TOP > 競走馬 > 「アーモンドアイ」いざ2冠へ!衝撃の走りをもう1度!【オークス】
競走馬

「アーモンドアイ」いざ2冠へ!衝撃の走りをもう1度!【オークス】

桜花賞馬アーモンドアイが2冠目を狙ってオークスに出走する。父は新種牡馬ロードカナロア、母は2006年のエリザベス女王杯を制したフサイチパンドラという良血は、初勝利後に挑んだシンザン記念では牡馬相手、初の道悪ながら大外一気を決めて連勝を飾った。前走の桜花賞では直線大外からノーステッキで差し切って、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。そんなアーモンドアイについてまとめてみた。
アーモンドアイ

【未勝利】ノーステッキで突き抜け快勝!

11番枠からまずまずのスタートを切り、中団からレースを進める。直線では馬なりで上位に進出し残り200mで先頭に立つと、最後までステッキを入れることなく楽々と突き抜け、後続に3馬身半差をつけて初勝利を挙げた。
動画を見る
inyofu  ルメールは「初戦はこの馬には距離(新潟・芝1400メートル=2着)が忙しく、物見もしていた。今日は楽勝」と笑顔で振り返った。

【シンザン記念】目の覚めるような末脚で重賞V!

単勝1番人気に支持される。スタートで後手を踏み、後ろから2頭目で脚を溜める。直線の入り口まで追い出しを我慢し、直線で大外に出してスパートすると、稍重馬場ながら上がり最速34秒4の末脚で押し切りを図る先行馬を一気に差し切り、重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アーモンドアイ(戸崎圭太騎手) 「追い切りからいい馬と思っていました。道中の手応えは十分。ゲートで後ろからになってしまいましたが、この馬の脚は分かっていたので信じて乗りました。直線はいい伸びを見せてくれました。馬場の良くない中でこれだけの脚を使えますから、強い馬です。これから楽しみです」

【桜花賞】衝撃の走り!ノーステッキでGI制覇!

スタートからスッと後方に下げていくと、道中は外目を回り追い出しのタイミングを待つ。残り600mを切ったところで大外に持ち出されると、1頭だけ楽な手応えで追い上げて、ラスト100mでラッキーライラックを捕えると余裕たっぷりにゴールイン。1冠目をもぎ取った。

動画を見る
inyofu 1着 アーモンドアイ(ルメール騎手) 「後ろのポジションから、直線ですごい脚を使ってくれました。信じられないくらいで、すごくいい気持ちです。直線では自分から走り出してくれました。素晴らしかったです。後ろからだったので、前の馬だけを見ていました。直線ではバランスがすごく良かったです。瞬発力はアンビリーバブルでした。大人になってパワーアップしていました。ラッキーライラックは1番人気でしたが、1番自信がありました。距離だけが心配でした。スタートの後はスピードがあまり乗りませんでしたが、ラスト20mが一番素晴らしかったです。長い距離でもいけると思いますし、オークスでも勝てると思います。トリプルクラウンを考えてもいいでしょう」

【オークス】最終追い切り!圧巻の伸び脚で2冠達成へ自信!

inyofu 桜花賞馬アーモンドアイは、美浦・Wコースの6ハロンからゆっくり進めると、直線では自ら手前を替えてギアアップ。1馬身追走した外レッドローゼス(4歳1600万)に一瞬で追いついた鋭さは言うまでもなく、この日のハイライトはゴール板通過後だ。
inyofu 馬なりで6ハロン85秒0―12秒0。3歳牝馬ならこれで十分だろうが、輸送がないぶんを考え、ゴール後もしばらく手綱を緩めなかった。その裏には騎手、陣営の絶対的な信頼がある。
inyofu 国枝調教師「ハードというか、アーモンドアイにとっては普通と思えるメニューだから。息もすぐ入るし、心身ともに問題は全くない」
inyofu ルメール「手前を替える所、力を抜く所。自分の仕事を本当によく分かっている。ウィークポイントがまだ見つけられないよ」

オークスの傾向!上位人気馬が優勢

inyofu 2010年が1着同着だったため過去10年の優勝馬は11頭、そのうちの9頭が単勝10倍未満の支持を受けていた。また、2着馬は9頭中6頭が10倍未満だった。しかし、3着馬で10倍未満なのは3頭だけで、残る7頭は10倍以上だった。「20.0~49.9倍」の範囲からエリンコート(7番人気)とメイショウマンボ(9番人気)の2頭が優勝しているが、全体的には上位人気馬が優勢と言えるだろう。

前走の桜花賞の直線での走りはオルフェーヴルの1回目の凱旋門賞の直線の走りと同じ衝撃を感じるものがあった。幾多もの名馬に跨ったルメール騎手がトリプルクラウンを取れる存在とかなり期待も大きく、今では勝ち方に注目が集まっているほどである。新たなスターホースの誕生の瞬間を目撃できるのか、目が離せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line