TOP > 予想/馬券 > GIで5着以内に入った経験が必要!?【第13回ヴィクトリアマイル】予想まとめ
予想/馬券

GIで5着以内に入った経験が必要!?【第13回ヴィクトリアマイル】予想まとめ

2018年5月13日(日)東京競馬場で行われるGI【第13回ヴィクトリアマイル】は上半期の4歳以上牝馬チャンピオン決定戦だ。今回も過去のデータや記事から好走馬を探ってみた。
Father with son riding horse

過去10年の傾向

inyofu ・ヴィクトリアマイル/人気データ
1番人気 (3-3-0-4)
2番人気 (1-0-1-8)
3番人気 (0-1-2-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (2-0-1-7)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (1-2-2-25)
10人以下(1-4-2-81)

・ヴィクトリアマイル/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 1670円・ 3240円(5-1-4)
2009年/ 5310円・19770円(1-11-7)
2010年/ 2490円・29700円(1-8-11)
2011年/ 230円・ 620円(2-1-3)
2012年/ 5510円・10790円(4-7-3)
2013年/ 8030円・35770円(1-12-5)
2014年/ 8450円・50720円(11-3-6)
2015年/36880円・2860480円(5-12-18)
2016年/ 3510円・ 6090円(7-1-2)
2017年/42710円・123870円(6-11-7)

・ヴィクトリアマイル/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (2-1-0-1)
2.0~2.9倍 (0-1-0-1)
3.0~3.9倍 (1-1-0-1)
4.0~4.9台 (1-0-1-3)
5.0~6.9倍 (0-1-1-5)
7.0~9.9倍 (1-0-1-11)
10.0~14.9倍(3-1-3-12)
15.0~19.9倍(1-0-1-6)
20.0~29.9倍(1-0-1-15)
30.0~49.9倍(0-4-0-28)
50.0~99.9倍(0-1-1-31)
100倍以上  (0-0-1-34)
inyofu ・ヴィクトリアマイル/馬齢データ
4歳 (6-7-3-71) 6.9% 14.9% 18.4%
5歳 (2-2-5-45) 3.7% 7.4% 16.7%
6歳 (1-1-2-24) 3.6% 7.1% 14.3%
7歳上(1-0-0-8) 11.1% 11.1% 11.1%

・ヴィクトリアマイル/所属データ
美浦(2-2-3-60) 3.0% 6.0% 10.4%
栗東(8-8-7-88) 7.2% 14.4% 20.7%
inyofu ・ヴィクトリアマイル/枠データ
1枠(0-2-5-13)
2枠(0-1-2-17)
3枠(4-0-0-16)
4枠(0-2-0-18)
5枠(0-3-1-16)
6枠(3-0-0-17)
7枠(2-1-1-24)
8枠(1-1-1-27)

・ヴィクトリアマイル/馬番データ
1番 (0-0-4-6)
2番 (0-2-1-7)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-1-1-8)
5番 (2-0-0-8)
6番 (2-0-0-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-1-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(0-2-1-7)
11番(2-0-0-8)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-0-0-9)
15番(0-0-1-9)
16番(1-1-0-8)
17番(0-0-0-10)
18番(0-0-1-7)

・ヴィクトリアマイル/脚質データ
逃げ(1-0-2-7)
先行(3-4-3-27)
差し(6-5-2-63)
追込(0-1-3-51)
inyofu ・ヴィクトリアマイル/前走データ
重賞(10-10-9-133)
├阪神牝馬S(4-3-3-53)
├福島牝馬S(0-2-2-35)
├京都牝馬S(0-1-0-2)
├高松宮記念(1-0-1-8)
├中山記念(0-0-0-1)
└海外(2-2-0-2)

OP特別(0-0-0-4)
1600万下(0-0-1-9)

・ヴィクトリアマイル/前走着順別データ
1着  (1-2-3-31)
2着  (2-1-3-18)
3着  (0-0-3-8)
4着  (1-2-0-11)
5着  (1-0-1-7)
6~9着(3-2-0-40)
10以下(2-3-0-33)

・ヴィクトリアマイル/前走人気別データ
1番人気 (1-1-2-18)
2番人気 (1-0-1-15)
3番人気 (2-2-1-22)
4番人気 (2-1-3-14)
5番人気 (2-0-0-15)
6~9人 (0-4-0-41)
10人以下(0-0-3-21)

・ヴィクトリアマイル/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-2)
3週(0-2-2-43)
4週(1-0-1-7)
5週~9週(9-7-7-85)
10週~25週(0-1-0-8)
半年以上(0-0-0-3)
inyofu △単勝オッズ100倍以上
(0-0-1-34)
△17番より外枠
(0-0-1-17)
△追い込み
(0-1-3-51)
△前走10番人気以下
(0-0-3-21)
×前走10番人気以下且つ0.3秒以上負け
(0-0-0-18)
×間隔3週以内
(0-0-0-10)※前走福島牝馬S除く
inyofu GⅠでの実績と臨戦過程がポイント

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも“前年以降のJRAのGⅠ”において5着以内に入った経験がある馬だった。今年の出走馬では、2017年以降のビッグレースで上位に食い込んだことのない馬は割り引きが必要だ。

東京1600m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 戸崎圭太(39-29-19-167) 15.4% 26.8% 34.3%
ルメール(30-19-13-51) 26.5% 43.4% 54.9%
横山典弘(25-13-17-147) 12.4% 18.8% 27.2%
蛯名正義(21-14-20-153) 10.1% 16.8% 26.4%
M.デム(14-8-10-41)  19.2% 30.1% 43.8%

福永祐一(11-8-8-63)  12.2% 21.1% 30.0%
大野拓弥(10-11-10-159) 5.3% 11.1% 16.3%
武豊  (8-5-5-58)   10.5% 17.1% 23.7%
川田将雅(6-3-4-20)   18.2% 27.3% 39.4%
岩田康誠(5-5-10-60)   6.3% 12.5% 25.0%

藤岡佑介(3-1-1-5)   30.0% 40.0% 50.0%
吉田隼人(2-4-2-49)   3.5% 10.5% 14.0%
池添謙一(2-1-3-22)   5.3% 7.9% 15.8%
四位洋文(0-3-2-21)   0.0% 11.5% 19.2%
幸英明 (0-2-2-16)   0.0% 10.0% 20.0%

和田竜二(0-2-2-17)   0.0% 9.5% 19.0%
藤岡康太(0-0-0-18)   0.0% 0.0% 0.0%
北村友一(0-0-0-8)    0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(71-57-43-316)14.6% 26.3% 35.1%
ダイワメジャー  (30-21-25-196)11.0% 18.8% 27.9%
ハーツクライ   (25-16-9-166) 11.6% 19.0% 23.1%
キングカメハメハ (19-20-15-185) 7.9% 16.3% 22.6%
ステイゴールド  (16-12-22-141) 8.4% 14.7% 26.2%

クロフネ     (12-8-5-68)  12.9% 21.5% 26.9%
メイショウサムソン(7-7-3-50)  10.4% 20.9% 25.4%
マンハッタンカフェ(5-9-14-91)  4.2% 11.8% 23.5%
エンパイアメーカー(2-2-0-32)   5.6% 11.1% 11.1%
Tapit       (2-1-0-4)   28.6% 42.9% 42.9%

Speightstown   (0-1-0-0)   0.0% 100.% 100.%
Frankel      (0-0-1-1)   0.0% 0.0% 100.%

連覇へ向けて視界は明るい アドマイヤリード

inyofu 6番人気で登場した昨年の本レースでは、最後の直線で力強い末脚と非凡な勝負根性を披露。馬場の真ん中から抜け出して、見事に優勝を飾った。その後は勝ち星を挙げていないが、前走の阪神牝馬S4着をステップに臨む今回、連覇へ向けて視界は明るい。

初制覇へ大きなチャンス リスグラシュー

inyofu 3歳時の昨年は、桜花賞で2着、秋華賞も2着と、惜しいところでビッグタイトル獲得は実現しなかったが、中身の濃い内容を残した。今回の舞台ではアルテミスSと東京新聞杯を優勝しており、ここはGⅠ初制覇の大きなチャンスだろう。

1600mはベスト アエロリット

inyofu 昨年のNHKマイルカップを勝ち、重賞初制覇をGⅠで達成すると、夏のクイーンSでは歴戦の古馬を撃破。今年の始動戦となった前走の中山記念でも、牡馬の重賞ウイナーたちを相手に2着と好走した。東京・芝1600メートルはベストの条件と言えるだけに、注目度は高い。

目下4連勝中 ミスパンテール

inyofu 昨年10月の1600万下・清水S(京都・芝1600メートル)を皮切りに、ターコイズS→京都牝馬S→阪神牝馬Sと、重賞3連勝を含め目下4連勝中。前走ではそれまでの末脚勝負から一転した逃げ切り勝ちを決めており、自在性が出てきた点も大きなセールスポイントだ。

条件は悪くない レッツゴードンキ

inyofu 前々走のフェブラリーS5着に続き、前走の高松宮記念では勝ち馬とハナ差の2着に好走。芝・ダートを問わずに活躍を続けている実力馬だ。今回は芝1600メートルへの出走になるが、もともと2015年の桜花賞馬。自身2度目のGⅠ制覇へ向け、条件は悪くない。

今年も侮ることはできない デンコウアンジュ

inyofu 昨年の本レースは17頭立ての11番人気だったが、最後の直線では大外に進路を取ってゴール前で強襲。2着まで追い上げて波乱の立役者となっている。阪神牝馬Sの後に福島牝馬Sを挟むローテーションは昨年と同じで、今年も侮ることはできない。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

上記データ2017年以降のGIで5着以内
また本レースはリピーターが好走しやすいので上位評価
そんななか本命はアエロリットにしました。

アエロリットは力のいる馬場で楽に好時計を出せて東京コースの持ちタイムも優秀、
中山記念も古馬相手に2着。スピード勝負での先行を期待しております。
唯一不安なのが日曜は雨予報ということだけですね。

印は

◎アエロリット
○リスグラシュー
▲アドマイヤリード
☆デアレガーロ
△レッツゴードンキ
△ミスパンテール
△ジュールポレール
△ラビットラン
△レッドアヴァンセ
 
馬券は◎→△5点のワイド

◎→○▲☆→○▲☆△△△△△3連複フォーメーション18点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line