TOP > 予想/馬券 > 【第13回ヴィクトリアマイル】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第13回ヴィクトリアマイル】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2018年5月13日(日)東京競馬場で行われるGI【第13回ヴィクトリアマイル】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
Pocket watch

最終追い切り情報 1枠1番 レッツゴードンキ

inyofu レッツゴードンキは、坂路で単走。序盤はゆったりと入り、全体時計こそ4ハロン55秒0と目立たないが、ラスト1ハロンは11秒9と抜群の伸びを披露した。梅田調教師は「先週にある程度やっているし、しまいの反応を確かめる程度。理想的な調整ができた」とうなずく。

1枠2番 ミスパンテール

inyofu 「先週の時点で“もうやることはないな”と思ったぐらい、研ぎ澄まされています。何か欠点を言わなきゃ…と思うけど、欠点がない」。1週前にCWコース単走でびっしり追われ、6F80秒5〜1F11秒8をマーク。最終追いは気持ちを高ぶらせないように坂路単走でサッと。最後はサッと加速して、4F53秒9〜1F12秒5をマークした。

2枠3番 ラビットラン

inyofu ラビットランは川田を背にCWコースでスマートモノリス(3歳500万)と併せ、最後は楽に内から頭差先着した。前川助手は「先週もやっているし、しまいだけ。ジョッキーがうまく乗ってくれたし、使って体も締まってきた」と上積みを強調する。

2枠4番 ジュールポレール

inyofu ジュールポレールは、坂路で好仕上がりをアピールした。ブレのないフォームで駆け上がり、4ハロン51秒3-12秒3をマーク。不良馬場を考慮すれば十分評価できる好時計だ。  西園調教師は「上がりだけだったけど、いい動きだった。1回使って調子は上がっていて順調にきている」とうなずいた。

3枠5番 レーヌミノル

inyofu Cウッドを馬なりで6ハロン84秒9-12秒2。スムーズな動きで「予定通り。たたき3走目で動きはどんどん良くなっている」と本田師は笑みを浮かべる。近走は短距離を使っていたが「イレ込む馬ではないし、1600メートルに戻すことは心配していない。ここを目標にやってきたので」と変身を願っていた。

3枠6番 レッドアヴァンセ

inyofu 坂路の最終追い切りには北村友が騎乗。4F53秒0と余力残しでも併走相手のアメリカズカップ(4歳オープン)を軽く突き放し、ラスト1F12秒2と活気十分だ。鞍上は「しまいの反応を確かめただけ。動きは凄く良かった」と満足げ。

4枠7番 カワキタエンカ

inyofu 遠征続きのカワキタエンカは坂路をゆったり駆け上がり、ソフトに仕上げた(4F61秒2)。浜田師は「間隔も詰まっているし予定通り。気持ちをリセットして調整してきた」と満足げ。

4枠8番 クインズミラーグロ

inyofu 先週のCW追いで好時計をマークしたクインズミラーグロは調整程度。CWコースを流し、5F70秒5〜1F12秒8を刻んだ。藤岡康は「これで十分。ゲートは課題だけど、状態は上向いていますよ」と満足そうに語る。

5枠9番 ソウルスターリング

inyofu ソウルスターリングは、有り余る前進気勢で美浦ウッドを駆けた。  単走追いの馬なり調整。行きっぷりの良すぎる相棒の背で、主戦のルメール騎手は脇を締めて手綱を押さえた。ゴールまで我慢を強いて、5ハロン69秒3-13秒4。ハツラツとした動きにルメール騎手は「ずっとハミを取って、あまりリラックスしてないから大変だった」と苦笑い。

5枠10番 アエロリット

inyofu 前日の雨が残る重い美浦坂路を菊沢師自らが手綱を取り、単走馬なりで53秒9、しまい13秒2と、この日の坂路で2番目に速い時計。「重たい馬場だったが、涼しげに走っていた。リラックスしていたし、いいフォームだった」と菊沢師。

6枠11番 アドマイヤリード

inyofu 連覇へ好ムードだ。坂路併走のアドマイヤリードは引っ張りきりの手応えのまま、エレクトロニカ(4歳1000万)に首差先着した。須貝師は「先週やってるから調整程度。いい体をしている」と満面の笑みだ。

6枠12番 エテルナミノル

inyofu レーヌミノルと同厩舎、同馬主のエテルナミノル。1週前にしっかり追われたので、この日はCW単走で軽め。6F82秒0〜1F12秒9をマークした。本田師は「体調は変わりない」と淡々と語る。

7枠13番 ワントゥワン

inyofu 今週も藤岡佑が魅せるか。ワントゥワンはCWコース併走でしまい重点に追われ、テーオーエンブレム(3歳未勝利)に1馬身先着。手綱を取った鞍上は「前走も体調は良かったけど、展開に泣いた。今回もいいですよ。ここでも…と言える成績ではないけど、決め手はありますからね」

7枠14番 リエノテソーロ

inyofu リエノテソーロはWコースで単走。前走で着用したブリンカーを外し、リラックスした様子でゴールを駆け抜けた。騎乗した吉田隼は「先週にしっかりやったので馬なり。落ち着きがありますね」と納得の表情。

7枠15番 デアレガーロ

inyofu Wコースで4F52秒3〜1F12秒9(馬なり)。2馬身前を行くショウナンガレオン(3歳未勝利)に内から余力十分に迫り、楽々と併入した。見守った大竹師は「やればいくらでも動いちゃうので動かし過ぎないように折り合いの確認。先週はかなり時計が出ているので」と穏やか。

8枠16番 リスグラシュー

inyofu エンパイアガール(4歳500万)の3馬身後方を追走。「折り合いを重視して」と矢作師。激しい気性を僚馬の後ろでコントロール。ラスト1F手前から外に持ち出すと、馬体を沈ませ一気に加速。水分を含んだ重馬場を全く苦にせずリズミカルかつ、パワフルに4F54秒4〜1F12秒2。馬なりのまま半馬身突き放した。稽古を見守ったトレーナーは納得の表情だ。  「ここ目標に予定通り。時計も指示した通りで動きも良かった。いい状態で送り出せると思う」

8枠17番 デンコウアンジュ

inyofu 中2週のデンコウアンジュは坂路で最後だけ軽く動いて、4F54秒3〜1F12秒7をマークした。加納助手は「調子の変動はないですね」とした上で、「実は去年(2着)は疲れがあったし、全く自信がなかったんです。当時に比べれば今年の方がいいです」と断言する。

8枠18番 メイズオブオナー

inyofu メイズオブオナーは先週に続き福永を背に芝コース単走。上がり重点に馬なりで5F64秒5〜1F12秒5。軽快なフットワークで駆け抜けた。鞍上は「掛かると聞いていたが、調教では問題ない。うまくかみ合えば一発あっても」と期待を寄せる。

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu アエロリット 牝4 55 *戸崎圭太 10日美坂重:53.9-39.6-13.2:馬也

アドマイヤリード 牝5 55 M.デム 09日栗坂不:55.9-40.6-12.1:馬也

エテルナミノル 牝5 55 四位洋文 09日栗C不:82.0-65.4-51.8-39.3-12.9:馬也

カワキタエンカ 牝4 55 *大野拓弥 09日栗坂不:61.2-44.5-14.5:馬也

クインズミラーグロ 牝6 55 藤岡康太 09日栗C不:70.5-54.6-40.1-12.8:馬也

ジュールポレール 牝5 55 幸英明 09日栗坂不:51.3-37.0-12.3:馬也

ソウルスターリング 牝4 55 ルメール 09日南w重:69.3-52.9-38.5-13.4:馬也

デアレガーロ 牝4 55 池添謙一 09日南w重:52.3-37.6-12.9:馬也

デンコウアンジュ 牝5 55 蛯名正義 09日栗坂不:54.3-39.6-12.7:馬也

ミスパンテール 牝4 55 横山典弘 09日栗坂不:53.9-38.2-12.5:馬也

メイズオブオナー 牝4 55 *福永祐一 09日栗芝重:64.5-49.5-36.6-12.5:強め

ラビットラン 牝4 55 川田将雅 09日栗C不:85.8-69.7-54.7-40.3-12.0:馬也

リエノテソーロ 牝4 55 吉田隼人 09日南w重:67.6-52.2-38.5-12.9:馬也

リスグラシュー 牝4 55 武豊 09日栗坂不:54.4-39.9-12.2:馬也

レーヌミノル 牝4 55 和田竜二 09日栗C不:84.9-68.9-53.4-40.3-12.2:馬也

レッツゴードンキ 牝6 55 岩田康誠 09日栗坂不:55.0-38.9-11.9:一杯

レッドアヴァンセ 牝5 55 北村友一 09日栗坂不:53.0-37.9-12.2:馬也

ワントゥワン 牝5 55 藤岡佑介 09日栗C不:83.8-67.3-52.1-38.9-12.2:一杯

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎リスグラシュー
 ミスパンテール
 ジュールポレール
 レッドアヴァンセ
 アエロリット

特にリスグラシューは、一週前に強めで49秒台を出し、最終は馬なりで54秒。最後まで安定感抜群でこれといった不安はない出来だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line