TOP > 競走馬 > 「ファストアプローチ」今週もこのコンビが重賞ジャック!実力は上位!【NHKマイルC】
競走馬

「ファストアプローチ」今週もこのコンビが重賞ジャック!実力は上位!【NHKマイルC】

未完の大器ファストアプローチがNHKマイルCに出走する。父は2013年に無敗で英2000ギニーを制したサドラーズウェルズ系種牡馬ドーンアプローチ、近親にはGⅠ馬サトノクラウンを持ち、札幌2歳Sでも強気の競馬で2着と健闘した。その後は歯がゆい競馬が続いているが、久しぶりの東京コースで一変を期待したい、そんなファストアプローチについてまとめてみた。
馬キュレ

【朝日杯FS】好位から粘りの走りも6着

8番枠からまずまずのスタートを切ると、シュミノー騎手が気合をつけて2番手の好位からレースを進める。しかし最後の直線でインの3番手で脚を溜めていたダノンプレミアムに内からかわされると、粘りの走りを見せながらも後続にも差し切られ6着でゴールした。
動画を見る
inyofu 6着 ファストアプローチ(シュミノー騎手) 「調教に2週跨り、手応えはつかんでいました。2番手で上手に競馬が出来ましたし、いい展開に持ち込めたと思ったのですが、久々の分でしょうね。人気はありませんでしたが、結果を出したかったので残念です」

【シンザン記念】スローペースに泣き4着・・・

この日はスタートで後手を踏んでしまい中団からのレースとなる。またレースの主導権を握ったカシアスがスローペースを刻んだことで先行馬有利の展開になり、最後の直線ではメンバー2位の末脚で内から差を詰めたものの、先頭争いには届かず4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 ファストアプローチ(M.デムーロ騎手) 「トビが大きい馬でこの馬場はあまり良くないと思います。今日はペースも遅く、瞬発力勝負になりました。この馬はエンジンがかかるのが遅いので展開が向きませんでした。エンジンがかかった後は素晴らしい伸び脚を見せてくれました」

【ニュージーランドT】伸びては来ているが・・・

スタートから行き脚がついて先行すると思われたが、前の馬が下がって来て中団のやや後ろまで下がる。4コーナーで外に持ち出して位置を上げて直線コースに向かうと、前がきれいに開かずちぐはぐな感じになってしまい、伸びてはいたが6着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 6着ファストアプローチ(田辺)もう一つかみ合ってくれば。

【NHKマイルC】最終追い切り!トレーナーのトーンは急上昇!

inyofu 蛯名騎手を背に美浦ウッドで5ハロン70秒4、ラスト12秒6をマーク。3頭併せの真ん中で絶好の手応えだった。「久しぶりにいい感じのファストアプローチ。本当にいい」と指揮官は絶賛。
inyofu 蛯名騎手も「昨夏より良くなっているし、具合は良さそう。強い相手とやってきた馬。楽しみはあるよ」と期待する。

NHKマイルCの傾向!直近の東京実績をチェック

inyofu 過去10年の出走馬180頭のうち、過去に東京競馬場・芝コースのレースに出走した経験を持つ馬は107頭いたが、その107頭の成績を直近の東京・芝コースのレースでの着順別にまとめると、「1着」組と「2着」組が連対率・3着内率で上位の数値を記録している。その一方で、「東京・芝コース不出走」組も10頭が3着以内に入っており、東京・芝コース未経験であっても軽視は禁物だろう。ただし、同組の3着内率は13.7%にとどまっていることから、直近の東京・芝コースのレースで連対していた馬をより重視した方がよさそうだ。

ここ3走はなかなか結果を残せていないが、うまくかみ合えば重賞・GIでも上位に食い込めるポテンシャルを持っている。藤沢和雄厩舎は今回3頭出しと猛攻体制。鞍上の蛯名正義騎手は先週の青葉賞を同馬主のゴーフォザサミットで制しており、今週もこのコンビが重賞をジャックするのか、そのあたりも注目したいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line