TOP > 競走馬 > 「ステルヴィオ」距離延長で磨きがかかる末脚!血の勢いに乗る!【日本ダービー】
競走馬

「ステルヴィオ」距離延長で磨きがかかる末脚!血の勢いに乗る!【日本ダービー】

強烈な差し脚を武器としているステルヴィオが今週の日本ダービーに出走する。朝日杯FSで2着に食い込んだロードカナロア産駒は、息の長い末脚で差し切る強い競馬でスプリングSを制すと、皐月賞では前残りの展開でも上がり最速の脚を使って4着まで追い上げた。さらに先週のオークスではアーモンドアイが中団から鋭く伸びて快勝を飾り、ロードカナロア産駒の距離不安説は解消された。400mの距離延長で期待が膨らむステルヴィオについてまとめてみた。
ステルヴィオ

【朝日杯FS】豪脚をみせて2着!

今回は重賞馬2頭のダノンプレミアム、タワーオブロンドンに続き3番人気。前走同様に中団よりやや後方で競馬を進める。しかし、先行していたダノンプレミアムには明らかな差があり、今回もダノンプレミアムの2着に敗れ、着差は3馬身半もついていた。
動画を見る
inyofu 2着 ステルヴィオ(C.デムーロ騎手) 「直線、狭いところがありましたが、加速するのに時間の掛かる馬ですから、現状、1600mは短いと思います。来年、距離を延ばしていけばGIでも好勝負出来る馬だと思います」

【スプリングS】最後の最後に差し切って重賞初制覇!

朝日杯FS2着ということもあって、堂々の1番人気に支持される。道中は中団で競馬を進め、直線に向けて少しずつポジションを押し上げる、直線では先に抜けだしたエポカドーロが押し切りを図るものの、ステルヴィオはしっかりと脚を伸ばし、残り50mでわずかに差し切って重賞初制覇を果たした。
動画を見る
inyofu 1着 ステルヴィオ(C.ルメール騎手) 「この馬は最後にすごく良い脚を使います。良い瞬発力があります。去年はまだ体が全体的に緩く、位置取りが後ろになっていました。今年はそうした面がなくなりいい位置でレースができるようになりました。初の中山コースもリズム良く走れました。距離が200m伸びても問題ありません」

【皐月賞】上がり最速の脚も4着

いつものレーススタイルで前半は後方に控える競馬。前3頭が後続を引き離す展開で、3,4コーナーから徐々にポジションを上げて、上手く外目に持ち出すとグイグイと伸びてきたが、前を行った馬には敵わず4着までが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 4着 ステルヴィオ(C.ルメール騎手) 「スタートしてから後ろのポジションになり、(4番手以降の)ペースが上がらなかったことが厳しかったです。一生懸命に走っていて直線の反応も素晴らしかったのですが、前は止まりませんでした」

【東京優駿】最終追い切り!陣営も仕上がりに満足!

inyofu ステルヴィオ(写真手前)は南ウッド4ハロンから古馬500万下と併せ馬。テンからゆったりとしたペースで運び、直線は馬なりでクビ先着(4ハロン54・8―40・3―12・9秒)。
inyofu 木村調教師「先週末の時点である程度仕上がっていたので、直前は攻め過ぎないように注意した。動きは文句ないし、馬は確実に良くなっている」

日本ダービーの傾向!前々走の単勝人気と着順をチェック!

inyofu 2009年以降の優勝馬9頭は、いずれも前々走の単勝人気が4番人気以内で、着順が2着以内だった。ちなみに着順だけであれば、2003年のネオユニヴァース以降、15年連続で前々走で2着以内に入っていた馬が優勝している。

前走は特殊な流れで実力をフルに発揮できなかったが、コース替わりと400mの延長は確実にプラスになるはずである。鞍上のルメール騎手は日本ダービーに3年連続で騎乗しており、全て馬券圏内に持ってきており、このレースで1番信頼の置ける騎手であることは間違いない。外目の15番枠となったが、実力はトップクラスで目が離せない1頭である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line