TOP > 競走馬 > 「ノームコア」昨年ワンツーのハービンジャー産駒!先行押し切りを狙う!【フローラS】
競走馬

「ノームコア」昨年ワンツーのハービンジャー産駒!先行押し切りを狙う!【フローラS】

スピードを生かした先行で結果を残すハービンジャー産駒ノームコアがフローラSに出走する。福島の新馬戦で2番手追走から直線で突き抜け快勝すると、アスター賞ではスローペースから33秒台の末脚で押し切り連勝を飾った。そして半年ぶりの実戦となったフラワーCでも先行策から3着に粘った。大目標のオークスに駒を進めるべく、開幕週の府中を軽快に駆け抜ける。そんなノームコアについてまとめてみた。
ノームコア

【新馬】2番手から突き抜け快勝!

4番枠から好スタートを切ると、行き脚がつき2番手の好位からレースを進める。道中は2頭で淡々と逃げる形になり、残り400mで先頭に躍り出ると、直線では後続を再び突き放し3馬身半差の快勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ノームコア(石川騎手) 「追い切りに2週乗って、今週の動きが良かったので、折り合えば強気に乗っても大丈夫だと思っていました。センスがありますし、能力は高いです」

【アスター賞】スローペースにも対応し連勝!

7番枠からまずまずのスタートを切ると、この日も行き脚がついて2番手からレースを進める。道中は前半1000m61秒4のスローペースで流れ、直線に入ってすぐに先頭に立つと、後続の追い上げを楽々と振り切り連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ノームコア(北村宏司騎手) 「気持ちがすごく前向きで、一生懸命走ってくれました。コースに合わせて急かして競馬をしている分、少しもたつきましたが、もっと距離があればもっといいストライドで走れると思います。まだまだ可能性がありそうです」

【フラワーC】休み明けも粘り腰で3着!

3番手からまずまずのスタートを切り、この日も2番手の好位からレースを進める。道中はスローペースになり、直線でも内で粘り腰を発揮し3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ノームコア(北村宏司騎手) 「返し馬と比べてレースでは落ち着いていました。最後まで頑張っていました。休み明けとしては良い内容でした」

【フローラS】直前情報!キビキビした動きで好調キープ!

inyofu フラワーC3着のノームコアは18日、美浦Wを単走で追われ、5F69秒0-38秒8-12秒6をマーク。馬なりのままだったが、キビキビしたフットワークで馬場のほぼ真ん中を気持ち良さそうに駆け抜けた。
inyofu 「追い切りの動きが良く、いい意味で平行線といった感じで出られそう」と萩原師も好感触だ。

フローラSの傾向!過去2走に注目!

inyofu 過去10年の優勝馬10頭の過去2走の距離と着順を調べると、いずれも過去2走で芝1600メートル以上のレースに出走し、最低1度の連対を含め、2走とも4着以内に入っていた。今年の出走馬にもそのような馬がいるかどうか、過去2走の距離と着順はチェックしておきたい。
inyofu 過去10年の出走馬の年明け以降の出走回数別成績を調べると、「3回以上」組が好走率でトップの数値をマークしている。3着内率では「1回」組も20%を超え、僅差の2番手につけている。その一方で、出走頭数65頭の「2回」組からは優勝馬が出ていないうえ、連対率・3着内率が最も低い数値になっている。出走頭数がほぼ同じ(68頭)で8勝を挙げている「3回以上」組と比較しても、「2回」組が苦戦していることがわかる。

ノームコアはハービンジャー産駒だが、昨年のこのレースではモズカッチャン、ヤマカツグレースとハービンジャー産駒がワンツーフィニッシュを果たしている。エポカドーロで皐月賞を制した戸崎圭太騎手とのコンビでオークスへの切符を掴む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line