TOP > 競走馬 > 「チェスナットコート」坂路で力強い伸び!淀の長丁場でも快進撃を続ける!【天皇賞・春】
競走馬

「チェスナットコート」坂路で力強い伸び!淀の長丁場でも快進撃を続ける!【天皇賞・春】

日経賞で昇級戦で初重賞ながら大外から脚を繰り出して2着に健闘したハーツクライ産駒のチェスナットコートが今週の天皇賞・春に参戦する。昨年末までは1000万条件の身ではあったものの、年が明けて2連勝しOP入り。そして日経賞では息の長い末脚を見せての2着と内容は非常に良かった。GⅠ初挑戦となるが、勢いも味方に実績馬に立ち向かう。そんなチェスナットコートを紹介していこうと思う。
チェスナットコート

【許波多特別】しぶとく伸びて最後は突き放し快勝!

前走中京で中団から差を詰めたもののわずかに及ばず2着に敗れてしまい、今回は3番人気に支持される。道中は中団よりやや後方を進んでの競馬に徹する。直線に入ると一気に末脚を伸ばして、2着に2馬身半差をつけて快勝を挙げた。
inyofu 1着 チェスナットコート(戸崎圭太騎手)
「こういう馬場はスイスイと走っていて、上手な感じでした。いいフットワークでしたし、いい馬でした」

【早春S】豪快に大外一気を決めOP入り!

昇級戦となる今回はホウオウドリームなどに人気を譲る形で3番人気に甘んじた。道中は中団でレースを進め、直線では雄大なストライドで大外から鮮やかに差し切り連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 チェスナットコート(蛯名正義騎手)
「前回乗った時思ったほど伸びてくれなかったので、今日は終いの脚にかけて、後方から行きました。最後はいい伸びでしたし、ペースに左右されない今日のような競馬が合っていると思います。500万で乗った時にいずれ走ってくると思っていましたが、やっと馬に芯が入ってきた感じです」

【日経賞】初重賞ながら豪快に脚を使い2着!

昇級戦で初重賞となった今回は7番人気という評価になった。レースでは中団で競馬を進める中、少しずつ外を回していく形となる。そして直線に入ると大外からぐんぐん脚を伸ばし、先に先頭に立ったガンコを捕らえる勢いで追い込んだが間に合わず2着。しかし次につながる競馬をみせてくれた。
動画を見る
inyofu 2着 チェスナットコート(蛯名正義騎手)
「初めての重賞でこのメンバー相手によく頑張っています。とても乗りやすく、どんな競馬でも出来る馬なので、今日のようにペースが変わるレースにも対応してくれました。段々と良くなってきていて、今後が楽しみです」
inyofu (矢作芳人調教師)
「別定重量戦でしたし、良い競馬だったと思います。手前を替えにくい馬がコーナー6回のこのコースでは......と思っていましたが、結果を出してくれました。着実に力をつけてくれて偉い馬だと思います。馬の状態を見て、天皇賞も考えます」

【天皇賞・春】最終追い切り!力強く伸びた!

inyofu 2連勝で挑んだ日経賞で2着と好走したチェスナットコートは、坂路で併せ馬。強めに追われて力強く脚を伸ばすと4ハロン52秒9-12秒6をマークし、僚馬タイセイサミット(OP)と併入した。
inyofu 「調教は動くタイプではないけど、この時計なら悪くないですね」と岡助手は納得の表情。続けて「長距離適性は分からないけど、確実に長くいい脚を使えるし、折り合いに苦労もしないからね。コーナー6つも克服してくれたし、楽しみですね」と期待を寄せた。

天皇賞・春の傾向!年齢別の成績も確認!

inyofu 過去10年の年齢別成績を調べると、ベテラン勢の出走も多いGⅠだが、好成績を残しているのは若い世代で、その中でも5歳馬が9頭も連対している。また、4歳馬は3勝を挙げ、2着は1回だけだが、3着が5回もある点は覚えておいてもいいだろう。

前走より距離が700m長くなり、直線コースも長くなったこの舞台であれば、この馬の能力がいかんなく発揮されるだろう。父のハーツクライ産駒も晩成型が多いので、この馬も当てはまっているのかもしれない。重賞未勝利ながらも、GⅠで初戴冠も夢ではない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line