TOP > 予想/馬券 > 中山牝馬組が中心!?【第15回福島牝馬ステークス】予想まとめ
予想/馬券

中山牝馬組が中心!?【第15回福島牝馬ステークス】予想まとめ

2018年4月21日(土)福島競馬場で行われるGIII【第15回福島牝馬ステークス】はヴィクトリアマイルへの優先出走権が与えられる前哨戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去9年の傾向(2011年新潟開催を除く)

inyofu ・福島牝馬S/人気データ
1番人気 (2-1-2-5)
2番人気 (0-1-1-8)
3番人気 (3-1-2-4)
4番人気 (0-4-0-6)
5番人気 (2-1-0-7)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (2-1-0-27)
10人以下(1-1-5-62)

・福島牝馬S/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 3330円・ 4240円(3-4-1)
2009年/13060円・145730円(7-11-13)
2010年/ 3710円・ 6540円(5-4-3)
2011年/ 5750円・14380円(9-5-3)
2012年/ 1100円・ 2540円(1-4-2)
2013年/ 830円・11750円(1-3-10)
2014年/ 1440円・45330円(5-2-16)
2015年/ 6490円・153060円(3-9-13)
2016年/11130円・84650円(15-1-13)
2017年/ 3170円・ 3600円(3-4-1)

・福島牝馬S/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-0-0)
3.0~3.9倍 (1-0-2-3)
4.0~4.9台 (0-1-0-4)
5.0~6.9倍 (1-2-3-9)
7.0~9.9倍 (4-3-0-13)
10.0~14.9倍(1-1-0-18)
15.0~19.9倍(1-1-0-12)
20.0~29.9倍(0-1-0-24)
30.0~49.9倍(0-0-3-14)
50.0~99.9倍(1-0-1-20)
100倍以上  (0-0-1-12)
inyofu ・福島牝馬S/馬齢データ
4歳 (3-5-3-65) 3.9% 10.5% 14.5%
5歳 (5-5-3-40) 9.4% 18.9% 24.5%
6歳 (1-0-3-15) 5.3% 5.3% 21.1%
7歳上(1-0-1-9) 9.1% 9.1% 18.2%

・福島牝馬S/所属データ
美浦(4-6-7-72) 4.5% 11.2% 19.1%
栗東(6-4-3-57) 8.6% 14.3% 18.6%
inyofu ・福島牝馬S/枠データ
1枠(1-2-1-13)
2枠(1-0-1-16)
3枠(3-0-2-13)
4枠(4-2-0-12)
5枠(0-0-3-15)
6枠(0-3-0-15)
7枠(0-0-2-16)
8枠(0-2-0-16)

・福島牝馬S/馬番データ
1番 (0-0-1-8)
2番 (1-2-0-6)
3番 (1-0-0-8)
4番 (0-0-1-8)
5番 (0-0-1-8)
6番 (4-0-1-4)
7番 (0-1-0-8)
8番 (3-1-0-5)
9番 (0-0-2-7)
10番(0-1-1-7)
11番(0-1-0-8)
12番(0-1-0-8)
13番(0-0-1-8)
14番(0-0-1-8)
15番(0-0-0-9)
16番(0-2-0-6)

・福島牝馬S/脚質データ
逃げ(1-0-2-8)
先行(4-3-4-18)
差し(3-3-2-52)
追込(1-3-1-36)
マクリ(0-0-0-2)
inyofu ・福島牝馬S/前走データ
重賞(10-7-6-81)
├中山牝馬S(9-7-4-50)
├愛知杯(1-0-0-5)
├阪神牝馬S(0-0-0-11)
└京都牝馬S(0-0-2-2)

OP特別(0-1-1-16)
1600万下(0-1-3-18)
1000万下(0-1-0-13)

前走中山牝馬S
1着  (0-1-0-1)
2着  (4-1-1-1)
3着  (1-1-1-3)
4着  (0-0-0-7)
5着  (1-1-0-3)
6~9着(2-3-1-15)
10以下(0-0-1-20)

・福島牝馬S/前走着順別データ
前走重賞・OP特別
1着  (0-1-0-1)
2着  (4-1-2-2)
3着  (1-1-1-7)
4着  (0-0-0-13)
5着  (1-1-0-5)
6~9着(2-4-2-25)
10以下(1-0-2-45)

前走条件戦
1着  (0-2-0-17)
2着  (0-0-0-2)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-1-0)
5着  (0-0-0-3)
6~9着(0-0-1-4)
10以下(0-0-1-4)

・福島牝馬S/前走人気別データ
前走重賞・OP特別
1番人気 (1-0-0-1)
2番人気 (0-0-0-9)
3番人気 (0-0-1-5)
4番人気 (0-2-0-5)
5番人気 (0-2-0-7)
6~9人 (2-3-5-24)
10人以下(6-1-1-47)

前走条件戦
1番人気 (0-0-0-6)
2番人気 (0-2-0-4)
3番人気 (0-0-0-0)
4番人気 (0-0-1-5)
5番人気 (0-0-1-4)
6~9人 (0-0-1-5)
10人以下(0-0-0-7)
inyofu ・福島牝馬S/前走距離データ
1400m以下(0-0-0-14) 0.0% 0.0% 0.0%
1600m  (0-0-3-27) 0.0% 0.0% 10.0%
1800m  (9-8-4-68)10.1% 19.1% 23.6%
2000m以上(1-2-3-20) 3.8% 8.3% 23.1%

・福島牝馬S/前走馬場データ
前走芝(10-10-10-119)
前走ダート(0-0-0-10)

・福島牝馬S/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-1-0-17)
3週(1-1-0-11)
4週(0-1-1-4)
5週~9週(8-6-6-71)
10週~25週(1-1-3-21)
半年以上(0-0-0-5)
inyofu ×4歳馬で当日10番人気以下
(0-0-0-27)
○前走中山牝馬Sで3着以内
(5-3-2-5)
△前走中山牝馬Sで10着以下
(0-0-1-20)
△前走条件戦で3着以下
(0-0-3-14)
△前走条件戦で3番人気以下
(0-0-3-21)
×前走1400m以下
(0-0-0-14)
△前走1600m
(0-0-3-27)
×前走ダート
(0-0-0-10)
inyofu 実績馬が強い

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、“4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた重賞”において4着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.6%と苦戦している。オープン特別や条件クラスのレース、もしくはローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)の重賞でしか好走経験がない馬は評価を下げたい。

福島1800m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 吉田隼人(10-5-7-41)15.9% 23.8% 34.9%
蛯名正義(6-5-3-35) 12.2% 22.4% 28.6%
北村宏司(5-6-1-33) 11.1% 24.4% 26.7%
田辺裕信(4-3-8-43) 6.9% 12.1% 25.9%
津村明秀(3-9-11-66) 3.4% 13.5% 25.8%

丸山元気(3-4-6-43) 5.4% 12.5% 23.2%
黛弘人 (3-2-4-35) 6.8% 11.4% 20.5%
菱田裕二(3-2-2-17) 12.5% 20.8% 29.2%
丹内祐次(3-2-1-50) 5.4% 8.9% 10.7%
秋山真一(1-1-1-10) 7.7% 15.4% 23.1%

岩崎翼 (1-0-2-11) 7.1% 7.1% 21.4%
池添謙一(0-0-1-6)  0.0% 0.0% 14.3%
inyofu ディープインパクト(16-13-14-73) 13.8% 25.0% 37.1%
ステイゴールド  (10-13-11-120) 6.5% 14.9% 22.1%
ハービンジャー  (8-9-5-65)   9.2% 19.5% 25.3%
キングカメハメハ (6-3-3-66)   7.7% 11.5% 15.4%
ブラックタイド  (4-2-1-29)  11.1% 16.7% 19.4%

メイショウサムソン(3-7-2-32)   6.8% 22.7% 27.3%
ロージズインメイ (1-1-3-21)   3.8% 7.7% 19.2%
ヴァーミリアン  (0-0-2-15)   0.0% 0.0% 11.8%
ゴールドアリュール(0-0-0-10)   0.0% 0.0% 0.0%

逃げるとしぶといタイプ カワキタエンカ

inyofu カワキタエンカ(栗東・浜田多実雄厩舎、4歳)は前走の中山牝馬Sを逃げ切って重賞初制覇。ハンデ戦だった前回の53キロから54キロになるが、この程度なら問題なさそうだ。とにかくマイペースで逃げるとしぶといタイプ。自分の形に持ち込めるかどうかが大きな鍵になる。

斤量面で断然有利 トーセンビクトリー

inyofu 昨年の中山牝馬S以来、勝ち星から遠ざかっているが、アメリカジョッキークラブC5着、中山牝馬S4着とここ2戦はいいレースをしている。前走はトップハンデタイの56キロだったが、今回は賞金別定で54キロ。斤量面で断然有利になり、重賞2勝目を挙げる可能性は十分ある。

前崩れの展開なら レイホーロマンス

inyofu レイホーロマンス(栗東・橋田満厩舎、5歳)は3走前に1000万下特別を勝った後、準オープンを飛び越えて重賞に挑戦し、愛知杯2着、中山牝馬S3着とともに追い込んで好走。2戦ともに上がり3ハロンはメンバー最速で、前崩れの展開なら差し切っても不思議ではない。

強敵相手に何度も好勝負 デンコウアンジュ

inyofu 最後に勝利を飾ったのは2歳時(2015年)のアルテミスSだが、勝てない間も、昨年のヴィクトリアマイル2着など強敵相手に何度も好勝負を演じてきた。昨年の本レースでは4着に善戦。今年も、持ち前の末脚を武器に上位進出を狙う。

好勝負に持ち込む力は十分にある ゲッカコウ

inyofu 3歳春のフラワーCで2着に好走するなど、早い時期から素質の片りんを見せていた。その後は伸び悩んだ時期もあったが、昨秋に1600万下クラスを勝ち上がると、オープンクラスでも大きな差のない競馬を続けている。牝馬限定のGⅢなら、好勝負に持ち込む力は十分にある馬だ。

うまキュレ班の予想

上記の過去の傾向から前走中山牝馬Sの3着内(カワキタエンカ、レイホーロマンス)
4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた重賞において4着以内から
本命(軸)はカワキタエンカにしました。

過去9年で4勝を挙げている4枠をゲット
今回は同型の逃げ馬不在、差しが多いので人気とは言え馬券内は有力ではないでしょうか
しかも小回り平坦コースだけに、前走の再現があってもおかしくありません。

◎カワキタエンカ
○デンコウアンジュ
▲レイホーロマンス
☆トーセンビクトリー
△ゲッカコウ
△ノットフォーマル
△ブラックオニキス

馬券は◎→○▲☆の馬連3点

◎→○▲☆→○▲☆△△△の3連複フォーメーション12点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line