TOP > 予想/馬券 > 1番人気は複勝率90%【第66回阪神大賞典】予想まとめ
予想/馬券

1番人気は複勝率90%【第66回阪神大賞典】予想まとめ

2018年3月18日(日)阪神競馬場で行われるGII【第66回阪神大賞典】は天皇賞(春)に向けての前哨戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(も含む)

inyofu ・阪神大賞典/人気データ
1番人気 (5-2-2-1)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (1-2-3-4)
6番人気 (0-1-1-8)
7~9人 (0-1-0-29)
10人以下(0-0-0-23)

・阪神大賞典/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/4540円・2380円(4-5-1)
2009年/2990円・6470円(2-6-4)
2010年/1820円・2910円(5-4-1)
2011年/ 790円・2120円(3-1-6)
2012年/ 400円・1860円(3-1-5)
2013年/ 320円・1880円(1-3-5)
2014年/ 940円・1120円(1-5-3)
2015年/1720円・2050円(1-7-2)
2016年/ 670円・ 810円(1-4-3)
2017年/ 140円・ 470円(1-2-5)

・阪神大賞典/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (4-1-1-0)
2.0~2.9倍 (0-1-0-1)
3.0~3.9倍 (2-0-0-1)
4.0~4.9台 (0-1-4-5)
5.0~6.9倍 (1-2-0-2)
7.0~9.9倍 (2-0-0-7)
10.0~14.9倍(1-2-2-2)
15.0~19.9倍(0-2-0-6)
20.0~29.9倍(0-1-0-7)
30.0~49.9倍(0-0-2-14)
50.0~99.9倍(0-0-1-16)
100倍以上  (0-0-0-22)
inyofu ・阪神大賞典/馬齢データ
4歳 (4-5-2-15) 15.4% 34.6% 42.3%
5歳 (3-3-4-16) 11.5% 23.1% 38.5%
6歳 (2-1-1-24) 7.1% 10.7% 14.3%
7歳上(1-1-3-28) 3.0% 6.1% 15.2%

・阪神大賞典/性別データ
牝馬  (0-1-1-2)
牡・セン(10-9-9-81)

・阪神大賞典/所属データ
美浦(0-2-0-16)  0.0% 11.1% 11.1%
栗東(10-8-10-66)10.6% 19.1% 29.8%
地方(0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・阪神大賞典/枠データ
1枠(3-0-1-6)
2枠(0-3-2-5)
3枠(1-1-2-8)
4枠(0-1-1-11)
5枠(0-0-1-14)
6枠(1-3-1-11)
7枠(2-0-1-14)
8枠(3-2-1-14)

・阪神大賞典/馬番データ
1番 (3-0-1-6)
2番 (0-3-2-5)
3番 (1-1-2-6)
4番 (0-0-1-9)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-3-1-6)
7番 (2-0-0-8)
8番 (1-2-0-7)
9番 (1-0-0-9)
10番(0-0-1-7)
11番(1-0-2-2)
12番(0-1-0-4)
13番(1-0-0-2)
14番(0-0-0-2)
15番(0-0-0-0)
16番(0-0-0-0)

・阪神大賞典/脚質データ
逃げ(0-0-2-8)
先行(7-5-3-18)
差し(1-4-3-27)
追込(0-0-2-30)
マクリ(2-1-0-0)
inyofu ・阪神大賞典/前走データ
有馬記念   (3-4-2-5)
ダイヤモンドS(2-2-2-23)
京都記念   (1-1-1-12)
日経新春杯  (3-1-2-6)
アメリカJCC (1-0-0-1)
ステイヤーズS(0-0-0-1)
万葉S    (0-1-0-4)
条件戦    (0-1-2-16)

・阪神大賞典/前走着順別データ
1着  (3-4-2-13)
2着  (2-0-1-7)
3着  (1-0-1-4)
4着  (2-1-0-6)
5着  (1-0-2-13)
6~9着(1-3-2-23)
10以下(0-2-2-16)

・阪神大賞典/前走人気別データ
1番人気 (6-5-1-1)
2番人気 (1-1-2-4)
3番人気 (1-1-1-8)
4番人気 (1-0-1-11)
5番人気 (0-1-2-8)
6~9人 (1-1-2-18)
10人以下(0-1-1-31)

・阪神大賞典/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-2)
3週(0-0-2-8)
4週(2-3-2-28)
5週~9週(5-1-3-26)
10週~25週(3-6-3-16)
半年以上(0-0-0-3)
inyofu ◎1番人気
(5-2-2-1)
◎単勝3.9倍以内
(6-2-1-2)
×8番人気以下
(0-0-0-43)
×関東馬で当日5番人気以下
(0-0-0-14)
△追込
(0-0-2-31)
◎前走G1で2番人気以内
(3-1-1-0)
◎前走G1で4着以内
(3-1-0-0)
△前走G3で6番人気以下
(0-0-1-22)
△前走G3で6着以下
(0-0-1-16)
×前走条件戦だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-16)
×前走G1以外で10番人気以下
(0-0-0-26)
△間隔3週以内
(0-0-2-10)
inyofu ・4歳~6歳
・前走519kg以下
・前走4角3番手~12番手
・前走2200m以上
・前走OP~重賞

阪神3000m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 岩田康誠(3-0-1-3) 42.9% 42.9% 57.1%
福永祐一(2-1-0-3) 33.3% 50.0% 50.0%
四位洋文(1-1-1-3) 16.7% 33.3% 50.0%
池添謙一(0-1-1-0) 0.0% 50.0% 100.%
武豊  (0-1-1-4) 0.0% 16.7% 33.3%

川田将雅(0-0-1-5) 0.0% 0.0% 16.7%
小牧太 (0-0-1-1) 0.0% 0.0% 50.0%
秋山真一(0-1-0-3) 0.0% 25.0% 25.0%
藤岡佑介(0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%
松山弘平(0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%

山口勲 (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ステイゴールド  (3-2-0-2)42.9% 71.4% 71.4%
ハーツクライ   (2-2-0-4)25.0% 50.0% 50.0%
ジャングルポケット(0-1-0-8) 0.0% 11.1% 11.1%
シンボリクリスエス(0-0-1-1) 0.0% 0.0% 50.0%
アドマイヤドン  (0-0-1-0) 0.0% 0.0% 100.%

キングカメハメハ (0-0-0-5) 0.0% 0.0% 0.0%
ディープスカイ  (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
リーチザクラウン (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
タイキシャトル  (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
ルーラーシップ  (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%

乗り替わりは大きなプラス クリンチャー

inyofu ディープスカイ産駒。母の父ブライアンズタイム。
菊花賞は近年では最も時計の掛かるレベルで2着。激走後の回復が心配されたがその心配は払拭された。京都記念ではアルアイン・レイデオロ、モズカッチャン、ディアドラらG1馬4頭をおさえての優勝は価値が高い。阪神大賞典8勝を誇る武豊騎手への乗り替わりは大きなプラス材料で注目される。

有利に働く馬場 サトノクロニクル

inyofu 「シュヴァルグランの未熟版」という評価がこの馬にはピッタリではないかと思っています。 この馬の弱点は4角から直線にかけての勝負所でモタモタとするところであり、ここが改善されれば面白い存在であると思っています。 長距離に関する適性についてですが、菊花賞の惨敗は馬場の影響が大きいと見ております。 有馬記念は圧倒的に力が足りませんでした。 重賞初勝利となったチャレンジカップに関しては上手くこの馬を導いたデムーロ騎手の功績が大きいと思います。 ただ勝利した時計は非常に優秀であり、今の時計の出やすい阪神競馬場はこの馬にとって有利に働く馬場であると思っています。

チャンスは多いにありそう レインボーライン

inyofu 前走の有馬記念(G1)は9番人気で8着という結果だった。 3歳春以降は勝ち鞍に恵まれず惜しい競馬が続いているが、3歳時に菊花賞2着の実績があるので、長距離適性はあるとは思う。 今回この程度のメンバーなら久々に勝つチャンスは多いにありそう。

楽に逃げられる トミケンスラーヴァ

inyofu 前走はAJCC(G2)で7番人気で8着という結果だった。 前々走の京都芝3000Mの万葉S(オープン)を勝っているので、距離適性はあるのとこのメンバーなら楽に逃げられる可能性もある。 ノーマークの逃げで馬券圏内に流れ込むチャンスは無いとは言えないか。

阪神内回りへの対応力は高い アルバート

inyofu アドマイヤドン産駒。母の父ダンスインザダーク。
ステイヤーズSを3連覇、昨年ダイヤモンドS優勝いずれもR.ムーア騎手が騎乗。マラソンレース重賞で4勝を挙げている屈指のステイヤー。今回世界のR.ムーア騎手から福永騎手への乗り替わりは若干の割引は必要か。コーナーが8回ある中山内回りのステイヤーズSを制覇しているので、コース形態の似たコーナーが6回ある阪神内回りへの対応力は高いことが推測される。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のフィリーズレビューは、本命のアルモニカは6着と不的中。
けれど直線では夢を見ましたし、重賞でも十分やっていけると思いました。
連敗で沈みガチですが弱音を吐いてる暇もなく予想です。

阪神大賞典の本命(軸)はサトノクロニクルです

有馬記念では勝ったキタサンブラックとは0.7秒差の9着、
着差はあるものの先行してそんなに大きく負けなかった印象があります。
実績のある阪神コースでステイヤー色が強い血統背景もありながら、 馬券妙味がありそうなので。

◎サトノクロニクル
○クリンチャー
▲アルバート
☆レインボーライン
△トミケンスラーヴァ
△カレンミロティック

馬券は◎→○ワイド3点が本線

◎→○▲☆→○▲☆△△の3連複フォーメーション9点

ちなみにスプリングステークスはビッグスモーキーとレノヴァール複勝を買います。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line