TOP > 競走馬 > 「ロジクライ」ハーツ産駒らしい成長ぶり!シンザン記念勝ち馬が復活へ!【マイラーズC】
競走馬

「ロジクライ」ハーツ産駒らしい成長ぶり!シンザン記念勝ち馬が復活へ!【マイラーズC】

2016年のシンザン記念で後の桜花賞馬ジュエラーを破って勝利したロジクライが今週のマイラーズCに出走する。シンザン記念を制しG1での活躍も期待されたが、その後は故障で長期休養を余儀なくされる。しかし2017年暮れから復帰すると、復帰3戦目の節分Sで逃げ切り勝ちを収めOP入りを果たし、前走の六甲Sでも直線で突き抜け連勝を飾った。GⅡでも上位に食い込めるか。そんなロジクライについて紹介する。
ロジクライ

【新春S】復帰2戦目で先行し2着!

約2年ぶりの実戦となった前走の元町Sで7着と健闘したロジクライは今回3番人気に推される。レースは3番手の好位につけて脚を溜める。直線では3番手から差し切りを図ったが、逃げていたエンジェルフェイスを捕らえることができず2着に敗れた。しかし、復帰2戦目で本来の能力を再び見せることができた。
動画を見る
inyofu 2着 ロジクライ(浜中俊騎手)
「ペースは遅かったのですが、最後良く追い上げてくれました。結果的に自分で行けば良かったです。控えて型にはめたレースをしたのが裏目に出ました」

【節分S】逃げ切ってOP入りを果たす!

先行策を取った前走とは一転して、今回は逃げの手に出る。道中はマイペースに持ち込み、直線に向かうと後にダービー卿CTを制すヒーズインラブの追い上げを退けて、後続を完封。見事に逃げ切ってOP入りを果たした。
動画を見る
inyofu 1着 ロジクライ(内田博幸騎手)
「ムキになってハナへ行ったわけではありませんし、道中の手応えも楽でした。準オープンでは力が違います。まだまだこれから良くなると思います」

【六甲S】好位追走から好タイムで連勝!

前走は好スタートを切って逃げの手に出たのだが、今回は以前と同様の先行策に出る。道中はしっかりと折り合いがつき、いい手応えで直線に向かう。残り200mで先行したトラストをかわして先頭に立つと、その後も脚色は衰えず、上がり2位の脚を使って押し切り、1分32秒9の好タイムで連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ロジクライ(浜中俊騎手)
「調教ですごい動きをしていましたし、もともと重賞勝ち馬ですから力が違いました。まだ重賞での活躍を期待したいですね」

【マイラーズC】最終追い切り!余力十分で好時計マーク!

inyofu 3歳時に同じ京都マイルの重賞、シンザン記念を勝っているロジクライは、長期ブランクを経ながらも着実に本格化軌道に乗ってきた。先週に坂路で4ハロン50秒6の好時計をマークし、今週は馬なりで余力十分に4ハロン53秒3-12秒4と気配は上々だ。須貝調教師も「文句のつけようがないし、オープン馬の風格も出てきたね」と笑みを浮かべた。前走のオープン特別・六甲Sを完勝してのGII挑戦となるが、「勝ち時計も優秀だったし、この辺がハーツクライの成長力かな。ここでも楽しみやね」と、前向きの姿勢を崩さない。

マイラーズCの傾向!前走で上位人気に推されていた馬は堅実!

inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、前走が国内のレース、かつそのレースでの単勝人気が「4番人気以内」だった。該当馬は3着内率が31.0%に達している。前走の内容を比較する際は、着順だけでなく、単勝人気にも注目すべきだろう。

2年にわたるブランクで伸び盛りの時期を棒に振ったと思われたが、ハーツクライ産駒らしく4,5歳になってから再び成長を見せており、重賞でも勝負できる態勢が整った。今回は勢いのある馬が揃っているが、ロジクライも連勝中の勢いで再び重賞タイトルを手に入れる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line