TOP > 予想/馬券 > 【第23回NHKマイルカップ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第23回NHKマイルカップ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2018年5月6日(日)競馬場で行われるGI【第23回NHKマイルカップ】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 カツジ

inyofu 主戦の松山騎手を背にCウッドで単走追い。道中はゆったり走らせラストで加速させると、6ハロン83秒6-11秒9でフィニッシュ。素軽いフットワークを見せた。松山騎手は「輸送もあるのでしまい重点でしたが、いい追い切りでした」と笑顔。調教後の息の入りも良く、いい状態に仕上がった。

1枠2番 ファストアプローチ

inyofu Wコースで5F70秒4〜1F12秒6(馬なり)。内ムーンクエイク(5歳オープン)、外ストロボスコープ(4歳1000万)の真ん中で突き抜けそうな勢いで併入した。昨年9月芙蓉S(2着=勝ち馬サンリヴァル)以来の騎乗となった蛯名は「昨夏札幌で乗っていた頃と比べると、経験も積んで、馬も良くなっている。芙蓉Sの勝ち馬は皐月賞2着。相当強い相手とやってきているからね」

2枠3番 テトラドラクマ

inyofu 美浦坂路の追い切りで切れのある動きを見せた。フクサンローズ(1000万下)を1秒以上も追走。ラスト1ハロンで仕掛けられるとグイグイと末脚を伸ばし、4ハロン52秒6-12秒1できっちりと併入した。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』だ。  「気がいいタイプで調教もすごく動くので、やりすぎないでうまくいったと思う」と田辺騎手

2枠4番 フロンティア

inyofu フロンティアはCWコースを半周して坂路へ。新コンビを組む内田を背にサナコ(3歳未勝利)と併せ馬。ラストは促され4F54秒9〜1F12秒1で1馬身先着した。内田は「軽く仕掛ける程度で、最後はいい伸びをしていました。融通も利くし、素直で乗りやすい」

3枠5番 プリモシーン

inyofu Wコース3頭併せの内で4F53秒0〜1F12秒3。感触を確かめた戸崎は「良かったですね。手応え十分でいつでも突き抜けそうな感じだった」と状態面に太鼓判を押した。前走・桜花賞は出遅れが響いて10着に終わったが、木村師は「前走より落ち着いている。その部分は壊さないように、いい状態で送り出したい」

3枠6番 リョーノテソーロ

inyofu 最終追いはWコース。小野は紫紺地に黄色文字で69と書かれた特殊ゼッケンをロックオン。エーノキセキ(3歳未勝利)を4馬身追走。末は強めに追われてラスト1Fは12秒8。1馬身先着でフィニッシュした。仕上がりは良さそうだ。

4枠7番 タワーオブロンドン

inyofu 坂路で古馬1000万下との2頭併せ。前半は離れた後方を追走していたが、アッという間にゴール手前で内に馬体を並べ、クビ差先着(4ハロン53・0―12・0秒)。ダイナミックな走りをみせた。  杉原騎手「前走(アーリントンC=1着)時追い切りに乗った時は、早めに抜け出したらフワフワする感じがあった。今朝はギリギリまで抑えたので最後まで集中していました。引っ張った切りで12秒なので中身がある数字ですね」

4枠8番 ダノンスマッシュ

inyofu ダノンスマッシュは北村友を背に坂路で素軽い動き。最後まで楽な手応えのまま、ラスト1F12秒4で駆け上がった。安田隆師は「流す程度だったけど、あれで十分。この馬なりに動けていた」と好感触。

5枠9番 ギベオン

inyofu 岡田騎手(実戦はM・デムーロ騎手)を背に芝コースで単走追い。ゴール前で仕掛けられるとラスト1ハロン11秒8(6ハロン86秒4)と軽快な走りを見せた。藤原英調教師は「もう速い時計は要らなかったので、リラックスさせて走らせた」と説明。続けて「スピードとスタミナを兼ね備えているし、条件はいいと思うので期待したい」

5枠10番 パクスアメリカーナ

inyofu パクスアメリカーナは、川田騎手を背に芝コースで単走追い。終始馬なりのままだったが、シャープな脚さばきで5ハロン68秒9-11秒5でフィニッシュした。  猿橋助手は「川田騎手に感触を確かめてもらった。順調に来ているし、左にモタれていた面もだいぶましになっている」と語った。

6枠11番 ケイアイノーテック

inyofu 新コンビの藤岡佑騎手を背に坂路で併せ馬。一杯に追われるとラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒9)と力強く急勾配を駆け上がり、僚馬にクビ差先着した。  藤岡佑騎手は「併せ馬で、しまいだけしっかりやってくれという指示。すごくコントロールのしやすい馬です」と手応えを伝えた。

6枠12番 アンコールプリュ

inyofu 藤岡康を背にCWコースで半マイル追い。ジェニシス(4歳1000万)をパートナーに併せ馬をこなした。4馬身追い掛ける形で内へ。馬なりで4F50秒3〜1F12秒3で半馬身先着した。「しまいを伸ばしてという指示。テンションも落ち着いていたし、動きは良かった」と藤岡康

7枠13番 ルーカス

inyofu Wコースへ移動。ハナレイムーン(4歳1600万)を1馬身追いかける形でスタートした。3角で内に馬体を併せ、直線はびっしりと併走。ゴール前で手綱をしごかれ気合を注入されると、ギアを上げて半馬身先着した。  「馬場が重たい中、いい動きをしていたし、引き揚げてきた際の息遣いも良かった」。森助手

7枠14番 デルタバローズ

inyofu デルタバローズは、Wコースで単走追い。前半は行きたがる面を見せたが、直線はスムーズな脚さばきで流した。「先週、放馬して速いラップで馬場を走ったため、週末は軽めの調整。今日も無理しなかったが、動きは良かったし状態はいい」と森助手。

7枠15番 カシアス

inyofu カシアスはCWコースを馬なりで流して6F81秒4〜1F13秒2をマーク。清水久師は「態勢は整っているので、バリバリやることはない。輸送も控えてますからね。状態は悪くないです」と話した。

8枠16番 ミスターメロディ

inyofu ミスターメロディ(牡、藤原英)は福永騎手を背にCウッドで5ハロン66秒5-11秒6を計時。  ゴーサインを出すと鋭い切れ味を見せ「今日の追い切りは完璧でした」と鞍上も納得の動き。

8枠17番 レッドヴェイロン

inyofu レッドヴェイロンは2週連続で岩田が騎乗、坂路でイシュトヴァーン(3歳未勝利)と併せ馬を行った。3馬身追い掛ける形で4F53秒9〜1F12秒7。半馬身遅れに岩田は「相手が動いていただけで、この馬としては動けてます」

8枠18番 ロックディスタウン

inyofu 美浦ウッドを単走で5ハロン66秒5-ラスト13秒8。激しい気性を秘めるが、中間は掛かる面を出さず、馬体もふっくらと見せている。  今回が転厩2戦目。藤沢和師は「素晴らしい馬を預けていただいた。前回(フラワーC13着)は掛かり気味だったが、落ち着いて調教できている」

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu アンコールプリュ 牝3 55 藤岡康太 02日栗C良:50.3-37.0-12.3:馬也

カシアス 牡3 57 浜中俊 02日栗C良:81.4-66.5-52.8-39.7-13.2:馬也

カツジ 牡3 57 松山弘平 02日栗C良:83.6-66.9-51.4-37.8-11.9:馬也

ギベオン 牡3 57 *M.デム 02日栗芝良:68.4-52.2-37.6-11.8:強め

ケイアイノーテック 牡3 57 *藤岡佑介 02日栗坂良:53.9-39.3-12.2:一杯

ダノンスマッシュ 牡3 57 北村友一 02日栗坂良:54.5-39.4-12.4:馬也

タワーオブロンドン 牡3 57 ルメール 02日美坂良:53.0-38.0-12.0:馬也

テトラドラクマ 牝3 55 田辺裕信 02日美坂良:52.6-38.1-12.1:強め

デルタバローズ 牡3 57 *石橋脩 03日南w重:54.0-39.4-13.1:馬也

パクスアメリカーナ 牡3 57 川田将雅 02日栗芝良:68.6-53.0-38.1-11.9:馬也

ファストアプローチ 牡3 57 *蛯名正義 02日南w良:70.4-54.5-39.8-12.6:馬也

プリモシーン 牝3 55 戸崎圭太 02日南w良:53.0-38.4-12.3:馬也

フロンティア 牡3 57 *内田博幸 02日栗坂良:54.9-38.9-12.1:強め

ミスターメロディ 牡3 57 福永祐一 02日栗C良:66.5-51.3-37.3-11.6:強め

リョーノテソーロ 牡3 57 吉田隼人 02日南w良:53.8-39.4-12.8:強め

ルーカス 牡3 57 *ボウマン 03日南w重:53.3-38.7-12.7:馬也

レッドヴェイロン 牡3 57 *岩田康誠 02日栗坂良:53.9-39.7-12.7:一杯

ロックディスタウン 牝3 55 池添謙一 02日南w良:66.5-50.2-37.8-13.8:馬也

うまキュレ班のオススメ好調教馬

○パクスアメリカーナ
○テトラドラクマ
 カツジ
 ケイアイノーテック
 タワーオブロンドン
 フロンティア

さすがGIだけあってみんなの好仕上がりで6頭選出。その中でもパクスアメリカーナとテトラドラクマは、迫力ある動きだったので注目してみたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line