TOP > 競走馬 > 「アップトゥデイト」一騎打ち再び!パートナーの引退に華を添えるか!?【中山グランドジャンプ】
競走馬

「アップトゥデイト」一騎打ち再び!パートナーの引退に華を添えるか!?【中山グランドジャンプ】

2015年の中山グランドジャンプの覇者であるアップトゥデイトが同レース2勝目を目指して今年も出走する。4歳秋から障害レースに転向すると、わずか半年で中山グランドジャンプを制覇し、同年末の中山大障害も制して2015年の最優秀障害馬に表彰された。その後は2,3着が続く惜しいレースもあったが、前走の阪神スプリングジャンプを圧勝して最高の状態で挑むアップトゥデイトについてまとめてみた。
アップトゥデイト

【阪神ジャンプS】圧倒的人気に応えて快勝!

単勝オッズ1.8倍の圧倒的1番人気で迎えた阪神ジャンプS。スタートからハナを奪っていくと、障害を飛越していくたびにリードを広げていく。最終の3,4コーナーでミヤジタイガに追いつかれるも、最後の直線でもうひと伸びして後続に6馬身差の大差をつけて圧勝した。
動画を見る
inyofu 1着 アップトゥデイト(林満明騎手) 「久々に勝てて良かったです。行く馬がいなければ行こうと思っていました。掛かっていましたが、ハナに行ったら折り合いました。ミヤジタイガが来たときにはそれほど余裕はなく、馬がフワッとする面もあったのですが、それでも勝てて良かったです」
inyofu (佐々木晶三調教師) 「行く馬がいないし、強気の競馬をしようとレース前に話していました。62キロでも力は一枚上と思っていました。この斤量で雨は気になりましたが、障害コースは丁度いい馬場になっていたようです。久々の勝利ですし、勝たないと暮れが盛り上がりませんからね。まだ7歳ですし、頑張ってほしいです」

【中山大障害】一世一代の逃げを打つも2着...

スタートでやや後手を踏んでしまうも、始めの障害を飛越してから2番手に浮上。1周目スタンド前で先頭に立つと、後続とのリードをどんどん広げていく。その後は20馬身以上の差をつける大逃げを打ち、最終コーナー手前ではオジュウチョウサンとの一騎打ちムードになる。直線では懸命に粘っていたが、ゴール前で差し切れてしまい無念の2着となった。
動画を見る
inyofu 2着 アップトゥデイト(林満明騎手) 「あれで負けたら仕方がないです。具合も良く、良い形で運べました。オジュウチョウサンは強いです」

【阪神スプリングジャンプ】ここでは負けられない!

単勝オッズ1.2倍の支持を受けたこのレース。スタートを決めてハナに立つと、後続に6,7馬身以上のリードを広げていく。最終コーナー前には後続が追いすがって来たが、抜群の手応えで直線に向かうと後続を寄せ付けることなく圧勝でゴールイン。
動画を見る
inyofu 1着 アップトゥデイト(林満明騎手) 「今日は後ろを考えずに競馬しました。ここで負ける訳にはいきませんからね。オジュウチョウサンとの再戦が楽しみです」
inyofu (佐々木晶三調教師) 「トビが平均的に上手で、いつもよりも楽でした。今日は本当に安心して見ていられました。強かったですね。背が高くなりました。8歳でまだ成長している珍しい馬です。本番に向けてもう少し良くなってくると思います」

【中山グランドジャンプ】追い切り 折り合ってラストを伸ばす!

inyofu アップトゥデイト(牡8、佐々木)はCウッド単走で6ハロン84秒4-12秒4。佐々木師が「調教でもムキにならず、しまいも良かった」と話す通り、折り合ってラストを伸ばした。
inyofu 「こんな馬は珍しい。8歳でもまだ背が伸びて成長している」と充実一途。「競馬のパターンは決まっている。差されたら相手が強いということ。直線に障害があるグランドJは暮れの大障害よりチャンス」と逃げ切りを狙っていた。

年明け以降に「1回」だけ出走していた馬が優勢

inyofu 7月に行われた2011年を除き、2007年以降に中山競馬場で行われた過去10回の出走馬について、年明け以降の出走回数別に成績を調べると、「1回」組が好走率でトップとなっている。「3回以上」組から2頭の優勝馬が出ているが、この2頭は2007年のカラジ、2013年のブラックステアマウンテンと共に外国調教馬だった。国内調教馬に限れば、年明け以降の出走回数が「1回」以外だった馬で優勝したのは、2015年アップトゥデイト(2回)だけだ。

鞍上の林満明騎手は障害レース2000回騎乗達成での引退を宣言しており、現在残り7鞍で引退となる。今年の林騎手の成績は(5,0,0,7)と勝つか負けるかの思い切りの良いレースをしているように見受けられる。最強のライバル、オジュウチョウサンを倒してパートナーの引退に華を添えることが出来るのか楽しみにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line