TOP > 競走馬 > 「ワンブレスアウェイ」重賞制覇まであと一歩!申し分ない仕上がり!【七夕賞】
競走馬

「ワンブレスアウェイ」重賞制覇まであと一歩!申し分ない仕上がり!【七夕賞】

2017年の札幌2歳Sを制したロックディスタウンを半妹に持つワンブレスアウェイが七夕賞に出走する。新馬戦を勝利後クラシックを目指したものの、なかなか勝ち上がることが出来ず、オープンクラス入りを果たしたのは2017年の夏である。そこからは重賞に果敢に挑戦しているものの、着差こそわずかであるが結果が出ない時期が続いていたが、前走のマーメイドSではうまく立ち回って2着と好走。重賞制覇まであと一歩までところまで到達した。そんなワンブレスアウェイについてまとめてみた。
ワンブレスアウェイ

【中山牝馬S】人気に推されるも...

オープン昇級後の3戦はいずれも掲示板外だったが、単勝4番人気に支持される。遅れ気味のスタートと、前をふさがれてしまい後方からの競馬を余儀なくされる。後方外目につけていくも、1000m通過が1分01秒3と遅い流れでレースは流れて、直線コースで外から脚を伸ばすも、前をカットされるシーンもあり11着に終わってしまった。
動画を見る
inyofu 戸崎圭太騎手(ワンブレスアウェイ=11着)「昔はポンと出たんだが…。スタートで出てくれないので」

【福島牝馬S】追い上げは見せているものの...

スタートで出遅れてしまい後方からの競馬となる。道中は後方2番手からじわじわとポジションを上げていって、勝負所では内目で我慢して直線に向かうと、最内から差を詰めていたが6着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 6着ワンブレスアウェイ(津村)ゲートが…。開く寸前まではおとなしかったんですけど。

【マーメイドS】重賞制覇まであと一歩の2着!

出遅れずにスタートを切って、終始内ラチ沿いの6,7番手辺りを進んで、スタミナを温存していく。勝負所で外から上がってくる馬がいても内で我慢して直線に向かうと、馬群を縫って最後はアンドリエッテとの叩き合いになるも、クビ差届かずに2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 ワンブレスアウェイ(津村騎手) 「ゲートを何とか出てくれて、いい位置で競馬ができました。返し馬のときから雰囲気がよくて、勝負になる気配がありましたがもう少しでした」

【七夕賞】追い切り 余裕の手応えでリラックスした走り!

inyofu ワンブレスアウェイは南ウッドで単走。終始リラックスした走り。ラストも余裕の手応えで5ハロン67・5―38・7―12・6秒をマークした。
inyofu 土谷助手「先週の中と末に、しっかりと負荷をかけたので直前は軽めでOK。仕上がりは申し分ない。あとはゲートを互角に切れれば」

七夕賞の傾向!大型馬より中型馬!

inyofu 過去10年の3着以内馬のうち前走が国内のレースだった延べ30頭中、2012年3着のミキノバンジョーを除く29頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの馬体重が「510キログラム未満」だった。なお、前走が“国外のレース”だった2013年2着のトレイルブレイザーも、“国内のレース”における最高馬体重は498キログラムだった。馬体重の重い馬は過信禁物と見るべきだろう。

前走のマーメイドSは最高の立ち回りで2着と、重賞制覇まであと一歩のところまできている。福島コースは2戦して1勝、6着となった福島牝馬Sでも差の無い競馬をしており、適性はあると言っても過言ではない。仕上がりは上々で、前走のように器用に立ち回れば悲願の重賞制覇も夢ではない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line