TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年4/2(月)~2018年4/8(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年4/2(月)~2018年4/8(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年4/9(月)~2018年4/15(日)版。
先週はこちらの7ヵ所で開催されました。

水沢(月、土日)、船橋(月〜金)、金沢(火、日)、名古屋(火~金)、園田(火〜木)、高知(土日)、佐賀(木、土)
馬キュレ

2018年4/9(月)~4/15(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は4月14日(土)水沢競馬場の10R「駒形賞B1」での2,900,320円であった。

圧倒的人気に応えたカツゲキキトキト【東海桜花賞】

inyofu 10日、名古屋競馬場で行われた第58回東海桜花賞(4歳上・ダ1400m・1着賞金500万円)は、先団の後ろでレースを進めた大畑雅章騎手騎乗の1番人気カツゲキキトキト(牡5、愛知・錦見勇夫厩舎)が、3~4コーナーで前に並びかけて直線抜け出し、2着の6番人気ポルタディソーニ(牝4、愛知・瀬戸口悟厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒6(良)。
圧倒的1番人気を背負ったカツゲキキトキトが東海桜花賞を制した。前走のG3名古屋大賞典は5着に負けてしまったがここではしっかり人気に応える形に。

吉田晃浩騎手が地方1000勝達成!

inyofu 10日、金沢2Rでフォールデンパレス(牝3、金沢・鈴木長次厩舎)が1着となり、騎乗していた吉田晃浩騎手が地方通算1000勝目をあげた。5921戦目での達成。
2005年に厩務員になったのち、2007年に再デビューして1000勝を達成した珍しい経歴での記録達成となった。

アンジュデジールが逃げ切って重賞連勝【マリーンC】

inyofu 11日、船橋競馬場で行われた第22回マリーンC(GIII・3歳上・牝・ダ1600m・1着賞金2500万円)は、先手を取った横山典弘騎手騎乗の2番人気アンジュデジール(牝4、栗東・昆貢厩舎)が、そのまま直線に入って、内から迫る1番人気クイーンマンボ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)、外から追い上げてきた4番人気ヤマニンアンプリメ(牝4、栗東・中村均厩舎)を振り切り優勝した。勝ちタイムは1分41秒2(良)。
2番人気に推されたアンジュデジールが1番人気クイーンマンボ、4番人気ヤマニンアンプリメらを振り切っての嬉しい重賞2連勝であった。

アゼツライトが6馬身差圧勝【菊水賞】

inyofu 12日、園田競馬場で行われた第50回菊水賞(3歳・ダ1700m・1着賞金500万円)は、先手を取った川原正一騎手騎乗の2番人気アゼツライト(牡3、兵庫・荒山義則厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の4番人気フセノラン(牝3、兵庫・盛本信春厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒1(良)。
2番人気アゼツライトが他を寄せ付けない6馬身差をつけての大勝利を果たした。まずは兵庫3冠の1冠目を獲得。この勢いは止まらないか。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻では水沢競馬場で200万円超えの高額配当が飛び出し、これが今週の最高額であった。
吉田晃浩騎手の珍しい経歴での1000勝達成、アゼツライトの6馬身差での兵庫一冠目を獲得などが話題となった一週間であった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line