TOP > 予想/馬券 > 【札幌新馬戦 2歳牝馬】良血馬がついにデビュー!トーセンビクトリー
予想/馬券

【札幌新馬戦 2歳牝馬】良血馬がついにデビュー!トーセンビクトリー

父も母もGⅠ馬、重賞戦線を賑わす兄弟、そして姉にはセリ最高価格6億円馬など話題性あふれるトーセンビクトリーがついにベールを脱ぐ。
102766597.800

ついに8月3日デビュー!

top_トーセンビクトリー(セレクトセール)
inyofu 注目の2歳牝馬トーセンビクトリーが、8月3日の新馬戦(札幌・芝1800メートル)でベールを脱ぐ。全兄に重賞5勝のトゥザグローリー、報知杯弥生賞の勝ち馬で皐月賞2着のトゥザワールドがいる素質馬。昨年のセレクトセール1歳市場では、1億500万円の値を付けた。どんな走りを見せるか、目が離せない。

鞍上は四位洋文騎手!

inyofu 札幌日曜5Rでデビューする話題の新馬トーセンビクトリー(牝=角居、父キングカメハメハ)の鞍上は武豊の骨折負傷により空白となっていたが29日、四位に決まった。

活躍馬揃いの血統!父キングカメハメハはダービー馬

◆キングカメハメハのデータはこちら

母トィザヴィクトリーもGⅠ馬!

◆トィザヴィクトリーのデータはこちら
トィザヴィクトリーはGⅠエリザベス女王杯を制した他、ダートのドバイワールドカップでも2着に健闘した。

兄トゥザグローリーも活躍!

◆トゥザグローリーのデータはこちら
3歳時にはダービーにも出走し、これまで制した重賞は2010年中日新聞杯(GIII)・2011年京都記念(GII)・2011年日経賞(GII)・2012年日経新春杯(GII)・2012年鳴尾記念(GIII)の5つ。

一つ上の兄トゥザワールドも4連勝で皐月賞に挑み2着に活躍!

◆ トゥザワールドのデータはこちら

全兄弟にはセレクトセールで史上最高価格馬も!

inyofu 2006年に産んだ3番仔のディナシー(牝馬/父キングカメハメハ)が、同年のセリ市「セレクトセール」にて6億円の高額落札に至ったのである。これは当歳(0歳)のセリ市における世界最高額だった。

残念ながら6億円ホースのディナシーはデビューすることができなかったが、同じく父キングカメハメハの兄2頭の活躍からも、トーセンビクトリーへの期待は大きい。

関係者も大絶賛!

inyofu 馬体は460キロ前後で、前川助手は「少し臆病なところはありますが、フットワークは素晴らしい。こんな馬はめったにいない」と絶賛しています。

ここにも馬名文字数問題

近年になり競走馬の数も増えてきたことから、馬主の間でも馬名ネタがなくなってきているそうだ。そしてさらに馬名9文字以内という制限の中で、今回のトーセンビクトリーにしても母トゥザヴィクトリーから連想して、トーセンヴィクトリーにしたかったのは間違いない。こういった問題を解消すべく、いずれ馬名10文字時代が来るのだろうか。

毎年クラシック戦線に大物を送り出してくる「トーセン」の冠名でおなじみの島川オーナー。今年の第一の矢はこのトーセンビクトリーだ。この兄弟の中でも8月デビューは早いほうで、早い時期から賞金を稼いでクラシックに名乗りをあげそうだ。2015年シーズンのクラシックを楽しむために、まずはこの良血馬をデビューから追っていくと面白さも倍増することだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line