TOP > エンタメ・雑学 > 2018年5月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年5月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年5月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ジュールポレールがヴィクトリアマイルを制した今週の競馬界。
蛯名正義騎手騎手2500勝、凱旋門賞予備登録馬発表など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

ケジュールポレール重賞初制覇はG1で【ヴィクトリアマイル】

inyofu 5月13日、東京競馬場で開催された第11R・ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)は、8番人気ジュールポレール(牝5、栗東・西園)が、道中8番手を追走し直線で馬場の真ん中に持ち出されると鋭い伸び脚を見せ重賞初勝利をGIの檜舞台で成し遂げた。勝ちタイムは1分32秒3(稍重)で、鞍上は幸騎手。ハナ差の2着は道中13番手追走から直線で優勝馬を目標に外から追い上げてきた1番人気リスグラシュー、2着にクビ差の3着は好位から早めの進出を図り直線でいったんは抜けかける場面があった7番人気レッドアヴァンセが入っている。

▽配当
単勝4 1940円
馬連4-16 4090円
馬単4-16 1万1730円
3連複4-6-16 8850円
3連単4-16-6 6万3640円
(4.ジュールポレール、16.リスグラシュー、6.レッドアヴァンセ)
動画を見る
G1ヴィクトリアマイルを制したのは8番人気ジュールポレールであった。直線で素晴らしい脚を見せて2着リスグラシューをゴール前でかわしての大金星。これが重賞初制覇であった。

凱旋門賞登録場発表

inyofu 10月7日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(GI、芝2400m)の予備登録が現地時間9日に締め切られ、同日、主催するフランスギャロが予備登録馬リストを発表した。

発表によると現時点で登録を行っているのは95頭で、このうちJRA所属馬では既に凱旋門賞への挑戦を表明しているクリンチャー(牡4、栗東・宮本)のほかに、ラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹)、キセキ(牡4、栗東・角居)、サトノワルキューレ(牝3、栗東・角居)、ジャンダルム(牡3、栗東・池江)の5頭が登録を行っている。
先日凱旋門賞挑戦を発表していたクリンチャーのほかラッキーライラック、キセキ、サトノワルキューレ、ジャンダルムが予備登録をしたとフランスギャロが発表。日本馬の悲願を今年こそ果たすことに期待したい。

ロンジンワールドベストレースホースランキングはウィンクスが単独トップに

inyofu 現地時間10日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)は5月6日までに行われた主要競走の結果を元にした最新のロンジンワールドベストレースホースランキングを発表した。

今回のランキングでは、オーストラリアのクイーンエリザベスS(ロイヤルランドウィック、GI、芝2000m)を制して自身の連勝を25まで伸ばしたウィンクス(牝6、豪・C.ウォーラー)が、レーティングを130に伸ばして単独トップに。先月まで同馬と並んでトップに立っていたガンランナー(牡5)は129ポンドのままで2位となっている。
ロンジンワールドベストレースホースランキングが発表され、オーストラリアのウィンクスが単独トップになった。日本調教馬ではスワーヴリチャードが12位タイで唯一ランクインを果たしている。

蛯名正義騎手2500勝達成!

inyofu ◆蛯名正義騎手「この記録に近づいているのは分かっていましたが、なかなか達成できず、きのう(12日)は記録達成を期待する空気も感じました。なんとか達成できてよかったです。僕なりによくここまで頑張って続けてこられたと思います。若い人たちに、少しでも見本になるような仕事の仕方が伝わっていけばいいですね。長いことお待たせしました。たくさんの応援が励みになっています」
ベテラン蛯名正義騎手が東京4Rでジェイケイマッチョに騎乗し勝利し、岡部幸雄元騎手、武豊騎手、横山典弘騎手に次いで史上4人目、現役3人目のJRA通算2500勝を達成した。素晴らしい記録に多くの祝福の声が上がっていた。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週1勝)【58.46.33.17.24.79】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週4勝)【57.38.35.28.18.79】(→)
3位 川田将雅騎手 (今週1勝)【45.41.37.27.17.96】(→)
4位 戸崎圭太騎手 (今週1勝)【41.47.42.33.30.148】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週3勝)【39.26.29.24.18.122】(→)
6位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【37.22.31.37.29.169】(→)
7位 内田博幸騎手 (今週3勝)【35.32.31.33.37.193】(↑)先週8位
8位 岩田康誠騎手 (今週2勝)【34.35.39.33.23.170】(↓)先週7位
9位 北村友一騎手 (今週1勝)【32.32.22.27.20.158】(→)
10位 松山弘平騎手 (今週2勝)【31.44.34.16.33.190】(↑)※先週11位以下

首位争いを繰り広げるM.デムーロ騎手とC.ルメール騎手ですが、今週はM.デムーロ騎が1勝にとどまる中、C.ルメール騎手が4勝と勝ち星を量産。2カ月前には最大で10勝分の開きがありましたが、今週の競馬開催終了時点で差は僅か1勝差となりました。日本人騎手では内田騎手が3勝を上乗せし先週の8位からひとつ順位を上げています。5位以下の混戦から抜け出せるかこちらも注目。
今週はデムーロ騎手が1勝のみだったのに対してルメール騎手が4勝し、ついに1勝差に迫った。今週での逆転があるか注目である。また3位以下の日本人騎手の奮闘にも期待したい。

2018年5月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはルメール騎手の追い上げに注目である。ヴィクトリアマイルを制したジュールポレールの重賞初制覇かつG1初制覇に大盛り上がりだった今週、蛯名正義騎手の2500勝や、凱旋門賞の予備登録馬発表とロンジンワールドレースホースランキングの発表など世界のニュースも話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line