TOP > 競走馬 > 「キタノコマンドール」追い切りで好時計!広い東京で長くいい脚を使う!【日本ダービー】
競走馬

「キタノコマンドール」追い切りで好時計!広い東京で長くいい脚を使う!【日本ダービー】

皐月賞5着から逆転を目指すキタノコマンドールが日本ダービーで輝きを放つ。全姉デニムアンドルビーという血統だけでなく、ビートたけしが命名したことで多方面から注目を浴びているが、2走前のすみれSでは2分11秒7の好タイムで快勝を飾っており、実力も折り紙付き。皐月賞でも後方から脚を伸ばして5着を確保したが、長く良い脚を使えるという魅力もあり、東京替わりで持ち味を遺憾なく発揮したいところだ。そんなキタノコマンドールについて紹介する。
キタノコマンドール

【新馬】末脚勝負を制しデビュー勝ち!

8番枠からまずまずのスタートを切ると、中団より前目の5番手からレースを進める。前半1000m65秒8と超スローペースになったが、うまく折り合いが付き末脚を溜めていく。そして4コーナーで大外からスパートし脚比べに持ち込むと、最後の直線でも上がり33秒5の末脚を見せ、ゴール前で内に斜行しながらもクビ差抜け出してデビュー戦を白星で飾った。
動画を見る
inyofu 1着 キタノコマンドール(C・ルメール騎手) 「すごく良い感じで、ペースはすごく遅かったです。4コーナーでは大外に来て、そこから長く良い脚を使ってくれました。スパートが長かったので、ゴール前はしんどくなり、少しもたれましたが、最後の加速は速かったです。距離は問題なく、2000m以上でも大丈夫だと思います」

【すみれS】最後方から差し切り連勝!

7番枠からまずまずのスタートを切ると、福永騎手はスッと控えて最後方から末脚勝負に賭ける。ケイティクレバーがマイペースで逃げる中、4コーナーで外に出してスパートを開始すると、内にヨレながらも上がり33秒8の末脚で逃げるケイティクレバーを差し切り、2分11秒7の好時計で連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 キタノコマンドール(福永祐一騎手) 「完勝でしたね。4コーナーでコズミックフォースが動かなかったので、どうしようと思いましたが、勝ちに行こうと動いて行きました。そうするとビューンという伸び脚でした。調教ではまだフラフラしたところもあるのですが、競馬では凄く反応がいいです。今日ももう少し前目でレースをしたかったですし、右にもたれる面があり、それだけ伸びしろがあるということでしょう。左回りがベターだし、ダービーは合いそうです。新馬から良化度合が大きく、これからが楽しみです」

【皐月賞】外からじりじり伸びるも・・・

3枠5番からまずまずのスタートを切り、道中は最後方に控えて終始外を回っての追走になった。最後の直線では大外からワグネリアンと並んで追い込んできたが、前には届かず5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 キタノコマンドール(M.デムーロ騎手)
「あの展開では厳しいです。落ち着いてスタートも出ましたし、状態はすごく良かったです。最後は瞬発力がなくなってしまいました」

【東京優駿】最終追い切り!実力馬との併せ馬で好時計!

inyofu 皐月賞5着キタノコマンドールは、栗東CWコースでトゥザクラウン(古馬1000万下)を5馬身、ペルシアンナイト(古馬OP)を2馬身追走。最内から前2頭には遅れたが、6F82秒1-66秒8-51秒9-37秒7-11秒7と動いた。「順調。コズミのほうは徐々にましになってきている。2400メートルはいいでしょう。左回りのほうが最後は追いやすいと思う」と池江調教師。

日本ダービーの傾向!前走3~5番人気馬が勝率上位!

inyofu 過去10年の出走馬について前走の単勝人気別に成績をまとめると、「3~5番人気」の各組の勝率が10%を超えている。また、連対率では「1~5番人気」の各組が10%を超えている一方で、「6~9番人気」・「10番人気以下」は3%未満にとどまっている。3着内率でも「1~5番人気」の各組が20%以上なのに対して、「6番人気以下」の2組は8%未満と、大きな差がついている。

全姉は2013年のジャパンCで2着、2015年の宝塚記念でも2着と健闘したデニムアンドルビーがおり、東京コースは初めてではあるものの、血統的に見れば全く苦にならないコースである。鞍上のM・デムーロ騎手は、既に日本ダービーで2勝を挙げており、大舞台での勝負強さはなかなかのもの。話題性だけでなく、実力もトップクラスであることを証明する。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line