいいとコメントしており、ここでその真価が問われることになる。

【前年10月以降の500万下から上のクラスの1600~2000mで連対】【中3週以上】【前走470kg以上】【前走の4コーナーの通過順が7番手以内】
ルーカス
inyofu 東京スポーツ杯2歳S2着後、2番人気に支持された前走のホープフルSは6着に敗れたが、最終追い切りで放馬のアクシデントがあったことを思えば、悲観する内容ではなかった。気性面に幼さを残す現状ながら、秘めた能力は一級品。前述の重賞2着を含む【1・1・0・0】の芝1800メートルで、反撃ののろしを上げるか。

【前年10月以降の500万下から上のクラスの1600~2000mで連対】【前走4着以内】【中3週以上】【前走470kg以上】【前走の4コーナーの通過順が7番手以内】
サトノソルタス
inyofu デビュー2戦目の共同通信杯で2着と高い能力を示したサトノソルタス(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、12日の段階では出否未定。出走にゴーサインが出れば、当然、主役級の扱いが必要となる。


3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるトライアルレースで、
過去10年を見ても、このレースの優勝馬から3頭の皐月賞馬が誕生。
かつては弥生賞組がクラシック戦線で優位に立つシーンが多かったが、
近年はこのレースで好走した馬が数多く飛躍している。
上記以外で注目しているのは、エポカドーロとレノヴァール。
過去の傾向である好走条件にサトノソルタス含め2頭が全て当てはまっており、
人気がないなら是非買い目に入れておきたいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line