TOP > 競走馬 > 「ミスパンテール」重賞3連勝中!コンビ継続でGⅠ初制覇へ!【ヴィクトリアマイル】
競走馬

「ミスパンテール」重賞3連勝中!コンビ継続でGⅠ初制覇へ!【ヴィクトリアマイル】

昨年の暮れからターコイズS、京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞を3連勝しているミスパンテールが今週のヴィクトリアマイルに参戦する。この馬の持ち味は自在性。ターコイズSでは、最後の200mで一瞬の脚を使い他馬をまとめて交わし、京都牝馬Sでは大外一気、そして阪神牝馬Sは逃げて勝利と、逃げても追い込んでも強い馬となった。府中ではどんな走りを見せてくれるだろうか。そんなミスパンテールについて紹介しよう。
ミスパンテール

【ターコイズS】馬群から突き抜けて重賞初制覇!

秋の重賞で実績をつけた3歳馬のラビットランや、条件戦で常に安定した成績を残しているワンブレスアウェイ、フロンテアクイーンなどが出走していたこともあって、5番人気に甘んじた。中団に控えると、ハンデ戦ということもあって道中は団子状態のままで直線に向かう。馬群の真ん中にいたミスパンテールは残り100m地点から追い出し、フロンテアクイーンとラビットランの間をわずかにクビ差抜け出して勝利。1600万・GⅢと連勝を果たした。
動画を見る
inyofu 1着 ミスパンテール(横山典弘騎手)
「パドックからテンションが高かったのですが、返し馬では大丈夫でした。良いところにつけられて、思い通りのレースが出来ました。よく反応して狭いところに入れたし、素晴らしい切れ味を持っています。テンションは課題ですが、少しずつ大人になってくれれば良いですね」
inyofu (昆貢調教師)
「チューリップ賞の走りが本物だったということです。普段落ち着いているかが大事で、ローズSの時はイライラしていました。今日はリラックスしていたし、思い通りに来ていました。輸送は問題ではありません。まだ経験が浅くて、テンションが続けて2戦目くらいまでは我慢が利きますが、その先はまだ分かりません。まだ掴みかねているところもありますが、距離は2000mくらいまでは持つと思います。春はヴィクトリアマイルを焦点にして、どういうローテーションにするか、考えたいと思います。今日の結果からもう一つ上でもやれると感じています」

【京都牝馬S】大外一気で重賞2連勝!

前走のターコイズSの快勝劇もあってか堂々の1番人気に支持される。道中は中団よりやや前を進んでの競馬で直線に向かう。外にいたエスティタートに挟まれ追い出しが遅れてしまったが、しっかりと脚を溜めることができ、一瞬の切れ味を見せて差し切り、半馬身差ではあったものの着差以上の完勝をみせた。
動画を見る
inyofu 1着 ミスパンテール(横山典騎手)
「返し馬からテンションが高かったことが今日は気になりましたが、上手に走ってくれて良かったです。馬場の影響もあり、前回ほどの切れ味はありませんでしたが、よく頑張ってくれました」

【阪神牝馬S】まんまと逃げきり重賞3連勝!

前走の京都牝馬Sでは直線だけで差し切る競馬を見せたが、今回は好スタートを切ってレースの主導権を握る形となり、初めて逃げる競馬に。道中も先頭のまま直線に向かう。一度は2番手にいたレッドアヴァンセに交わされかけたものの、最後の最後まで二の脚を使って逃げ切った。
動画を見る
inyofu 1着 ミスパンテール(横山典弘騎手)
「先生と相談して、こういうレースも試してみたいと思っていました。良いペースで行けましたね。雰囲気的にはこんな流れになると思っていました。テンションが高いところが課題ですね」

【ヴィクトリアマイル】最終追い切り!非常に順調!

inyofu 1週前にCWコース単走でびっしり追われ、6F80秒5~1F11秒8をマーク。最終追いは気持ちを高ぶらせないように坂路単走でサッと。最後はサッと加速して、4F53秒9~1F12秒5をマークした。調教担当の西谷(レースは横山典)も「以前はテンションが高かったけど、今はオンオフが素晴らしい。それが結果につながってるね」と安どの笑みを浮かべる。4連勝の勢いに乗ったこの馬と陣営を止める者はいない。

ヴィクトリアマイルの傾向!前走で先行した馬が好成績!

inyofu 過去6年のヴィクトリアマイルの出走馬のうち、前走が国内のレースだった馬の、そのレースでの4コーナーの通過順別成績を調べると、「3番手以内」だった馬が3着内率31.6%と比較的優秀な成績を収めている。一方、「10番手以下」だった馬は3着内率6.7%とやや苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走で先行していた馬を高く評価すべきだろう。

クラシックではチューリップ賞で2着に入ったもののGⅠで精彩を欠き、秋華賞は賞金不足で駒を進めることができなかった。しかし昨秋の清水Sを制すと、勢いに乗って重賞を3連勝。横山典弘騎手とのコンビも継続となり、どのようなレースを見せてくれるか期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line