TOP > エンタメ・雑学 > 2018年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
レインボーラインが天皇賞・春を制した今週の競馬界。
幸英明騎手1300勝、スペシャルウイークとのお別れなど1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

レインボーラインついにG1制覇!【天皇賞・春】

inyofu 4月29日、京都競馬場で開催された第11R・天皇賞・春(GI、芝3200m)は、2番人気レインボーライン(牡5、栗東・浅見)が、3分16秒2(良)の走破タイムで優勝。10度目のGI挑戦で悲願のビッグタイトルを掴み取った。鞍上は当レース2勝目となる岩田騎手。

レースは序盤よりヤマカツライデンが引っ張る流れとなったが、縦長となる展開を後方で構えたレインボーラインがジワジワとポジションを上げて行き直線内めより鋭伸。ゴール前は1番人気シュヴァルグランとの激しい叩き合いになるも、クビ差これを退け1着でフィニッシュとなった。ただ、ゴール後に故障発症、岩田騎手が下馬している。

なお、2着馬から遅れること半馬身差の3着に中団から差し込んだ4番人気クリンチャー、4着に9番人気ミッキーロケット、5着は7番人気チェスナットコートという結果となった。

▽配当
単勝12 600円
馬連11-12 1030円
馬単12-11 2510円
3連複8-11-12 2060円
3連単12-11-8 1万1650円
(12.レインボーライン、11.シュヴァルグラン、8.クリンチャー)
動画を見る
inyofu ■京都競馬第11R・天皇賞・春で、1着入線後に故障下馬したレインボーライン(牡5、栗東・浅見)につき、その後の検査で右前肢跛行発症と診断された。
10度目のG1挑戦でついに悲願を達成したレインボーラインだったが、レース後に右前肢跛行発症と発表された。激闘を制したレインボーラインにはこれから十分に休養して元気な体に戻ってもらいたい。

スペシャルウィーク死す

inyofu 1998年の日本ダービー(GI、芝2400m)などを制したスペシャルウィークが、繋養先の日高大洋牧場で死亡したことがJRAより発表された。転倒事故のため。23歳だった。

日高大洋牧場の小野田宏氏は「4月23日の放牧中に転倒し、左腰を強く打ったため、馬房内で経過観察をしておりましたが、本日、馬房内で転倒しているところをスタッフが発見し、午後4時40分頃に死亡いたしました。ファンがとても多い馬で、現役時代に一緒に戦った世代の馬たちが種牡馬として活動している中、少しでも長く生きてもらいたかったものの、不慮の事故でこの世を旅立つこととなってしまいました。スペシャルウィークには感謝の気持ちで一杯です」と、JRAを通じてコメント。

また、主戦を務めた武豊騎手は「突然のことで驚いています。自分にとっては、自分をダービージョッキーにしてくれた馬なので、とても特別な一頭です。素晴らしい馬でした。たくさんの思い出があり、一生忘れられない馬です」と、JRAを通じてコメントしている。
日本ダービーを制するなど一時代を築いた名馬スペシャルウィークが4月23日に死亡したと発表された。多くの競馬ファンに愛された名馬の早すぎる旅立ちに悲しみの声が多く上がった。

幸英明騎手1300勝

inyofu ~幸英明騎手のコメント~
「1000勝した時もそうでしたが、デビュー当時は1300勝もできるとは思いませんでした。たくさん乗せていただいていることも本当に嬉しいです。未勝利戦でもGIでも勝てるレースは常に勝ちたいと思っていますし、これからも一鞍一鞍大事に乗っていきますので、応援よろしくお願いします」
28日京都競馬場での第6Rで勝利して幸英明騎手が中央競馬史上21人目、現役では9人目となるJRA通算1300勝の偉業を達成した。これからも多くのファンを楽しませてくれることであろう。

パキスタンスター勝利!日本馬は着外に【クイーンエリザベス2世C】

inyofu 4月29日、香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世C(GI、芝2000m)は、道中3番手で進んだ5番人気パキスタンスター(セ5、香・A.クルーズ)が直線で早めに抜け出し、そのまま押し切って優勝した。鞍上は当初予定だったK.マカヴォイ騎手から急遽乗り替わったW.ビュイック騎手で、勝ちタイムは2分00秒21(良)。2着は後方から追い上げた香港のゴールドマウント(7番人気)、3着は中団から渋太く伸びた香港のイーグルウェイ(6番人気)が入った。なおJRAから参戦したアルアイン(牡4、栗東・池江)は中団から脚を伸ばすも5着、ダンビュライト(牡4、栗東・音無)は2番手で進んだが直線で脚色が鈍り7着に終わっている。(人気はJRA独自のオッズによる)。
香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世Cは日本からアルアイン、ダンビュライトの2頭も出走したが残念ながら着外に。そんなレースを制したのは5番人気パキスタンスターであった。これが悲願のG1初制覇となった。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週1勝)【52.41.29.16.22.68】 (→)
2位 C.ルメール騎手(今週3勝)【48.35.30.26.15.69】 (→)
3位 川田将雅騎手 (今週7勝)【41.39.36.27.15.86】 (↑)先週5位
4位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【38.41.39.29.25.137】(↓)先週3位
5位 福永祐一騎手 (今週0勝)【35.25.28.21.18.112】(↓)先週4位
6位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【33.18.30.34.25.154】(↑)先週7位
7位 内田博幸騎手 (今週4勝)【32.31.22.32.36.173】(↑)先週10位
8位 北村友一騎手 (今週2勝)【31.31.19.27.14.142】(↑)先週9位
9位 武豊騎手   (今週0勝)【31.22.22.16.15.73】 (↓)先週6位
10位 岩田康誠騎手 (今週1勝)【30.32.37.29.21.150】(↓)先週8位

今回顕著な活躍を見せたのは、前週0勝から一転、最多7勝の大暴れを見せた川田将雅騎手。そのいずれもが人気サイドの馬であったものの、日本人勢では40勝到達いちばん乗りとなり、牙城高きトップ2を追う展開となっています。また、先週の戸崎&岩田騎手の活躍に触発されたか、ベテラン内田騎手が4勝の固めうちで30勝突破。次週以降さらなる躍進となるでしょうか。
今週は川田騎手が大活躍で一気に7勝を追加して40勝台に到達。上位2人に届く位置の3位につけている。今週の活躍も楽しみである。
2018年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは首位デムーロ騎手が1勝の間に川田騎手が7勝を挙げて一気に差を詰めてきた。また今週は天皇賞・春でレインボーラインが大金星を挙げたがけがをしてしまうという喜びと残念なニュースが同時に来てしまったが、無事けがを治して元気になってくれることを祈りたい。また幸英明騎手騎手が1300勝を達成するという素晴らしいニュースもあった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line