TOP > 競走馬 > 「サンライズソア」得意の距離短縮!前走大敗から巻き返す!【平安S】
競走馬

「サンライズソア」得意の距離短縮!前走大敗から巻き返す!【平安S】

実績馬相手で好走を見せる4歳馬サンライズソアが平安Sに出走する。デビュー当初は芝レースに出走していたが、ダート路線に矛先を変えるとユニコーンSで3着、ジャパンダートダービーで2着に入り、古馬相手の武蔵野Sでも2着と健闘する。そして名古屋大賞典ではM・デムーロ騎手を背に鮮やかな逃げ切り勝ちを収め、重賞初制覇を飾った。前走のブリリアントSでは出遅れも響き大敗したが、ここで一矢報いる走りを見せる。そんなサンライズソアについてまとめてみた。
サンライズソア

【仁川S】ゴール前で差し切られ2着

2番枠から好スタートを決めると、気合をつけて4番手の好位につける。最後の直線では馬群をさばいて脚を伸ばし、一度は先頭に躍り出たが、残り50mで後方に待機していたナムラアラシに外から差し切られ2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 サンライズソア(M.デムーロ騎手) 「もたれたり、フワッとしたり、気が難しいです」

【名古屋大賞典】逃げ切りで重賞初制覇!

まずまずのスタートを切ると、気合をつけてレースの主導権を握る。2周目1コーナーで外にもたれたもののすぐに立て直し、3~4コーナーでは後続に詰め寄られながらも、しぶとく粘って振り切り重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu レース後にM・デムーロが「少しハイテンションなところがある」と言っていた気性で、結果的にもまれずに運べたのがよかったか、気分よくすいすいと行けた。
inyofu 「2着の馬にも前走で乗っていたし、ラストまで余裕はありました」とM・デムーロは満足そうに喜びを表した。

【ブリリアントS】出遅れが響き大敗・・・

スタートで後手を踏み、後方からの競馬となる。3~4コーナーで外からポジションを上げて挽回しようとしたが、直線で余力無く失速し14着に終わった。
動画を見る

【平安S】直前情報!先行出来ればチャンスも!

inyofu ◆サンライズソア・河内師 「併せた相手が走りすぎたけど、順調にきている。スタートを決めて前に行ければ」

平安Sの傾向!前走東京は3着内率が優秀!

inyofu 対象とした10レースの優勝馬10頭のうち8頭は、前走が京都または阪神競馬場のレースだった。しかし、2着と3着には前走が京都競馬場のレースだった馬が1頭もおらず、地方競馬のレースから臨んできた馬が計6頭入っている。また、前走が東京競馬場だった馬で連対したのは1頭だけだが、3着に5頭も入っている点には注目できるかもしれない。

今回は前走のブリリアントSから1ハロンの短縮となるが、前走より距離が短くなったレースでの成績は【2・1・1・0】と馬券圏内を外していない得意条件だ。M・デムーロ騎手が引き続き騎乗し、大敗した前走のリベンジを目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line