TOP > 競走馬 > 「ダイメイフジ」成長著しいアグネスデジタル産駒!折り合いつけて突き抜ける!【京王杯SC】
競走馬

「ダイメイフジ」成長著しいアグネスデジタル産駒!折り合いつけて突き抜ける!【京王杯SC】

成長真っ盛りの4歳馬ダイメイフジが京王杯SCに出走する。昨夏までは勝ちきれないレースが続いたが、約4か月の休養を挟んで連勝を飾ると、今年2月の斑鳩Sでは好位から力強く突き抜けて3馬身差の快勝を飾った。そして、重賞初挑戦ながら1番人気に支持された前走のオーシャンSでも大外から差す競馬で3着に入り、重賞でも十分に通用することを証明した。勢いに乗るアグネスデジタル産駒がGⅠ戦線に名乗りを挙げるか。そんなダイメイフジについてまとめてみた。
ダイメイフジ

【山城S】先行してジリ脚を伸ばし2着

10番枠から好スタートを切ると、一度は中団に控えたものの、3コーナーで3番手に浮上する。直線ではじりじりと脚を伸ばしたが、逃げるウイントワレを捕らえることはできず2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 ダイメイフジ(幸英明騎手) 「もう少しのところで惜しかったです。1200mは安定して走っていますし、折り合いを考えると、今のところ1200mがベストですね」

【斑鳩S】早め先頭から突き抜け快勝!

7番枠から抜群のスタートを切ると、その勢いで2番手の好位からレースを進める。道中は行きたがる素振りを見せたが、直線の入り口で早めに先頭に立つと、馬場の真ん中から脚を使って後続との差をさらに広げ、最後はロライマに3馬身差をつける快勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ダイメイフジ(松山弘平騎手) 「少頭数の外枠で掛かるところがありましたが、力強く押し切って強い競馬でした。もう少し力を抜いていけば、もっと良い競馬が出来そうです。馬の後ろにつければ力みも抜けて良い走りが出来るでしょう。上のクラスでも楽しみな馬です」

【オーシャンS】大外から力強く伸び3着!

前走の内容が評価されただけでなく、M・デムーロ騎手が騎乗することもあったのか、重賞初挑戦ながら1番人気に支持される。10番枠からまずまずのスタートを切ると、中団より後ろの位置まで控えて末脚を溜める。直線で大外に持ち出すと、上がり3F33秒7末脚で力強く伸び、キングハートと0秒1差の3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ダイメイフジ(M・デムーロ騎手) 「ゴチャゴチャとしたレースになってしまいこの馬にはかわいそうでした。勝てる力はあっただけに残念です」

【京王杯スプリングC】直前情報!折り合いがつけば好勝負も!

inyofu ◆ダイメイフジ・森田師 「予定通りの調整。前走はスタートで挟まれた。折り合えれば」

京王杯スプリングCの傾向!伏兵馬にも要警戒!

inyofu 過去10年の優勝馬10頭のうち、単勝1番人気に支持されていたのは2013年のダイワマッジョーレ1頭だけ。その2013年は上位人気馬のオッズが割れる形になっており、同馬の単勝オッズは4.7倍だった。そこで過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、「3.9倍以下」の馬が苦戦しているのに対し、「4.0~4.9倍」の馬の好走率が高く、「5.0~9.9倍」の馬も5勝を挙げるなど好走例が多くなっている点が特徴的だ。また、「30倍以上」の馬も2勝、2着2回、3着1回と好走例があるだけに、伏兵馬の台頭にも注意したいところだ。

オーシャンSで騎乗したM・デムーロ騎手も重賞で勝利を狙えると評価しているだけに、展開が恵まれればこのメンバーでも勝利は十分に狙える実力は持っている。今回は距離延長となるが、折り合いさえつけば力強い走りに期待できるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line