TOP > 競走馬 > 「テトラドラクマ」東京マイルで軽快な走り!休み明けを克服できるか!?【NHKマイルC】
競走馬

「テトラドラクマ」東京マイルで軽快な走り!休み明けを克服できるか!?【NHKマイルC】

前走クイーンCを圧巻の走りで逃げ切ったテトラドラクマが今週のNHKマイルCに出走する。東京競馬場ではめっぽう強く、自分の競馬となればさらに強いテトラドラクマはルーラーシップの2年目の産駒。昨年は菊花賞馬のキセキ、今年は皐月賞2着のサンリヴァル、牝馬でもこの馬の他に桜花賞3着のリリーノーブル、フローラS2着のパイオニアバイオなどを輩出している。そんな中、テトラドラクマがルーラーシップ産駒では世代最初のGⅠ馬になるか。そんなテトラドラクマについて紹介する。
馬キュレ

【2歳未勝利】好位から抜け出し好タイムで快勝!

前走は先行して抜け出しの競馬を図ったが、後にフェアリーSを勝利するプリモシーンに交わされ2着に敗れる。しかし、先行しながらも上がり34秒0の脚を使っているということもあり、このレースでは堂々の1番人気に支持される。行き脚がついて道中は3番手の位置につけて、前走同様の展開で直線に向かう。直線に入すと各馬をみるみる突き放し、結局5馬身差突き抜けて完勝を果たした!
動画を見る

【フェアリーS】大外枠が響き6着…

前走の東京マイルでの走りが圧巻だったということもあって、このレースでも1番人気に支持される。大外16番枠からのスタートで外の5番手を追走する形となった。しかし直線では外を回されることもあって伸びあぐねて6着に敗れた。
動画を見る
inyofu 6着 テトラドラクマ(石橋脩騎手)
「道中、スムースさを欠くところが2ヶ所ありました。加えて外枠だったこともあり、厳しい競馬になってしまいました。最後もジリジリという感じでした」

【クイーンC】圧巻の走りで重賞初制覇!

フェアリーSでの不甲斐ない走りに今回はメンバー強化ということもあって、3番人気に甘んじる。今回も先行策を取り、4角ではポジションを上げて早めに先頭に立つ。直線でも長くいい脚を使い、他馬を寄せ付けない圧巻の走りで、2着のフィニフティに4分の3馬身リードを取って重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 テトラドラクマ(田辺裕信騎手)
「逃げる事も考えていました。力みやすいタイプなのでリズムよく行かなければと考えていましたが、スタートが良く逃げる形になりました。センスのある馬ですね。どんな相手でも一生懸命走る馬ですから、今後も楽しみです」
inyofu (小西一男調教師)
「出たなりのレースをしてほしいと思っていました。今日は自分のペースで行けましたし、最後までしっかり走ってくれました。スピードがあり、体もあり(今日は462キロ)、スタミナもある所がこの馬の良いところです。この前は中山マイルの外枠で負けましたが、本来は中山マイルがベストだと思います。ただ今日も東京マイルを逃げ切るのですから、東京コースのマイルも合います。ベストの距離はマイルでしょうね。今日のレースを見ると、牡馬相手でも良いレースが出来そうです。今後は状態を見て、オーナーと相談しながら決めていきたいです。約20年ぶりの重賞勝利、それも元所属の田辺騎手で勝てて嬉しいです」

【NHKマイルC】直前情報!勢いのある末脚で好内容!

inyofu クイーンCを制したテトラドラクマが美浦坂路の追い切りで切れのある動きを見せた。フクサンローズ(1000万下)を1秒以上も追走。ラスト1ハロンで仕掛けられるとグイグイと末脚を伸ばし、4ハロン52秒6-12秒1できっちりと併入した。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』だ。
inyofu 「気がいいタイプで調教もすごく動くので、やりすぎないでうまくいったと思う」と田辺騎手は納得の表情。前走は主導権を握って速い流れで押し切った。「スタートが速くてセンスもいい。今回は牡馬相手になるけど、自分の競馬で力を出し切って、どれだけやれるかですね」と主戦は一発を狙っている。

NHKマイルCの傾向!東京実績に注目!

inyofu 過去10年の出走馬180頭のうち、過去に東京競馬場・芝コースのレースに出走した経験を持つ馬は107頭いたが、その107頭の成績を直近の東京・芝コースのレースでの着順別にまとめると、「1着」組と「2着」組が連対率・3着内率で上位の数値を記録している。

前走に引き続き騎乗する田辺裕信騎手は、2016年安田記念のロゴタイプや2014年フェブラリーSのコパノリッキーなど芝ダート問わず東京のマイル戦で積極的な競馬で結果を残している。東京コースでは印象に残るパフォーマンスをみせてくれるテトラドラクマ。前走よりメンバーはかなり強くなるが、自分の競馬を徹して、能力をいかんなく発揮してほしいものである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line