TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/12(月)~2018年3/18(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/12(月)~2018年3/18(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/12(月)~2018年3/18(日)版。
先週はこちらの6ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、船橋(月〜金)、名古屋(火〜金)、園田(火〜木)、高知(火水、日)、佐賀(木、土日)
馬キュレ

2018年3/12(月)~3/18(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は3月14日(水)船橋競馬場の12R「三咲特別B3一」での474,570円であった。

ケイティブレイブ完勝!【ダイオライト記念】

inyofu 2 14日、船橋競馬場で行われた第63回ダイオライト記念(GII・4歳上・ダ2400m・1着賞金3200万円)は、先手を取った福永祐一騎手騎乗の1番人気ケイティブレイブ(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)が、2周目3コーナーで並んできた2番人気アポロケンタッキー(牡6、栗東・山内研二厩舎)を直線で振り切り、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分34秒8(稍重)。
ケイティブレイブが転厩初戦を見事白星発進。重賞7勝目で、これからもどんどんと新しい厩舎で活躍してもらいたい。

的場文男騎手7100勝達成!

inyofu 15日の船橋第4Rで、メイショウケンザン(牡6、船橋・伊藤滋規厩舎)に騎乗した的場文男騎手が勝利を挙げ、地方通算7100勝を達成。佐々木竹見元騎手(川崎)が樹立した地方通算勝利記録・7151勝の更新まで、あと52勝とした。
15日、7100勝を達成した的場文男騎手。佐々木竹見元騎手の記録更新まであと52勝であり、年内での新記録樹立は十分にあり得るだろう。

木村健騎手が調教師へ

inyofu 3月15日、地方競馬全国協会より地方通算3560勝(JRA6勝)を挙げた木村健騎手(兵庫)の調教師試験合格が発表された。

「いやぁ~、心臓バクバクでした。合格発表を待っている間は落ち着かなくて、厩舎の中をソワソワと行ったり来たりしとったんよ。ようやく今、ホッとしたところです」

 と笑顔で合格を報告した木村騎手。
怪我が原因で引退した兵庫のスター騎手木村健騎手が調教師試験に合格し、これから調教師として新たなスタートを切る。ぜひこれからも競馬ファンを楽しませてくれることを期待したい。

中野省吾騎手が免許失効、引退へ

inyofu 15日、NAR(地方競馬全国協会)の発表により、船橋所属の中野省吾騎手が来年度の騎手免許継続試験に不合格となったことがわかった。免許は今月31日付けで失効、その日までは騎乗可能だが、最短で再取得するには19年4月1日付けの南関東騎手免許試験に合格しなければならない。
inyofu 15日に来年度の騎手免許失効が明らかになった船橋競馬所属の中野省吾(26)が16日、騎手を引退する意向を表明した。この日、採決のため船橋に呼び戻された中野は「(31日までに)乗れれば乗りたいですけどね。来年度の(騎手免許)再受験は考えていません。騎手はもういいかなと思っています。第二の人生を歩むつもりです」と話した。
1年間の制裁回数15回などトップジョッキーとして活躍する一方で問題行動もちらついていた中野省吾騎手。免許失効から引退表明とショッキングなニュースが飛び出した。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻では船橋競馬場での474,570円が最高額であった。
的場文男騎手7100勝、木村健騎手が調教師へなどが話題となった今週。ケイティブレイブの転厩初戦勝利など今後も楽しみな話題もあった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line