TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/7(月)~2018年5/13(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/7(月)~2018年5/13(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/7(月)~2018年5/13(日)版。
先週はこちらの9ヵ所で開催されました。

帯広(月~土日)、門別(水木)、盛岡(月、土日)、大井(月〜金)、金沢(火、日)、笠松(火~金)、園田(水~金)、高知(土日)、佐賀(火、土日)
馬キュレ

2018年5/7(月)~5/13(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は5月10日(木)園田競馬場の1R「C3三4歳以上」での1,263,650円であった。

エピカリス大井競馬へ

inyofu  昨年のUAEダービーで2着と好走したエピカリス(牡4、美浦・萩原清厩舎)が、大井の藤田輝信厩舎に移籍することがわかった。所属するキャロットクラブが発表した。
デビューから4連勝で北海道2歳優駿、ヒヤシンスSなどを制し、昨年のUAEダービーでもサンダースノーの2着と活躍をしていたエピカリスが大井で心機一転新たなスタートを切る。ぜひ大活躍を期待したい。

ヤマノファイト人気に応え1冠目!【羽田盃】

inyofu  9日、大井競馬場で行われた第63回羽田盃(3歳・ダ1800m・1着賞金3500万円)は、先手を取った本橋孝太騎手騎乗の1番人気ヤマノファイト(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)が、そのまま直線に入って、2番手追走から食い下がる7番人気リコーワルサー(牡3、大井・荒山勝徳厩舎)を振り切り、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒7(不良)。
ニューイヤーC、京浜盃に続く重賞3連勝で羽田盃を制したヤマノファイト。南関東3歳クラシックをまず1冠。このまま連勝して2冠、3冠と制することに期待が集まっている。

初代王者はウォーターループ【ぎふ清流C】

inyofu 10日、笠松競馬場で行われた第1回ぎふ清流C(3歳・ダ1600m・1着賞金250万円)は、好位でレースを進めた友森翔太郎騎手騎乗の4番人気ウォーターループ(牝3、愛知・塚田隆男厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る3番人気クルセイズスピリツ(牡3、愛知・坂口義幸厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒3(良)。
笠松競馬で今年から新設されたぎふ清流Cを制したのは4番人気のウォーターループであった。東海クイーンCに続いて重賞連勝での勝利となった。

グラヴィオーラ圧勝!【東京プリンセス賞】

inyofu 10日、大井競馬場で行われた第32回東京プリンセス賞(3歳・牝・ダ1800m・1着賞金2000万円)は、好位でレースを進めた今野忠成騎手騎乗の2番人気グラヴィオーラ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の1番人気プロミストリープ(牝3、大井・藤田輝信厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒1(不良)。
2番人気だったグラヴィオーラが1番人気プロミストリープから7馬身差をつける圧勝を果たした。今年に入って勝利から遠のいていたが久々の大勝利となった。

吉井章騎手初勝利!

inyofu (吉井章騎手のコメント)
「時間がかかってしまったので、ホッとしています。父親(吉井竜一調教師)や先輩方から祝福していただいてうれしく思います。前走で上手く騎乗できなかったなか、今回もチャンスを与えてくださった関係者の皆さまにはとても感謝しています。目の前の一戦一戦に集中して騎乗し、一つでも多く勝ち星をあげていきたいです。大井競馬を盛上げていけるよう精一杯頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」
大井の新人吉井章騎手がデビュー31戦目で初勝利を果たした。多くの祝福を受け次の勝利に向けての意欲を語った。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻は園田競馬場での1,263,650円あった。
今週はエピカリスの大井移籍やヤマノファイト、ウォーターループ、グラヴィオーラの勝利が話題になった一方、大井の吉井章騎手の初勝利にも沸いた地方競馬であった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line