TOP > JRA競馬場/WINS > 「ジェネラーレウーノ」併せ馬で堂々先着!3連勝の勢いを生かす!【皐月賞】
JRA競馬場/WINS

「ジェネラーレウーノ」併せ馬で堂々先着!3連勝の勢いを生かす!【皐月賞】

京成杯を制したジェネラーレウーノが皐月賞に出走する。セレクションセールで3240万円の値が付いたスクリーンヒーロー産駒は、未勝利戦、葉牡丹賞と連勝し、1番人気に支持された京成杯でも2番手から堂々と押し切り、3連勝で重賞タイトルを手に入れた。3カ月間隔が空いたが、しっかりと仕上がった状態で大一番へ向かう。そんなジェネラーレウーノについてまとめてみた。
ジェネラーレウーノ

【未勝利】直線でさらに差を広げて逃げ切り勝ち!

8番枠から好スタートを決めると、押し出されるような形で先頭に立つ。前半1000m64秒1の超スローペースになり、3コーナーから気合をつけていくと、直線ではしぶとい伸びを見せて後続との差をさらに広げ、初勝利を飾った。
動画を見る
inyofu ルメール騎手は「ペースが遅くて物見をしていたので、3、4コーナーで押していった。長く脚を使ってくれたね。初戦も忙しい感じだったし、距離は2400メートルくらいあっていいかもね」と振り返った。

【葉牡丹賞】二枚腰で逃げ切り連勝!

6番枠からまずまずのスタートを切ると、田辺騎手が気合をつけて先手を奪う。前半1000m62秒0のスローペースに持ち込むと、最後の直線ではマイネルファンロンやシャルドネゴールドの追い上げを二枚腰で振り切り連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手) 「逃げても良いと言われていたので逃げました。物見がひどかったので、そうしたところが成長してくるともっと良くなると思います。切れるタイプではないので、ある程度のペースで引っ張る方がこの馬には向いているかもしれません」

【京成杯】2番手から押し切り3連勝!

大外15番枠から好スタートを決めると、内のコスモイグナーツに先手を譲り2番手からレースを進める。最後の直線に入るまで追い出しを我慢し、残り200mで先頭に躍り出ると、後続の追い上げを楽々と退けて3連勝で重賞タイトルを手に入れた。
動画を見る
inyofu 1着 ジェネラーレウーノ(田辺騎手) 「スタートで思っていた以上にポンと出てくれました。前回は先頭に立って物見をしていたので、今日は2番手から行ったところ、折り合いもしっかりつきました。直線で1頭になってしまうとフワフワ走ってしまうので、前に目標を置きながらレースをしました。まだこの馬の本気が分からないので、今後がとても楽しみです」
inyofu (矢野英一調教師) 「離れた2番手からのレースで、物見もせずに集中して走れたのは収穫です。チークピーシーズの効果でしょう。本来、終いの脚はもっと伸びるはずですし、距離はもっと延びてもいいはずです。この後は皐月賞へ直行する予定です」

【皐月賞】直前情報!併せ馬で堂々の先着!

inyofu 田辺裕信騎手を背に、ウッドチップコースで3頭併せの真ん中を追走。直線でステッキがビッシリ入ると勢い良く伸び、2頭に大きく先着した。
inyofu 田辺騎手は「競馬でも調教でもフワッとして、難しいというか不思議な馬なんですが、今日は割と素直に走り切ってくれました。何かするんじゃないかと思っていたが、淡々とこなして、それは良かったと思います」と合格点を与えた。

皐月賞の傾向!中距離重賞での実績に注目!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去2走以内における芝1800メートル以上の重賞での最高着順別に成績を調べると、連対馬20頭中14頭、3着以内馬30頭中19頭は最高着順が「1着」だった。「1着」組は好走率でも断トツの数値をマークしている。近走で芝1800メートル以上の重賞を勝利していた馬は、高く評価すべきだろう。
inyofu 東京競馬場で開催された2011年を除き、2007年以降に中山競馬場で行われた過去10回の皐月賞の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別に成績をまとめると、「先頭」「2~4番手」「5~9番手」の各組が勝率でほぼ同等の数値で並んでいる。しかし、連対率では「2~4番手」組と「5~9番手」組が数値を伸ばし、3着内率では「2~4番手」組だけが20%を超えている。フォーメーションを組む際には、参考になりそうなデータだ。

ジェネラーレウーノの生まれ故郷は日高町の新生ファーム。関東オークス2着のミスミランダーやすずらん賞を制したシーギリヤガールを輩出している牧場だが、昨年の暮れに当時の社長が交通事故で亡くなっている。その直後の今年1月にジェネラーレウーノが京成杯を制し、牧場にとって初めて中央の重賞制覇を果たした。皐月賞でも天国の前社長に笑顔を届ける走りを見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line