TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/26(月)~2018年4/1(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/26(月)~2018年4/1(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年3/26(月)~2018年4/1(日)版。
先週はこちらの7ヵ所で開催されました。

水沢(月、日)、大井(月〜金)、金沢(月火、日)、名古屋(水~金)、園田(火〜木)、高知(火水)、佐賀(土)
馬キュレ

2018年3/26(月)~4/1(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は3月26日(月)金沢競馬場の11R「“ポッ”イントもらっちゃおう楽天競B1三」での1,696,180円であった。

ニュータカラコマ死亡

inyofu 25日、帯広競馬場で行われた第50回ばんえい記念(4歳上・200m・1着賞金1000万円)に出走したニュータカラコマ(牡10、ばんえい・尾ヶ瀬富雄厩舎)が、同レース中の事故で死亡していたことがわかった。ばんえい十勝が発表した。同馬は第2障害を下ったあとに転倒、立ち上がれず競走を中止した。
長きに渡って第一線で活躍してきたニュータカラコマが先日のばんえい記念での事故によって死亡していたことが明らかになった。多くのファンが悲しみ、その栄光の軌跡を讃えている。

的場文男騎手が日本一に

inyofu 27日、大井5Rでニシノムラサメに騎乗した的場文男騎手(東京都騎手会所属)は、地方競馬通算の騎乗数を40,202回とし、桑島孝春元騎手が持つ40,201回の日本記録を更新。“日本一馬に乗ったジョッキー”となった。
大井の帝王的場文男騎手が地方競馬通算40202回騎乗を達成で日本一の記録に。勝利数の記録も年内達成が十分あり得るので、さらなる偉業に期待がかかる。

敵なしの圧巻勝利、サムライドライブ【中京ペガスターC】

inyofu 28日、名古屋競馬場で行われた第2回中京ペガスターC(3歳・ダ1600m・1着賞金200万円)は、先手を取ってレースを進めた丸野勝虎騎手騎乗の1番人気サムライドライブ(牝3、愛知・角田輝也厩舎)が、直線で軽く追って後続を突き放し、最後は2着の3番人気キングブリス(セ3、愛知・角田輝也厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒7(良)。
向かうところ敵なしの連勝を続けるサムライドライブは中京ペガスターCでも勝利を果たし圧巻の9連勝。単勝元返しの人気に応えた。

サンライズソア初重賞制覇【名古屋大賞典】

inyofu 29日、名古屋競馬場で行われた第41回名古屋大賞典(GIII・4歳上・ダ1900m・1着賞金2100万円)は、先手を取ったM.デムーロ騎手騎乗の1番人気サンライズソア(牡4、栗東・河内洋厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の2番人気ミツバ(牡6、栗東・加用正厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒4(良)。
1番人気の期待を背負ったサンライズソアがついに名古屋大賞典で悲願の重賞初制覇を果たした。重賞で惜しい結果が続いていた彼にとってやっと勝ち取った勝利であった。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻では金沢競馬場での1,696,180円の高額配当が最高額であった。
ニュータカラコマ死亡の衝撃的なニュースもあったが、的場文男騎手の日本一やサムライドライブの9連勝などとんでもない記録も話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line