TOP > 競走馬 > 「ナムラアラシ」好調キープ!牧田厩舎でも目の覚めるような末脚を!【アンタレスS】
競走馬

「ナムラアラシ」好調キープ!牧田厩舎でも目の覚めるような末脚を!【アンタレスS】

切れのある末脚で連勝中のナムラアラシがアンタレスSに出走する。昨夏のオープン入り後は今ひとつの走りが続いていたが、今年のアルデバランSで大外一気を決めてオープン初勝利を挙げると、前走の仁川Sでは今度は馬群をさばいて差し切り、目野哲也調教師の引退に花を添えた。今回は牧田和弥厩舎への転厩緒戦となるが、好調をキープして目の覚めるような末脚を見せられるか。そんなナムラアラシについてまとめてみた。
ナムラアラシ

【浦和記念】好位からの競馬も脚色鈍り4着

スタートは五分だったが、行き脚がついて5番手から先行グループを見ながらレースを進める。2周目向正面から外に出して徐々に位置を押し上げて行くと、3コーナーでは先行していたヒガシウィルウィンをかわして2番手まで浮上する。しかし4コーナーでヒガシウィルウィンに盛り返されると、直線では脚色が鈍り4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 ナムラアラシ(福永祐一騎手) 「いい形で行けましたが、そこから上がって行けませんでした」

【アルデバランS】末脚弾け快勝!

最内枠からまずまずのスタートを切ると、スッと控えて中団よりやや後ろからレースを進める。道中は内でじっと脚を溜め、最後の直線でうまく外に進路を切り替えると、3ハロン36秒4の末脚で鮮やかに差し切り勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 ナムラアラシ(福永祐一騎手) 「今日は切れました。直線で外に出せたのが良かったです。ゲートも出てくれましたし、良い脚でした」
inyofu 1着 ナムラアラシ(目野哲也調教師) 「期待通りに走ってくれました。前回は爪を傷めて走れていませんでしたが、今日はスムーズで良かったです」

【仁川S】目野調教師の花道を飾る連勝!

最内枠からまずまずのスタートを切ったが、芝スタートで行き脚がつかず、今回も後方からレースを進める。道中は内で脚を溜めると、最後の直線では馬群の間を縫って追い込み、押し切りを図るサンライズソアを鮮やかに差し切り連勝。定年を迎える目野哲也調教師の引退に花を添える勝利を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 ナムラアラシ(福永祐一騎手) 「芝スタートでいつもより置かれましたが、馬の力を信じて乗りました。内のスペースが開くのを待って、狭いところからしっかりと伸びてくれました」

【アンタレスS】直前情報!転厩後も好調キープ!

inyofu 定年した目野調教師から引き継いだ牧田調教師は「攻め馬はあまり動かないと聞いていたけど、いい馬体をしているし、体調面も変わりなくきています。実績を残す舞台なので楽しみ」と語った。
inyofu ▼ナムラアラシ(仁科厩務員)順調に乗り込めている。

アンタレスSの傾向!若い馬が好成績!

inyofu 過去10年の出走馬の年齢別成績を調べると、8歳以上の馬は3着以内に入った例がない。また、3着内率は若い馬ほど高くなっている。年齢が若い馬ほど信頼できるレースと言えそうだ。
inyofu また、過去10年の3着以内馬延べ30頭中、2009年2着のワンダースピードを除く29頭は、通算出走数が「30戦以内」だった。高齢馬だけでなく、キャリアが豊富な馬も評価を下げたい。

今年に入ってから鮮やかな差し切りで連勝を挙げているが、引退目前だった目野哲也元調教師の渾身の仕上げに馬も騎手も応えたことも要因のひとつだろう。環境は変わったが、馬自身も成長を遂げており、重賞での活躍に期待しても良さそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line