TOP > 競走馬 > 「エポカドーロ」先行抜け出しでクラシック制覇へ一直線!【皐月賞】
競走馬

「エポカドーロ」先行抜け出しでクラシック制覇へ一直線!【皐月賞】

スプリングS2着のオルフェーヴル産駒エポカドーロが皐月賞に出走する。フィリーズレビューなど重賞2勝を挙げたダイワパッションを母に持ち、未勝利戦、あすなろ賞と2連勝で挑んだスプリングSでは好位から早めに抜け出して2着を確保し、クラシックの舞台まで駒を進めてきた。そんなエポカドーロについてまとめてみた。
馬キュレ

【3歳未勝利】鮮やかな逃げ切り!

新馬戦同様に前半は押してハナに立つと、前半800mは48秒1と淀みのない流れでレースを引っ張っていく。道中ハナを奪われるも、直線までには奪い返して直線に向かうと、後はそのまま後続を離していってセーフティリードを保って初勝利をもぎ取った。
動画を見る

【あすなろ賞】ここでも逃げ切りで2連勝!

最内枠からのスタートでハナを切る姿勢を見せ、前半の1000mは1分00秒5とマイペースに持ち込むと、勝負所では余裕の手応えで最後の直線へ。後続との差を広げていくまま余裕たっぷりで2連勝となった。
動画を見る
inyofu 1着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手) 「どっしりとしていて、フットワークのいい馬です。前走も逃げて勝っていますし、藤原調教師との話で、もまれるよりはいいだろうということでハナを切りました。強かったと思います」

【スプリングS】先行抜け出しで好勝負を演出!

道中は大逃げを打つコスモイグナーツから離れた2番手から、3,4コーナーを絶好の手応えで上がっていって直線へ。残り200mで先頭に立つと外からステルヴィオがやってきて一騎打ちに。惜しくもゴール前で差し切られて2着も力のある所は見せた。
動画を見る
inyofu 2着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手) 「良い感じでいけたのですが、僅かに及びませんでした。ただ乗りやすくて良い馬です」

【皐月賞】追い切り 余力十分に先着!

inyofu フジテレビ賞スプリングSでステルヴィオのハナ差2着に奮闘したエポカドーロは、CWコースで併せ馬。序盤はゆったりとラップを刻んだため6ハロン85秒9と目立たないが、ラストは余力十分に1ハロン11秒6をマークし、イダエンペラー(3歳未勝利)に1馬身先着した。
inyofu 藤原英調教師は「前走で力と適性の確認はできた。スピードがあるので、こういうところ(小回り)の方がいい。いろいろ条件がかみ合えば好走してくれると思う」と期待を寄せていた。

皐月賞の傾向!前走の4角通過順にも傾向が

inyofu 東京競馬場で開催された2011年を除き、2007年以降に中山競馬場で行われた過去10回の皐月賞の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別に成績をまとめると、「先頭」「2~4番手」「5~9番手」の各組が勝率でほぼ同等の数値で並んでいる。しかし、連対率では「2~4番手」組と「5~9番手」組が数値を伸ばし、3着内率では「2~4番手」組だけが20%を超えている。フォーメーションを組む際には、参考になりそうなデータだ。

前走は重賞初挑戦ながら世代上位の力を持つステルヴィオ相手にハナ差まで抵抗したのは、実力のある証拠である。現状では小回りコースに適性があるようで、皐月賞がクラシック3戦の中で1番チャンスがあると言える。鞍上の戸崎圭太騎手は中山芝2000mの複勝率は37.5%と高い数字を叩きだしており、クラシック制覇へ向けて不足はない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line