TOP > 予想/馬券 > 優勝馬は全て関西馬!?【第62回大阪杯】予想まとめ
予想/馬券

優勝馬は全て関西馬!?【第62回大阪杯】予想まとめ

2018年4月1日(日)阪神競馬場で行われるGI【第62回大阪杯】は春の古馬中長距離GI戦線の幕開けだ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・大阪杯人気データ
1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-1-1-6)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-0-4-5)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-1-1-6)
7~9人 (0-4-0-25)
10人以下(0-0-0-34)

・大阪杯/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 2750円・ 7250円(1-7-4)
2009年/ 520円・ 1540円(3-1-4)
2010年/25640円・ 5060円(6-9-1)
2011年/ 6910円・10390円(1-8-3)
2012年/ 990円・ 1740円(6-1-2)
2013年/ 360円・ 770円(1-2-5)
2014年/ 7020円・ 1620円(2-6-1)
2015年/ 840円・ 1980円(4-1-6)
2016年/ 1470円・ 2540円(2-5-4)
2017年/ 2320円・ 4830円(1-7-4)

・大阪杯/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-2-2-0)
2.0~2.9倍 (3-1-0-0)
3.0~3.9倍 (2-0-0-3)
4.0~4.9台 (0-0-2-2)
5.0~6.9倍 (1-1-1-8)
7.0~9.9倍 (1-1-0-3)
10.0~14.9倍(1-0-4-11)
15.0~19.9倍(0-1-1-5)
20.0~29.9倍(1-0-0-4)
30.0~49.9倍(0-2-0-8)
50.0~99.9倍(0-2-0-15)
100倍以上  (0-0-0-34)
inyofu ・大阪杯/馬齢データ
4歳 (5-3-3-18) 17.2% 27.6% 37.9%
5歳 (4-3-2-23) 12.5% 21.9% 28.1%
6歳 (1-3-5-25) 2.9% 11.8% 26.5%
7歳上(0-1-0-27) 0.0% 3.6% 3.6%

・大阪杯/性別データ
牝馬  (2-0-2-5)
牡・セン(8-10-8-88)

・大阪杯 2018/所属データ
美浦(0-3-0-24)  0.0% 11.1% 11.1%
栗東(10-7-10-69)10.4% 17.7% 28.1%
inyofu ・大阪杯/枠データ
1枠(0-0-0-10)
2枠(0-0-2-9)
3枠(1-3-1-9)
4枠(2-0-1-11)
5枠(1-3-1-12)
6枠(1-1-2-15)
7枠(3-2-1-13)
8枠(2-1-2-14)

・大阪杯/馬番データ
1番 (0-0-0-10)
2番 (0-0-2-8)
3番 (1-2-0-7)
4番 (0-1-2-7)
5番 (2-0-0-8)
6番 (0-2-11-7)
7番 (1-2-1-6)
8番 (2-1-2-5)
9番 (2-0-0-7)
10番(0-0-0-9)
11番(2-1-0-6)
12番(0-0-0-7)
13番(0-1-1-2)
14番(0-0-0-4)
15番(0-0-1-0)
16番(0-0-0-0)

・大阪杯/脚質データ
逃げ(1-1-1-7)
先行(3-5-4-24)
差し(3-2-4-37)
追込(3-2-1-25)
inyofu 大阪杯/前走データ
有馬記念(3-1-3-9)
中山記念(3-1-0-13)
京都記念(1-2-2-8)
ジャパンC(1-1-1-2)
凱旋門賞(1-0-0-0)
アメリカJCC(0-1-1-2)
金鯱賞(0-1-1-4)
中日新聞杯(0-1-0-10)
小倉大賞典(0-0-0-5)
中京記念(0-0-0-6)
OP特別(1-0-0-15)
条件戦(0-1-0-3)

・大阪杯/前走着順別データ
1着  (0-2-4-11)
2着  (7-1-0-12)
3着  (1-3-2-9)
4着  (1-0-2-8)
5着  (0-2-1-3)
6~9着(1-2-1-22)
10以下(0-0-0-28)

・大阪杯/前走着差データ
負け1.0秒以上(0-0-0-32)

・大阪杯/前走人気別データ
1番人気 (2-2-2-8)
2番人気 (2-3-3-10)
3番人気 (0-2-2-15)
4番人気 (2-1-2-7)
5番人気 (1-0-1-7)
6~9人 (0-1-0-26)
10人以下(2-1-0-19)

・大阪杯/間隔データ
連闘(0-0-0-2)
2週(0-0-0-0)
3週(0-2-1-18)
4週(1-0-0-13)
5週~9週(4-5-2-32)
10週~25週(4-3-7-24)
半年以上(1-0-0-4)
inyofu ◎1番人気
(4-3-2-1)
◎単勝オッズ2.9倍以内
(4-3-2-0)
×10番人気以下
(0-0-0-34)
×単勝オッズ100倍以上
(0-0-0-34)
△7歳以上
(0-1-0-27)
◎前走5着以内だった馬で当日2番人気以内
(6-4-2-3)
✕前走10着以下
(0-0-0-28)
✕前走1.0秒以上負け
(0-0-0-32)
×前走G3・OP特別・条件戦で3番人気以下且つ当日7番人気以下
(0-0-0-34)
inyofu 3走前が前年9、10月のGⅡだった馬が3連勝中!

過去3年の大阪杯では、「3走前が前年9、10月のGⅡだった」という馬が優勝している。前年秋以降の出走回数が少なく、ゆったりとしたローテーションで臨んだことが好結果につながったのかも。ちなみに、昨年の優勝馬キタサンブラックは、3走前が京都大賞典、2走前がジャパンカップ、前走が有馬記念で、年明け初戦がこの大阪杯だった。

阪神2000m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 川田将雅(19-16-16-46)19.6% 36.1% 52.6%
M.デム(17-9-3-33) 27.4% 41.9% 46.8%
浜中俊 (9-8-12-55) 10.7% 20.2% 34.5%
福永祐一(8-9-9-61)  9.2% 19.5% 29.9%
幸英明 (6-7-7-90)  5.5% 11.8% 18.2%

池添謙一(5-4-5-40)  9.3% 16.7% 25.9%
戸崎圭太(5-3-2-20)  16.7% 26.7% 33.3%
松山弘平(4-6-8-64)  4.9% 12.2% 22.0%
四位洋文(2-7-3-25)  5.4% 24.3% 32.4%
北村友一(2-3-1-39)  4.4% 11.1% 13.3%

横山典弘(2-0-3-7)  16.7% 16.7% 41.7%
田辺裕信(2-0-0-3)  40.0% 40.0% 40.0%
酒井学 (0-1-8-44)  0.0% 1.9% 17.0%
三浦皇成(0-1-0-5)   0.0% 16.7% 16.7%
松岡正海(0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%

吉田隼人(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(35-27-21-133)16.2% 28.7% 38.4%
キングカメハメハ (20-13-13-93) 14.4% 23.7% 33.1%
ハーツクライ   (14-24-14-97) 9.4% 25.5% 34.9%
ステイゴールド  (14-13-7-82) 12.1% 23.3% 29.3%
ハービンジャー  (10-11-19-61) 9.9% 20.8% 39.6%

ゼンノロブロイ  (6-3-8-49)   9.1% 13.6% 25.8%
メイショウサムソン(4-3-1-45)   7.5% 13.2% 15.1%
シンボリクリスエス(4-2-6-50)   6.5% 9.7% 19.4%
ルーラーシップ  (4-2-2-16)  16.7% 25.0% 33.3%
スクリーンヒーロー(0-1-0-4)   0.0% 20.0% 20.0%

タートルボウル  (0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%
トーセンホマレボシ(0-0-0-3)   0.0% 0.0% 0.0%

主役候補に名乗り スワーヴリチャード

inyofu ハーツクライ産駒。母の父Unbridleds Song。
昨年のダービーは勝ち馬レイデオロの0秒4差の2着に惜敗。有馬記念では不利な外枠14番ながら、勝ち馬キタサンブラックに0秒2差届かず4着は負けて強しの競馬内容だった。ダービー時より約20キロ馬体重が増えてパワーアップした。G1大阪杯を制覇して18年度の主役候補に名乗りをあげることが出来るか注目される。

前走はここに向けての叩き台 アルアイン

inyofu 当たり前の話だが前走はここに向けての叩き台である一戦だった。
菊花賞の走りを見てもそうだが天皇賞・春は使わないだろうと思うし
大阪杯⇒宝塚記念のローテーションになってくる可能性は高そう。
前走より間違いなくパフォーマンスは上げてくるのはまず間違いないし
今回は人気にはなるが鞍上川田が続投で乗ってくる点も好感が持てる。

馬券外になる可能性は少ない サトノダイヤモンド

inyofu 一昨年の有馬記念では3歳ながらあのキタサンブラックを倒した馬です。 私の中ではこの馬が唯一、キタサンブラックに実力で勝負して勝利した馬だと思っています。 そもそもフランスのフォワ賞と凱旋門賞はシャンティィ競馬場でのものであり、さらに重馬場というコンディションでは日本の馬が好走できるわけがないと思っています。 この2戦でこの馬の評価を下げるのは決して得策ではないでしょう。 とにかくレースセンスの高い馬であり、状態さえまともなら馬券外になる可能性は少ないと見ていいのではないでしょうか。 このレースはディープインパクト産駒の好走率が高いレースであり、そのあたりを考慮すれば何らかの印は絶対に必要な馬かなと思っています。

潜在能力をだしてくる ダンビュライト

inyofu ルーラーシップ産駒。母の父サンデーサイレンス。
昨年のレコード決着の皐月賞は近年稀に見るハイレベルなレース。その勝機に皐月賞勝ち馬を除いた2着からら6着までの5馬すべて以後重賞勝ちをおさめている。ダンビュライトもその1頭で皐月賞3着からAJCCを今年優勝している。先行力に加えて内ラチを器用な脚ではしり距離ロスの少ない走りができ阪神内回りで潜在能力をだしてくる。

チャンスは有ると思う ミッキースワロー

inyofu 前走は明らかに叩き台の一戦だったので今回は状態面を上げてくる。
中山じゃないと滅茶苦茶強いパフォーマンスは今の所してないが
最後の坂でグッと伸びる馬なので阪神の最後の坂で伸びる可能性高い。
となってくると流れが向くようであれば当然チャンスは有ると思うのだが
何故か陣営は天皇賞・春に向けて作ってくると伏線を張っている。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回の高松宮記念は本命ファインニードルがハナ差を制して優勝!2度目のGIで初勝利を飾りました。
これでアドマイヤムーン産駒は昨年のセイウンコウセイから2年連続の勝利ですね。
ファインニードルが優勝したのも嬉しいですが、3着に10番人気のナックビーナスが入った事が嬉しい。
△印をつけた一番手で評価をしてました。何故かというと週中のレースまとめ 「連覇か!?春秋制覇か!?春のスプリント王決定戦!!」で過去の傾向5項目の内、
4項目に該当していたのがファインニードルとナックビーナスだけだったからです。
今回はそのデータに助けられて3連複159倍とワイド23倍獲る事ができました。

さぁこのまま3連勝と行きたいところですが、なかなか難しい1戦になりそうです。
本命はサトノダイヤモンドにしました。
金鯱賞でサトノノブレスがスローで逃げても、 叩き台に徹して完全に脚を量るように追い上げた同馬の巻き返しが最も好走の可能性が高いと判断。
また阪神は内外関係なく3戦負け無し、むしろ内回りの方が力を出せている感じがします。
鞍上だけが怖いですが・・・

印は

◎サトノダイヤモンド
○スワーヴリチャード
▲アルアイン
☆トリオンフ
△シュヴァルグラン
△ミッキースワロー
△ダンビュライト
△サトノノブレス

馬券は◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line