TOP > 競走馬 > 「パクスアメリカーナ」シャープな脚さばき!姉ホエールキャプチャに続け!【NHKマイルC】
競走馬

「パクスアメリカーナ」シャープな脚さばき!姉ホエールキャプチャに続け!【NHKマイルC】

前走アーリントンCでタワーオブロンドンと差のない2着で力をみせたパクスアメリカーナが今週のNHKマイルCに登場する。初勝利まで3戦を要したが、こぶし賞ではNZT2着のケイアイノーテックに1馬身半差をつけて連勝すると、アーリントンCでも内目からしぶとく伸びて2着を確保し、大舞台に駒を進めた。全姉のホエールキャプチャは2012年ヴィクトリアマイルなど東京マイルで重賞3勝を挙げており、血統的にも魅力十分だ。そんなパクスアメリカーナについて紹介しよう。
パクスアメリカーナ

【2歳未勝利】先行して抜け出し初勝利!

大外枠から好スタートを切ると2番手の好位からレースを進める。直線の入り口で先頭に立ち抜け出しを図ると、後にきさらぎ賞3着となるラセットの追い込みを楽々と退けて、デビュー3戦目で未勝利を突破した!
動画を見る

【こぶし賞】馬場も関係ない!一気にまくってしぶとく伸びた!

前走のレース内容が良かったこともあって、朝日杯FS4着のケイアイノーテックに次ぐ2番人気に支持される。前走とは打って変わって後方からの競馬となり、3コーナーでは最後方を進んた。それでも稍重馬場を全く苦にせず、4コーナーで一気に6番手までポジションを押し上げると、直線ではケイアイノーテックに1馬身半差をつけ連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 パクスアメリカーナ(川田将雅騎手)
「ゲートで我慢できなくて、こういうレースになってしまいました。それでもこの馬にとっていい経験になりました。馬が誕生日だったので、自分で自分のお祝いになりました」

【アーリントンC】内からするすると抜け出すも惜敗...

最内枠ということもあり、レースでは終始内を通るように徹して競馬を進める。直線に入ると内から抜け出しを図ったものの、外から追い込んだ人気のタワーオブロンドンに差し切られ2着。それでも次につながる競馬を見せてくれた。
動画を見る
inyofu 2着 パクスアメリカーナ(川田将雅騎手)
「内枠でつつまれる競馬となりましたが、いい経験になったと思います。2着でしたが相手が強かったですね。とにかくいい経験になりました」

【NHKマイルC】最終追い切り!馬なりで好気配!

inyofu アーリントンC2着のパクスアメリカーナは、川田騎手を背に芝コースで単走追い。終始馬なりのままだったが、シャープな脚さばきで5ハロン68秒9-11秒5でフィニッシュした。
inyofu 猿橋助手は「川田騎手に感触を確かめてもらった。順調に来ているし、左にモタれていた面もだいぶましになっている」と語った。レースに向けても、「ここ2戦は後ろからでもいい脚を使えている。大人しい馬で、カイバも食べているので輸送も気にしていない」と前向きだ。

NHKマイルCの傾向!マイル戦でのタイム差をチェック!

inyofu GⅠを除いた直近の芝1600メートル戦で2着以下だった馬について、そのレースの勝ち馬とのタイム差別に成績を調べると、NHKマイルCで3着以内に入った15頭中14頭は、該当レースでの勝ち馬とのタイム差が「0秒5以内」だった。GⅠを除いた直近の芝1600メートル戦で「2着以下」だった馬は、そのレースでの勝ち馬とのタイム差をチェックしておきたい。

姉のホエールキャプチャも同舞台のヴィクトリアマイルで1着、2着、4着と好走を続けてきた。血統的にも強いこの舞台で、実力をいかんなく発揮してほしいものである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line