TOP > 予想/馬券 > 桜花賞上位組から相手関係を紐解く【第53回フローラステークス】予想まとめ
予想/馬券

桜花賞上位組から相手関係を紐解く【第53回フローラステークス】予想まとめ

2018年4月22日(日)東京競馬場で行われるGII【第53回サンスポ賞フローラステークス】はオークスの出走権を争うトライアルレースだ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
Girl feeding Brown Horse

過去10年の傾向

inyofu ・フローラS/人気データ
1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (2-3-2-3)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(1-2-3-79)

・フローラS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 2820円・16710円(1-6-8)
2009年/ 1010円・ 2320円(2-3-4)
2010年/ 1070円・ 1660円(1-4-2)
2011年/103540円・179170円(9-15-3)
2012年/ 730円・47900円(1-2-18)
2013年/ 870円・ 6880円(1-2-9)
2014年/ 5970円・189600円(4-6-13)
2015年/ 1120円・ 1970円(2-1-3)
2016年/ 1920円・53680円(3-2-13)
2017年/32010円・35940円(12-10-2)

・フローラS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-0-0-2)
3.0~3.9倍 (1-1-0-2)
4.0~4.9台 (2-2-1-2)
5.0~6.9倍 (2-2-4-7)
7.0~9.9倍 (1-1-0-10)
10.0~14.9倍(0-1-0-14)
15.0~19.9倍(0-1-1-16)
20.0~29.9倍(1-0-1-15)
30.0~49.9倍(1-1-0-18)
50.0~99.9倍(0-0-2-27)
100倍以上  (0-1-1-32)

・フローラS/所属データ
美浦(6-5-6-78) 6.3% 11.6% 17.9%
栗東(4-5-4-67) 5.0% 11.3% 16.3%
inyofu ・フローラS/枠データ
1枠(2-1-1-16)
2枠(0-1-0-19)
3枠(2-3-4-10)
4枠(2-1-0-17)
5枠(0-2-0-18)
6枠(1-2-0-17)
7枠(0-0-4-23)
8枠(3-0-1-25)

・フローラS/馬番データ
1番 (1-1-1-7)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-0-0-10)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-2-2-5)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-1-0-9)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-0-8)
11番(0-1-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-0-3-7)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-1-8)
18番(1-0-0-6)

・フローラS/脚質データ
逃げ(0-2-0-8)
先行(4-4-4-21)
差し(4-4-6-67)
追込(2-0-0-49)
inyofu ・フローラS/前走データ
重賞(3-4-3-41)
├フラワーC(3-3-1-18)
├毎日杯(0-1-0-0)
├クイーンC(0-0-2-6)
├阪神JF(0-0-0-1)
├フィリーズR(0-0-0-3)
├チューリップ賞(0-0-0-8)
└桜花賞(0-0-0-2)

OP特別(1-0-0-18)
├アネモネS(1-0-0-5)
└忘れな草賞(0-0-0-8)

500万下(4-6-5-55)
├君子蘭賞(2-2-1-10)
├福寿草特別(1-0-0-0)
├白菊賞(0-1-0-0)
└ミモザ賞(0-3-0-19)

未勝利(2-0-2-27)
新馬(0-0-0-4)

・フローラS/前走着順別データ
1着  (6-3-3-43)
2着  (2-3-2-17)
3着  (1-1-1-12)
4着  (1-0-0-13)
5着  (0-0-1-10)
6~9着(0-3-3-29)
10以下(0-0-0-21)

・フローラS/前走着差データ
負け1.0秒~1.9秒(0-0-1-20)
負け2.0秒以上(0-0-1-5)

・フローラS/前走人気別データ
1番人気 (5-1-2-20)
2番人気 (3-2-2-25)
3番人気 (1-1-1-15)
4番人気 (0-1-1-15)
5番人気 (0-2-1-11)
6~9人 (1-2-2-35)
10人以下(0-1-1-24)
inyofu ・フローラS/前走距離データ
1400m  (0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%
1600m  (1-1-2-37) 2.4% 4.9% 9.8%
1700m  (0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%
1800m  (7-7-4-53) 9.9% 19.7% 25.4%
2000m  (2-2-2-44) 4.0% 8.0% 12.0%
2200m以上(0-0-2-3) 0.0% 0.0% 40.0%

・フローラS/前走馬場データ
前走芝(10-10-10-138)
前走ダート(0-0-0-7)

・フローラS/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-18)
3週(1-0-0-11)
4週(3-6-2-40)
5週~9週(5-3-5-52)
10週~25週(1-1-3-22)
半年以上(0-0-0-2)
inyofu △前走重賞だった馬で当日7番人気以下
(0-0-1-24)
×前走10着以下
(0-0-0-21)
△前走着差負け1.0秒以上
(0-0-2-25)
×前走1700m以下だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-36)
×前走ダート
(0-0-0-7)
×間隔3週以内で当日2番人気以下
(0-0-0-28)
inyofu 初勝利時の2着馬とのタイム差に注目

過去10年の優勝馬10頭は全て、初勝利時の2着馬とのタイム差が「0秒2~0秒4」差だった。また、「0秒2~0秒4」組は連対率でも20.3%と、その他のグループの数値を大きく上回っている。初勝利時の2着馬とのタイム差には注目してみたい。

東京2000m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 戸崎圭太(24-30-16-69)17.3% 38.8% 50.4%
内田博幸(16-12-11-86)12.8% 22.4% 31.2%
田辺裕信(14-7-11-88) 11.7% 17.5% 26.7%
蛯名正義(11-12-15-84) 9.0% 18.9% 31.1%
柴田大知(9-13-9-97)  7.0% 17.2% 24.2%

横山典弘(6-9-10-57)  7.3% 18.3% 30.5%
M.デム(6-6-6-18)  16.7% 33.3% 50.0%
武士沢友(4-0-0-58)  6.5% 6.5% 6.5%
三浦皇成(3-4-6-60)  4.1% 9.6% 17.8%
松岡正海(3-3-10-75)  3.3% 6.6% 17.6%

柴田善臣(2-4-7-62)  2.7% 8.0% 17.3%
大野拓弥(2-3-6-69)  2.5% 6.3% 13.8%
石橋脩 (2-2-7-54)  3.1% 6.2% 16.9%
池添謙一(1-1-0-14)  6.3% 12.5% 12.5%
藤岡康太(0-2-2-8)   0.0% 16.7% 33.3%

武藤雅 (0-1-1-9)   0.0% 9.1% 18.2%
北村友一(0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(31-32-24-156)12.8% 25.9% 35.8%
ハーツクライ   (12-20-14-114) 7.5% 20.0% 28.8%
ハービンジャー  (8-6-8-47)  11.6% 20.3% 31.9%
エイシンフラッシュ(1-1-1-5)   12.5% 25.0% 37.5%
ルーラーシップ  (0-2-2-15)   0.0% 10.5% 21.1%

ノヴェリスト   (0-1-1-3)   0.0% 20.0% 40.0%
トーセンホマレボシ(0-0-0-8)   0.0% 0.0% 0.0%
オルフェーヴル  (0-0-0-6)   0.0% 0.0% 0.0%
アッミラーレ   (0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%
ロードカナロア  (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

スーパーホーネット(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

能力全開が期待できる サトノワルキューレ

inyofu 前走の500万下・ゆきやなぎ賞はスローペースの中、レース序盤は離れた最後方でじっくりと脚を温存。3コーナー過ぎで一気に先頭へ並びかけると、直線では先に抜け出したエタリオウ(2着)をきっちりと捕らえて2勝目をマークした。今回は400メートルの距離短縮になるが、直線の長い東京・芝コースなら、能力全開が期待できるだろう。

上位争いに加わってきそう サラキア

inyofu サラキア(栗東・池添学厩舎)は2戦目の前走・チューリップ賞で4着。出遅れる不利がありながら、直線での伸び脚は目立った。世代上位の桜花賞組を相手に善戦した経験は強みで、2000メートルを克服すれば上位争いに加わってきそうだ。

勢いに乗ってタイトル獲得を狙う レッドベルローズ

inyofu 前々走のクイーンCは10着に敗れたが、前走の500万下・ミモザ賞(中山・芝2000メートル)では、400メートルの距離延長にすんなり対応し、スムーズに折り合って3番手を追走。抜群の手応えで直線を向くとあっさり抜け出して2勝目をマークした。今回、勝った勢いに乗って重賞タイトル獲得を狙う。

先々まで目が離せない存在 オハナ

inyofu 祖母が名牝ノースフライトというに母系に、大種牡馬ディープインパクトを配し、血統背景は優秀。410キログラム台と馬体は大きくないが、弾力性に富んだフットワークは素質の高さを示している。今回のみならず、先々まで目が離せない存在だ。

今回も有力候補 ノームコア

inyofu 骨折で6か月余りの休養を余儀なくされたものの、前走のフラワーCで勝ち馬から0秒3差の3着に入り、あらためて能力の高さを示した。休み明けを1度使われた上積みは大きく、レースセンスの良さからコース替わりも不問。今回も有力候補に挙げられる。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

先々週行われた桜花賞上位組の相手関係から期待を込めて
本命はサラキアにしました。

まだまだ荒削りですが、キャリア1戦で前走チューリップ賞4着は立派
しかも出遅れて桜花賞上位組に続く4着なら期待が持てます。
出遅れ癖や長距離輸送と不安だらけですが、メンバーが微妙ですし長い直線の東京コースなら
33秒前半の末脚が繰り出せる本馬にもチャンスはあるんじゃないでしょうか?

◎サラキア
○ノームコア
▲サトノワルキューレ
☆オハナ
△レッドベルローズ
△ヴェロニカグレース
△ウスベニノキミ
△ファストライフ

馬券は◎→△△△△のワイド4点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line