TOP > 競走馬 > 「レイエスプランドル」波に乗るハービンジャー産駒!初めての京都も無難にこなす!【京都新聞杯】
競走馬

「レイエスプランドル」波に乗るハービンジャー産駒!初めての京都も無難にこなす!【京都新聞杯】

前走水仙賞を見事に先行押し切ったレイエスプランドルが今週の京都新聞杯に出走する。昨年クラシック世代ではペルシアンナイトやモズカッチャンを輩出したハービンジャーの産駒で、未勝利、山吹賞を連勝して勢いはもちろん上位。ダービーを目指す素質馬が揃うが、自分の競馬に持ち込みたい。そんなレイエスプランドルについて紹介する。
馬キュレ

【3歳未勝利】先行したもののクビ差交わされ2着

前走は3着に敗れたものの、1頭だけ後方からの追い込みを決めて3着に健闘していることから2番人気に支持される。3番枠からまずまずのスタートを切ると、今回は先行して3番手の好位を奪取する。4コーナーで手応え良く上位を目標にポジションを上げていき、残り300mで先頭に躍り出たが、早めに前に行ったせいか、最後はレイエスプランドルのすぐ後ろを走っていたドレークに交わされ2着に敗れた。
動画を見る

【3歳未勝利】積極的な競馬で初勝利!

前走は強い競馬を見せたレイエスプランドルは小倉に舞台を移し1番人気に支持される。スタートが今ひとつだったため1コーナーは中団よりやや後ろで通過したが、2コーナーで5番手、3コーナーで2番手まで位置を押し上げ、絶好の手応えで直線を迎える。直線では内から伸びたサトノグリッターが一度は先頭に立ったが、最後まできっちり伸びて盛り返し初勝利を飾った。
動画を見る

【山吹賞】マッチレースを制し連勝!

中山外回り芝2200mの山吹賞では、ダークナイトムーンやジェシー、ダブルフラットなどクラシックを目指す素質が揃ったこともあり6番人気に甘んじた。10番枠からまずまずのスタートを切ると、行き脚がついて今回は先行策に出る。道中は終始2番手を追走する形となり、直線では先頭を走っていた1番人気のダブルフラットとのマッチレースに持ち込み、最後の最後にハナ差とらえて連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 レイエスプランドル(石橋脩騎手)
「返し馬が終わって少しイライラしていたので、ゲートは気をつけなければいけないと思っていました。狙い通りに先行できて、2番手から動いてタフなレースをしようと思っていました。自分の脚の分だけ脚を使う形でした。(並ばれても)交わされる感じはなく、相手に合わせて走っているように感じました」

【京都新聞杯】最終追い切り!坂路で俊敏な反応!

inyofu 未勝利-山吹賞を連勝中のレイエスプランドルは、吉田厩舎の通例にならって火曜追い。坂路で4ハロン53秒5-12秒1をマークし、馬なりで俊敏な反応を披露した。余力十分の好時計で、デキの良さは疑いようがない。
inyofu 「前走、前々走と同じ調整。しっかりと動けていましたね」と高島助手は満足げな表情。課題の発馬を決めて2番手でスムーズに立ち回った前走には、レース慣れの跡も見えた。「力をつけていますね。京都コースも無難にこなすと思いますよ」と同助手。3連勝での重賞初Vへ、陣営の期待は大きい。

京都新聞杯の傾向!前走1着馬が優勢!

inyofu 過去10年の出走馬の前走の着順別成績をまとめてみると、前走1着馬が8勝、2着3回、3着3回と、3着以内馬30頭中14頭を占めている。また、前走が2着または3着だった馬からは優勝馬が出ていないのに対し、4、5着だった馬が3着内率で46.2%をマークするなど上々の成績を残している。

前走の山吹賞ですんなりと先行できたように徐々にレース慣れが見られており、初めての重賞でも無難に立ち回れば上位もありそうだ。ちなみに、この馬の母父は先日急逝したスペシャルウィーク。菊花賞の前哨戦時代の京都新聞杯を制しており、このレースにゆかりのある馬である。偉大な祖父を弔う走りを見せてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line