TOP > 競走馬 > 【2014年アイビスサマーダッシュ】適性十分!いざ重賞2勝目獲得へ! アースソニック
競走馬

【2014年アイビスサマーダッシュ】適性十分!いざ重賞2勝目獲得へ! アースソニック

昨年念願の重賞タイトルを手に入れ勢いに乗るアースソニック。勢いそのままに二つ目の重賞タイトルを獲得することはできるのか。
NAO_0087.アースソニック.800

芝1000mへの適性も十分!


◆アースソニックの競走成績はこちら

今や重賞でもよく見る顔となったアースソニック。すでに力的には重賞クラスである。さらに前々走に直線1000mのレースも経験し3着。詳しい内容は後述するが、好内容であった。したがって同条件の今回も十分通用するだろう。

コンマ1秒差の接戦! 2013年 桂川S

アースソニックが桂川Sを半馬身差ちぎり勝利した。レースでは好位のインコースにつけると、早めに直線で抜け出し押し切った。抜け出してからの粘り強さは素晴らしく、実力を十分に示した。

クビ差交わし初重賞制覇! 2013年 京阪杯

http://youtu.be/hDFzalORst4
アースソニックがクビ差勝利し、初重賞タイトルを手にした。レースでは好スタートから2番手のインコースで競馬を進めると、直線へ。逃げ馬アイラブリリが逃げ残りを図るもゴール寸前でかわし勝利した。

初のGⅠ挑戦も敗れる… 2014年 高松宮記念

アースソニックがGⅠ初挑戦ながら6着と健闘した。レースでは中団外目から競馬を進めると最後直線でしぶとく伸びた。メンバー構成を考えると好内容のレースであったと言えよう。

直線競馬初挑戦も3着と奮闘! 2014年 韋駄天S

inyofu 3着 アースソニック(田中博騎手)
「いい枠が当たったと思ったのですが、スタートがものすごく速いというわけではなく、追い出しを少し待たされる形になってしまいました。力のある馬ですから、ハンデがあってもここまで来てくれました」
アースソニックが直線1000mの競馬を初挑戦ながら3着と健闘した。レースでは中団から競馬を進めると最後しぶとく伸び3着。トップハンデ、直線競馬初挑戦ということを踏まえると見せ場十分な好内容であった。

陣営の期待大! 気配良好

inyofu 新潟開幕を告げる名物重賞・アイビスサマーダッシュ(3日)に出走予定のアースソニック(牡5=中竹)は、初めての直線競馬だった2走前の韋駄天S3着で適性を示した。「千二でも掛かっていくぐらいだし距離はいい。2回目なら、さらにやれそうな気がします。前走後にリフレッシュして疲れは抜けたし、気配はいいですね」と白倉助手。
アースソニックがアイビスSDを制覇に向け順調な様子だ。もともとややかかり気味になってしまうくらい行き脚はつく当馬。白倉調教師が言うように距離的にもベストであろう。前回から休養をはさみ、疲れも抜けたようであるし、気配も良好だ。

アイビスSD制覇に向けアースソニックは死角ない。前々走は直線1000mのレースに初挑戦であったにもかかわらず3着。初めてであり、さらにトップハンデを背負ったにしては上等の結果であろう。定量戦に変わる今回、巻き返しは必須である。ローテーション的には函館SSから直行となるが、中間も上手くリフレッシュ出来たようで体調面も問題ない。これで条件は整った。2つめの重賞制覇へ向けアースソニックがアイビスSDに挑む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line